ブロック遊びでコードを学べる本格派キット「KOOV」が、子どもたちに「発見する喜び」をもたらす

01-Sony-TopArt-198fb6bc93a491c0835927a73e32a35abc07f9f7

子ども向けのロボットプログラミングキット「KOOV」。レゴのようなブロックを使ってロボットを組み立てる過程で、子どもたちは「イマジネーションを形にする」ためのスキルを学んでいく。その開発の狙いとは。

TEXT BY ELIZABETH STINSON
TRANSLATION BY TAKU SATO/GALILEO

WIRED(US)

kook

IMAGE COURTESY OF SONY GLOBAL EDUCATION

プログラミングといえば、ディスプレイを前に何時間も作業したり、大量のコードを書き連ねたり、ほかの人が書いたごちゃごちゃのコードのデバッグにかかりっきりになったりする姿を思い浮かべるかもしれない。だが、そうした考えはすべて捨て去ってほしい。「KOOV」(クーブ)なら、ブロック遊びと同じくらい簡単に、コーディングの基礎を学習できる。

KOOVは、カラフルなブロックをレゴのように組みあわせることで、インタラクティヴなロボットペンギンやトラックといったクールな作品を制作できる玩具だ。子どもたちは、あらかじめ用意された「ロボットレシピ」と呼ばれるガイドに従って作品をつくることもできる。しかし、ほかの優れた玩具と同じように、本当の学びはイマジネーションを自由に広げるところから生まれるものだ。

「わたしたちはロボットレシピがインスピレーションになると考えています」と、ソニー・グローバルエデュケーションのシニア・マーケティングマネジャー、ティム・マクレガーはいう。「子どもたちに、自分なりのユニークなロボットを組み立てられるスキルをもってもらいたいのです」

KOOVには専用アプリが用意されており、ループや「if-then」といったプログラミングの考え方を学習できる。ソニー・グローバルエデュケーションは、このアプリのカリキュラムを開発するにあたって、ドラッグ・アンド・ドロップで操作できるマサチューセッツ工科大学(MIT)のプログラミング言語「Scratch」を利用した。

最初のレッスンは、「コードって何?」「コードで何ができるの?」といった簡単な質問で構成されている。これらをこなすうちに子どもたちは、動きを検知するセンサーによってついたり消えたりするランプをつくれるようになる。さらに上級のレッスンでは、歌って踊れるペンギンをつくったり、ループや乱数を使ったコーディングといった考え方を学んだりできる。

kV

kV

IMAGE COURTESY OF SONY GLOBAL EDUCATION

ポイントは可視化すること

KOOV以前にも、STEM(科学・技術・工学・数学)を学べる玩具は次々と登場し、子どもたちの遊びに変化をもたらしている。たとえば、3歳児向けのロボットプログラミング教材「Cubetto」や、電気回路について学べるTech Will Save Usの「Dough」シリーズ[日本語版記事]のような玩具だ。2016年にはグーグルも、「Project Bloks」[日本語版記事]という製品を発表して知育玩具市場に参入した。これはブロックを使った玩具で、子どもたちは実際に手を動かしながらコーディングを学ぶことができる。

「こうした企業がやろうとしているのは、コンピューター的な思考を使って遊びながら大きなアイデアを試せる環境を用意し、その思考パターンや論理を子どもたちが目で見て確認できるようにすることです」。インディアナ大学Creativity Labsの所長を務めるカイリー・ペプラーはそう話す。

ポイントは、抽象的な概念を、ブロックのような実際に触れる物に置き換えることだ。コードを見るだけでは、子どもたちはその意味を理解できないかもしれない。だが、たとえばワニのロボットの口の中に手を入れるとワニのあごが閉じるようにすれば、コードの意味が理解できるようになるのだ。「実際にオブジェクトがあれば、幼いユーザーでも簡単に大きなアイデアを試せるようになります」とペプラーは語る。

KOOVのブロックは、外部接続した小型ワンボードコンピューター「Arduino」で制御する。ロボットが動いたり、まばたきしたり、ブザー音をならしたるするには、該当するセンサーのコードを適切な入出力ポートに差し込めばよい。

センサーの接続をすべて無線にもできたはずだが、「手作業でコードを接続することが、センサー、加速度計、赤外線送信機といった装置の動作を理解するのに役立ちます」とソニーのマクレガーは説明する。またスイッチを押すことで、モーターやライトなどの出力装置が動作するようになっている。「Bluetoothのようなものを使ってしまうと、こうした関連性を子どもたちが理解できなくなります」

koov3

koov3

IMAGE COURTESY OF SONY GLOBAL EDUCATION

KOOVのアプリには、7つの異なるブロックを使ってさまざまなオブジェクトをつくる方法を説明した学習ガイドが入っている。「わたしたちは、イマジネーションを形にする方法を子どもたちに教えているのです」とマクレガーはいう。

KOOVは、学習と遊びの境界を曖昧にしている。正しい答えや間違った答えといったものはない。また、従うべきルールもテストもない。あるのは、発見する喜びだけだ。子どもたちがこの玩具で遊びながら、将来大いに役立つであろうスキルを身につけてくれるのなら、実に素晴らしいことだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る