はじまりは8歳のときにつくった粘土のカメラだった──現代のブリコロール、トム・サックスが語るものづくりの原点と哲学

0895-e1502418020477-73949961669d46868f79db31cb97430deddda398

身の回りの素材や道具を使って作品をつくるブリコラージュアーティスト、トム・サックス。彼が8歳のときにつくった最初の作品から、ティファニーカラーのグロック(拳銃)、最近発表したナイキとのコラボスニーカー「ナイキクラフト マーズヤード 2.0」まで。歴代の作品を振り返りながら、彼のものづくりの哲学を訊いた。

TEXT BY WIRED.jp_A

TOM SACHS

TOM SACHS︱トム・サックス
1966年ニューヨーク生まれ。身の回りの素材や道具を使って作品をつくるブリコラージュアーティスト(ブリコロール)であり、彫刻家。LAのフランク・ゲーリー事務所で家具製作に携わる。独立後、グッゲンハイム美術館やホイットニー美術館などで、数多くの展覧会を開催している。tomsachs.org

2009年、パリ。ナイキのCEOマーク・パーカーを前に、企業による機械を使ったものづくりの現状を批判している男がいた。アーティスト、トム・サックスだ。

サックスは良き友人でもあるパーカーを前に、産業革命時代にまでさかのぼって、現代のものづくりのあり方への不満をぶちまけた。そのときのことを、サックスはこう振り返る。

「産業革命時代に機械がものをつくるようになってから、プロダクトからは人の手の痕跡がどんどん消され、ものづくりの精神性も薄れていった。もちろん完璧なシステムなんてものはないから、ものを安く簡単につくるのと引き換えに何かを失わないといけないのはわかっている。でも機械を使ってものをつくるなら、責任をもたなくちゃいけないとぼくは言ったんだ。せめて人の手でつくられたものと同等か、あるいはそれ以上のクオリティーの製品をつくるべきだ、ってね」

そんな痛烈な批判に対するパーカーの答えは、サックス自身がプロダクトをつくれる場を設けることだった。

それから8年後の2017年、ナイキが発表したのが「ナイキクラフト マーズヤード 2.0」。NASAの高い専門性をもった科学者とサックスの交流から生まれたスニーカーである。「透明性のある靴にしたかったんだ」とサックスが言うように、使われている素材のほとんどには着色料が使われていない。その靴が何のためにあって、何でできているのかが外からわかるように、というサックスの配慮である。

「2.0」という名前からもわかるように、この靴はオリジナルヴァージョンではない。サックスとナイキは、2012年に「ナイキクラフト マーズヤード」を発表している。しかし、毎日タフに履き続けるうちにダメになってしまったのだという。「摩耗試験、強度試験……どれも試したのだけど、実際に日常で履いてみないとわからないこともあるよね」とサックスは言う。今回の2.0はそんな経験から生まれた改良版だ。

shoes

shoes

ナイキとサックスが今年発表した「ナイキクラフト マーズヤード 2.0」。ちなみに、2016年に「WIRED.jp」で公開した記事のトップ画像では前作「ナイキクラフト マーズヤード」を履いている。

まるで類感呪術みたいな感覚だったんだよね

「ナイキクラフト マーズヤード 2.0」のお披露目会のために東京を訪れていたサックス。彼に最初の作品のことを覚えているか聞くと、彼の作品の原点である8歳のときの体験について話してくれた。

「ぼくの父親はアマチュアのフォトグラファーだったんだ。当時彼は『ニコン FM2』というカメラを欲しがっていた。でもニコンのカメラは高いから、彼は仕方なく別のカメラを買ったんだ」。それを知ったサックス少年は、学校の粘土で「ニコン FM2」をつくり、父親にプレゼントした。

「まるで類感呪術みたいな感覚だったんだよね」とサックスは振り返る。「ほしい結果を真似することで、目的を達成する。ブードゥー人形なんかに近い感覚かもしれない」

その後アーティストの道へと進んだサックスは、何かが欲しいとき、それを真似た作品をつくるようになっていた。

「欲しいものを手に入れるために、ウォールストリートにいって金を工面するという方法もあるかもしれない。でもそれはぼくにとって、正しい時間の使い方じゃないと思った。かわりにぼくは、自分でそれをつくってしまうことにしたんだ。

モンドリアンの作品が欲しいときには、美術館に行って彼の作品を観察し、自分流のモンドリアン作品をつくった。ぼくは自分のモンドリアン作品をつくるために、モンドリアン本人がつくったモンドリアン作品と長い時間かけて対峙する。そうすることで、ぼくは彼の作品と本当の意味で繋がれる気がするんだ。そういう経験を内包した作品は、お金を工面して買ったものよりも、ずっと“所有している”という実感が強いんだよ」

SACHS-2

SACHS-2

自分のなかのアンビヴァレンスを表現する

「ティファニーのグロックも欲しかったの?」。彼がティファニーカラーの拳銃シャネルのギロチンをつくっていることを思い出してそう訊くと、彼はニヤリと笑ってこう返した。「そうかもね。日本ほど銃規制は厳しくないけれど、アメリカでも銃を手に入れるのは、いろいろ大変だから。ティファニーって書いてあれば、それをもち歩く正当性が得られるだろう」

でもね、と彼は真剣な顔に戻ってこう続けた。「ラグジュアリーブランドであるティファニーと、武器であるグロックを一緒にしたのは、まったく違うふたつをひとつにすることで問題提起ができると思ったからなんだ。広告が、それが実際には提供しないものを宣伝することによって、いかにわたしたちの心を痛めつけているかというね。

ファッションブランドのシリーズは、自分のなかにある矛盾を表現した作品だったんだ。ぼくもハイブランド品はほしくなる。でも同時に、ハイブランド品は人から自分の自信を奪うものでもある。ハイブランド品をもっていないといけないんじゃないか、と人を不安にさせる。あのシリーズは、そんな自分のなかのアンビヴァレンスの表現だったんだよ」

一面的なものなんて、世の中そう多くは存在しないのだとサックスは言う。「ほとんどの事象やものは、矛盾や二重性を内包しているんだ。そして作品を通じてその二重性を見せることが、自分のアーティストとしての使命であり、責任なんだと思っているよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
ページ上部へ戻る