月探査レース、期限が2018年3月31日に延長! 途中賞金も設定 日本チーム「HAKUTO」参加

20170817nmoon.jpg.pagespeed.ce.nfMONklyub-69e1fc4365469ca3d7562853ee431c6048d9f551
Sponsored link

20170817nmoon


 
民間初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」は公式サイトにて、ミッションの期限を2017年末から2018年3月31日までに延長したことを発表しました。さらに、月面探査に関する追加の賞金設定も発表されいてます。
 
Google Lunar XPRIZEとは、民間主導によって月に探査車を送り込み、500メートル以上走行させた後に画像や動画を地球に送信するというレースです。最初に画像や動画の送信に成功したチームには2000万ドル(約23億円)の賞金が送られます。従来は2017年12月31日までにミッションを終了させる必要があったのですが、期限が2018年3月31日までに伸びたことで、打ち上げ準備に手間取っているチームにもチャンスが生まれることになります。
 
そして発表された追加の賞金設定では、宇宙船が月を一回周回飛行したり、あるいは月へと突入して適切な方法で月表面へとアプローチできれば175万ドル(約1億9000万円)、そして宇宙船が月面にソフトランディングし、データの送信ができれば300万ドル(約3億3000万円)の賞金が与えられます。これは、探査車が月面を走行するのよりも低いハードルとなるでしょう。
 
現在Google Lunar XPRIZEにはファイナリストとして、イスラエルの「SpaceIL」、アメリカの「Moon Express」、国際チームの「Synergy Moon」、インドの「TeamIndus」、そして日本の「HAKUTO」が残っています。そしてインドチームと日本チームは、2017年末にPSLVロケットで着陸船と探査機を月に送り込む予定です。
 
その他にもSpaceILは探査車「Sparrow」をファルコン9ロケットにて、Moon Expressは探査車「MX-1E」を民間のエレクトロンロケットにて、そしてSynergy Moonは探査車を「Neptune 8」ロケットにて打ち上げようとしています。これらのチームにもさらなる月面探査のチャンスが生まれたことで、レースはさらに白熱したものとなりそうですね!

Sponsored link

Image Credit: HAKUTO
■GOOGLE LUNAR XPRIZE OFFERS $4.75 MILLION TO TEAMS WHO COMPLETE IN-SPACE MILESTONES ON WAY TO THE MOON
http://lunar.xprize.org/press-release/google-lunar-xprize-offers-475-million-teams-who-complete-space-milestones-way

Sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る