白人至上主義者の集会後、Twitterを「悲しみ」と「ユーモア」が席巻した理由

GettyImages-831221784-1024x683-b8cba3d0fe9787fa960ade26b57622b7dd5de2e5

8月12日に米ヴァージニア州シャーロッツヴィルで起きた白人至上主義者の集会。そこで起きた悲劇に対し、Twitter上では人々が深い悲しみを露わにしたが、同時に多くの「ユーモア」も見られた。ユーモアはときに下品なこともあるが、つらい出来事から人を救ってくれるものでもあるのだ。

TEXT BY JASON PARHAM

WIRED(US)

PHOTO:THE WASHINGTON POST/GETTY IMAGES

2017年8月12日、南部連合軍の銅像の撤去に異議を唱える何百人ものネオナチや、KKKの団員による白人のプライドを示すための暴力的な集会「ユナイト・ザ・ライト・ラリー」がシャーロッツヴィルを恐怖で包み込んだ。そのとき、何千人もの群衆の心を動かしたのは、この問いだった。

「12パックのペプシを持ったケンダル・ジェンナーは一体どこにいったんだ?」

デモに遭遇したケンダル・ジェンナーが、バリケードとなる警察官にペプシを渡すこのCM。世界平和を訴えたいという企業の意図に反し、人種差別反対運動を商業利用しているとして2017年4月に“炎上”したものだ。

その問いはユーモアに覆われているが、言葉の意味は確かに伝わっている。すなわち、アメリカの人種的社会的調和が、いかにジョークのようなものに留まっているかをあぶり出し、このCMを嘲笑っているのだ。

このリアクションは意外なものでも、例外的なものでもない。Twitter上では、深い悲しみと冷笑的な意見と風刺を合わせたようなものが、国民的な苦痛の結果として共通言語になっているのだ。

その後の週末、混乱に陥ったシャーロッツヴィルの抗議運動を理解しようと試みていたとき、圧倒されるようなニュースがTwitter経由で飛び込んできた。その画像には、中世的で反抗的な態度で松明を高く持ち上げた残忍な表情の白人男性宙に吹き飛ばされた男性、コンクリートに倒れ込んだ若い黒人男性のディアンドレ・ハリスを棍棒で何度も打つ過激派が描かれていた。

集会で殺された32歳の女性、ヘザー・ヘイヤーの命に敬意を表するために集まった人たちがいた。Twitterでも、恐ろしい人種的軽蔑に基づいた最近の事件の犠牲者となったヘイヤーのような人たちの名前を追悼していた

その批判者(およびユーザー)の多くは、Twitterには急速にニュースを拡散できるほどの能力があるのに、意地の悪い言葉やナンセンスの掃き溜めになってしまったのではないかと案じている。「みんなが悪い」や「ツイートするな」というのは、Twitterが駆り立ててきた狂気に対するよくあるリプライだ。

深い憎悪と徹底したレイシズム、そして死とが破壊的な協調のなかで助長されたときに起こる蛮行である、シャーロッツヴィルのような事件が起きると、Twitterは悲しみのメディアとなるのだ。フィードは精神的なショックとユーモアの大嵐に転じ、作家のヒルトン・アルスがかつて厳粛に「わたしが知りたくなかった現実」と説明したような、感情の戦場と化した。

奴隷、赤線引き、大量投獄といったアメリカの過去の否認が蔓延し、白人同士の浅い仲間意識やトランプ大統領の「多くの立場の人」という曖昧な発言に関するふざけたツイートに繋がった。国内で生まれる過激主義や惨事のあとには、無知と愛国主義に基づいた新しい思想が蔓延する。

「こんなことが起きているなんて信じられない」とか、「わたしはこれよりもましなはずだ」などといった陳腐な物言いが、手軽で、もしかすると虚構の語り口になる。しかしTwitterでは、そのような感情は冷やかしと真実の大合唱と容赦なく直面することとなる。

人種間の衝突が起きたときに、白人の無知に対処せねばならないことに対して多くの人々が疲弊を感じているのだ。

ジョークと驚くほど体系化されたその様式は、すべてがTwitterで繰り返されることの一部分だ。そのニュースと悲しみは決してユーモアに勝ったりユーモアを弱めたりすることはない。逆もまた同様だ。そして、黒人にしろゲイにしろ女性にしろ、Twitterのユーザーのうち主流派でない人々の多くにとって、ユーモアは有効な安全装置として機能している。「現実の馬鹿らしさ。多くの人々がそれに対処する方法は、風刺と喜劇なのです」と、シラキュース大学でメディア心理学を教えるチャリシー・ルプレーは言う。

ルプレーは、TumblrやTwitterのような小さなブログプラットフォームは、人々の「共有したい」という、危機に際して発動する欲望によって勢いを増してきたと考えている。「それは白人権力運動のような目に見える惨劇に対処するための手段なのです」とルプレ―は話す。

しかし、ルプレ―は注意深く説明する。「それはとても普通の反応です。わたしたちはSNSのおかげでその証拠を多く観察できるのです。リツイートの回数が、この人の言っていることが実際人々に影響を与え、共感を呼んでいることを明らかにしているわけですから」

現実世界やわたしたちがオンラインに築いた世界で、どのようにわたしたちがそのテロを引き受けることを学んだのかが、もしかすると最も本質を表しているかもしれない。シャーロッツヴィルの映像や直接の体験による報告は、圧倒的ではあるが意外性はなく、多くの人たちが以前から受け止めてきて、そして今後も受け止めることになりそうなアメリカの姿だった。その騒乱から地理的に離れた人たちにとって、Twitterは必要な救済として機能していた。それは下品な発言だけれども、真実と同じくらい重要だ。ユーモアは人を安心させるのだ。

8月13日の早朝、わたしはタイムライン上でとある画像に行き着いた。その写真は1カ月前に撮影されたもので、シャーロッツヴィルと同じような「銅像を守れ」と主張するKKKの集会だったが、それはよりタイムリーであるようには感じられなかった。

ジーンズの短パンを履いた黒人男性が、その抗議の近くのどこかに座っていて、煙草を吸っている。彼は穏やかで、冷静に見える。まったく関心をもっていない。彼の手には「やあ、くそったれの銅像」と描かれた看板が握られている。わたしは「チャペルズ・ショー」に出てきたファンクミュージシャンのリック・ジェームスを描いた、重大な転機となったスケッチを思い出して少しの間笑った。そしていつものように。ページをスクロールし続けるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る