Time Machineのバックアップ間隔やスケジュールを調整できるMac用アプリ「TimeMachineEditor」がAPFSのローカル・スナップショットをサポート。

TimeMachineEditor-logo-icon-54aa8c8436d4438f73f92e66562ebdb077b772e8

 Time Machineのバックアップ間隔やスケジュールを調整できるMac用アプリ「TimeMachineEditor」がAPFSのローカル・スナップショットのスケジュールをサポートしています。詳細は以下から。

 TimeMachineEditorはフランスのThomasさんが開発&公開しているMacのバックアップツール「Time Machine」の機能を拡張し、バックアップ間隔やスケジュールを調整できるユーティリティアプリですが、このTimeMachineEditorがv5.0.2へアップデートし、Appleのファイルフォーマット”AFPS“のスナップショット機能に対応したと発表しています。

APFSのローカルスナップショットをサポートしたTimeMachineEditor

What’s new?
-APFS snapshots support on macOS 10.13.

TimeMachineEditor – tclementdev

 APFSのスナップショット機能はファイルシステムに変更があると”Read-only”のインスタンスを作成し、その時点でのコピーを作成するシャドウコピーの様な機能で、これまでHFS+ではTime Machineやファイルを1時間毎に自動保存するバージョン機能などがファイルをそのままストレージに保存していましたが、

APFSのスナップショット機能の説明。

APFSでは”Read-only”のインスタンスを作成したファイルが変更されると、変更点のブロックのみをそのまま保持し続けるため、OSは効率的なバックアップが可能になっており、新しいTimeMachineEditorはこのローカルスナップショットを毎時間作成できるようにオプションが追加され、過去のスナップショットも確認できるようになっているので、High Sierra betaを利用されている方はチェックしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る