その爆弾処理ロボットは、仮想現実によって「その場にいる感覚」で操作できる

Companion-Robots-Are-Here.-Just-Dont-Fall-in-Love-With-Them-520x292-f06b5238aacd700bad0d77aeb35bb5c241abcc68

爆弾処理ロボットが地球上で稼働し始めてからずいぶんと経つが、いまでは仮想現実(VR)によって「その場にいる感覚」で操作できるようになった。こうした新しいインターフェースからは、人間とロボットの「新しい関係」も垣間見える。

TEXT BY MATT SIMON

WIRED (US)

おそらくロボットは、あなたの仕事を奪いに来ているわけではない。だが世の中には、つまらなくて、汚くて、危険な、ロボットに任せてもよさそうな仕事がたくさんある。実際、SRIインターナショナルの「Taurus(トーラス)」というロボットが、すでに、地球上で最も危険な仕事のひとつを引き受けている。それは爆弾処理である。

爆弾処理ロボットが地球上で稼働し始めて、ずいぶん経つ。そしていま、SRIはこのロボットを、さらに進化させた。トーラスを仮想現実(VR)に対応させたのである。

以前はトーラスを操作する際に、ロポットの目を通して映し出される世界を3Dモニターで確認し、制御装置を介してロボットの手や捕捉器具を動かしていた。いまはVRヘッドセットを頭に装着し、ジェスチャー操作が可能なコントローラーである「Oculus Touch」を使う。

これは、ロボットそのものになりきってしまうような感覚だ。この「なりきれる」という機能に加えて、触覚を伝える機能もロボットには搭載できる。

SRIロボット工学グループで研究開発副ディレクターを務めるマーク・ベイバットは、このように説明する。「ロボットが壁や地面にある物体に力をかけていて、その触れている物の“静的な力”を感じる必要があるとします。このロボットではそれは可能です。あなたの身代わりであるロボットを吹き飛ばすことなく、疑わしい物体に触れて調べるのに役立つのです」

遠隔地にいるロボットに「なりきる」感覚

ヘッドセットを装着したときに見えるのは、トーラスの目を通して見える世界だけではない。そこにはヘッドアップディスプレイのように情報が表示され、ヴァーチャルボタンがついている。Oculus Touchのモーションコントロール機能を使い、ジェスチャー操作でボタンを押せば、ロボットの腕を固定したりできる。

「この機能によって、ロボットがいる遠隔地の世界とつながっているような感覚になるだけではありません。ロボットを操作するときに表示されるボタンや情報は、人間と機械のユニークなインターフェースを生み出します」と、ベイバットは言う。

今後われわれの生活に優秀なロボットが入り込んでくるにつれ、より優れたインターフェースが必要になってくるだろう。あなたはすでに、スマートフォンやパソコンの操作方法に慣れているはずだ。それだけでなく人間は、トーラスのような機械とわたしたちをつなげるVRのインターフェースを開発しなければならない。

もちろんトーラスは、「爆弾処理用」としてだけ役立つロボットではない。あなたが自分で鉱山に行きたくなければ、ロボットを送り込めばいい。ロボットは近い将来、顔に“機械”をつけた人間のために、必要があれば自らの“命”を危険にさらすことになるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る