ユカイ工学と東芝映像ソリューション、“心づかい”ができる音声対話ロボットを開発

cropped-logo_data1-32x32-449622ca518e516c1682d44a0dd426466825a7ae

ユカイ工学株式会社は、「心づかい機能」を持つ音声認識ソリューション「A/UN (アウン)」を活用した音声認識ロボットの受託・開発を開始した。

「A/UN (アウン)」は東芝映像ソリューション株式会社の音声対話デバイス技術を活用しており、特長は主に2つ。

まず1つは「心づかい機能」。これまでのロボットは直接ロボットへ「扇風機つけて」「エアコン消して」などの指示を出すか、あるいは温度などの条件を設定して自動で操作するなどの方法が主だった。

しかし、この「A/UN (アウン)」は、例えば室内にある温湿度を感知するセンサが特定の温度に達すると、ロボット側から人へ操作提案のサジェスチョンワード「扇風機をつけましょうか?」などを発話し、人側からは「お願い/はい/つけて」など簡単な言葉で応えることで操作できる。

もう1つは「割り込み指示機能」。これまで、ロボットの発話中は人間のコマンド(特定の機能の実行を指示する命令)をしても認識ができず、全ての発話を聞き終えてからコマンドを出さなければいけなかった。

しかし、「A/UN (アウン)」はロボットが発話中でも人の新たなコマンドを認識する全二重対話(割り込み/barge-in)ができるようになり、より自然な流れでロボットに指示を出すことが可能になるという。

同社はこの「A/UN (アウン)」のデモンストレーションサンプルとして、音声ユーザーインターフェースロボット「こだま」をCEATEC JAPAN2017で展示する予定だ。

【関連リンク】
ユカイ工学(YUKAI Engineering)
東芝映像ソリューション(TOSHIBA VISUAL SOLUTIONS)
CEATEC JAPAN2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る