「核ミサイル発射の誤報」から世界を救ったソ連将校、静かな死

Stanislaw-jewgrafowitsch-petrow-2016-e5adc57a840114b80d05973b9609f44f6e0fa26d

冷戦の緊張が高まるなか、米国によるミサイル攻撃の警報を誤報と判断し、核戦争から世界を救ったとされるソ連将校スタニスラフ・ペトロフが、5月に死去していたことが判明した。

TEXT BY SEAN GALLAGHER
TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

ARS TECHNICA(US)

PHOTOGRAPH BY QUEERY-54/WIKIMEDIA COMMONS

冷戦の緊張がピークに達していたときに、旧ソ連システムの誤警報に基づく核ミサイル発射を防いだ男として知られているソ連防空軍の元中佐、スタニスラフ・ペトロフが、2017年5月に77歳で死去していたことが判明した。

1998年に初めてペトロフと面会し、翌年にペトロフのドイツ訪問を実現させたドイツの政治活動家、カール・シューマッヒャーが、ペトロフの息子から聞いた話として、5月に死去したことを伝えた。

ペトロフは1983年当時、ソ連が完成させたばかりの、核ミサイル発射警告衛星ネットワーク「オコ」(Oko、ロシア語で「目」の意味)を担当する当直将校だった。このシステムは、米国による核攻撃を瞬時に把握するために、発射されたミサイルが上昇する際の炎を捉えるとされていた。

1983年9月26日の深夜を少し過ぎたころ、米国から1発のミサイルが発射されたという警報が発令された。ペトロフは、2010年に行われた『RT News』のインタヴューで、当時のことを次のように話している。

「最初に警報メッセージを見たとき、わたしは椅子から飛び上がりました。部下たちは皆混乱していたので、わたしは、パニックになってはならない、と大声で叫びました。自分の決定がさまざまな結果を招くだろうということはわかっていました」そのうちに2回目の警報が鳴った。「サイレンが再び鳴り始めました。メインスクリーンには、血のように赤い大きな文字で、『開始せよ』と表示されました。さらに4発のミサイルが発射されたという内容でした」

この警報が事実であれば、ミサイルは30分後にソ連に到達するはずだった。当時のユーリ・アンドロポフ書記長は病床の身にあった。ペトロフが所定の手順に従った場合、アンドロポフ書記長に核ミサイル発射について通告する時間は15分を切っており、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の即時発射命令が出されていただろう。

「座り心地のよかったアームチェアが、真っ赤に焼けたフライパンのように感じられ、脚に力が入りませんでした。立ち上がることさえできないように感じました。この決定を下したとき、わたしはそれほど神経質になっていたのです」と、ペトロフは同じ『RT News』のインタヴューに答えている。

検出されたミサイルの発射数が大幅に少なかったことから、ペトロフは警報が何らかの誤りだと考えた。米国がソ連に対して先制攻撃を仕掛けることを決定した場合は、最初から大規模な攻撃になるだろうと告げられていたからだ。

さらに、爆撃機が飛び立つなど、攻撃が差し迫っていることを示すデータもなかった。ペトロフは警報を却下した。この警報はその後、米国の上空にあった雲に太陽光が反射して発生した誤報だったと結論付けられた。

核ミサイルについての判断を人間が行っていたため、アンドロポフ書記長に警告は送られず、報復攻撃は行われなかった。だからこそぼくらはここで生きている。ペトロフ元中佐、どうか安らかに。

※3週間前の同年9月1日には、ソ連軍が、領空侵犯した大韓航空機を撃墜し、乗員乗客269名全員が死亡する事件があった結果、東西間の緊張が高まっており、ペトロフが「米ミサイル発射」を報告すれば全面核戦争に発展する可能性があったとされる。その後、ペトロフは軍内で規定違反を問われて冷遇され、早期退役に追い込まれた。彼の行動は1998年まで秘密とされていた。いっぽう、米国が核弾頭搭載大陸間弾道ミサイルを発射するためのシークレットコードは、20年間「00000000」のままだったと、元発射担当者が明らかにしている[日本語版記事]。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る