あなたが勉強した経済学には「アイデンティティ」が足りなかった #wiredcon

171001-GettyImages-613480696-1024x666-006e0eec1581d5e1e3468a56f0548f422d1568df

いま誰もが「ものが売れない」時代だと言う。人々は広告を信用せず、多様化が進む個人の心を捉えることができる企業は少ない。いま注目されている「アイデンティティ経済学」は、これまでの経済学が扱わなかった個人の自己認識を計算するための新しい学問だ。2017年10月10日(火)に開催されるカンファレンス「WRD. IDNTTY.(ワイアード・アイデンティティ)」に登壇する経済学者ジャン=ポール・カルヴァーリョによれば、ダイヴァーシティにまつわる問題を解決するためには「アイデンティティ」への取り組みが不可欠だという。

TEXT BY WIRED.jp_Y

1970年代の野外音楽ライヴで、タバコを吸う女性。PHOTO: GETTYIMAGES

1970年代の野外音楽ライヴで、タバコを吸う女性。PHOTO: GETTYIMAGES

ヒトはなぜタバコを吸うのか? 受動喫煙の害が取りざたされ喫煙者の肩身がせまい時代のいま、嗜好品のタバコをあえて吸うヒトたちには、何かしらの理由がある。

ここに経済学の観点をもち込むと、タバコの需要がなぜ存在しているのかを分析することになる。まず、タバコを好きなヒトが存在していること。つぎに、タバコに含まれるニコチンには中毒性があること。さらに、他人とタバコを吸うのが好きないわゆる「ソーシャルスモーカー」が存在していること…。こうして、「タバコ」という商品がもつニーズをできるだけ細かく分析することが、これまでの経済学のやり方だった。

「レモン市場」で知られるノーベル賞経済学者、ジョージ・アカロフらが提唱するアイデンティティ経済学は、ここに「アイデンティティ」という概念を導入する。まず各個人がどのような社会的なカテゴリに属しているのか、各カテゴリにおいて「規範」とされる行動は、どのようなものかを考える。そして、「規範」からの逸脱を「損失」ととらえ、その上で利益の最大化を各個人が追求するものと仮定するのだ。

関連記事女性向けなら「小さめでピンク」という時代は終わった──アウトドア用品の企画開発プロセスが激変

喫煙の例に戻る。2011年に日本語版が出版された『アイデンティティ経済学』のなかで、アカロフとレイチェル・クライトンは、20世紀初頭の米国では女性の喫煙が容認されていなかったが、1970年代の女性解放運動を契機として、男女の喫煙に関する「規範」が同じになることに注目し、喫煙の分析に「男性」と「女性」という社会的なカテゴリを設定する。

すると、「1920年代には、女性喫煙者よりも男性喫煙者のほうが6割も多かった。1950年でも、男性に比べれば女性の喫煙は少なかった。1990年になると、そのギャップはほとんどなくなった」ことが説明できる。タバコを吸うという行為は「女性」というカテゴリの規範から逸脱していたため、1970年代より以前の女性にとって「損失」だった。しかし女性解放運動以降、「規範」が変化し、喫煙は女性にとって損失ではなくなると、男女間の喫煙率の差がなくなることが説明できるという訳だ。

何を当たり前のことを…と思われるかもしれないが、従来の経済学ではこの理由を説明するために「男女の経済的な差」を理由として挙げることしかできなかったと、アカロフたちはいう。しかも、「初期の時代(編註:20世紀初頭)には、高所得女性であってもタバコを吸わなかった」という事実から、この理由は不適切だという。

「あなた」と「経済」は無関係ではない

「アイデンティティ経済学」は、経済学という分野にこれまで「自分が自分のことを誰であるか」という観点が抜け落ちていたことを教えてくれる。タバコにおける「男性」と「女性」は、単純な例に過ぎない。「黄色人種」、「大学生」、「ミレニアル」、「アウトドア派」、「ネコ派」…。あなたが自分のことを考えたときに思い浮かぶ、ありとあらゆる「カテゴリ」が経済学的なパラメーターとして立ち上がってくる。そして、このパラメーターを考慮に入れることで、経済学はダイヴァーシティの問題に取り組むことができるという。

2017年10月10日(火)に開催される「WRD. IDNTTY.(ワイアード・アイデンティティ)」では、カリフォルニア大学から、アイデンティティ経済学の専門家、ジャン=ポール・カルヴァーリョを招聘する。イスラム圏の女性にとってのヒジャブなど、宗教から生まれるアイデンティの経済における役割を研究してきた彼から、『WIRED』日本版に、こんなメッセージが届いている。

「過去50年の間に、科学とテクノロジーの分野では圧倒的な発展が起こりました。しかし、社会学や心理学は、限られた分野での発展に留まっています。古代から人間が直面してきた問題が、まだ残っているのです。そのなかでも、いまの社会はダイヴァーシティに関する問題に直面しています。多様なものの見方の力を原動力とする『開かれた』組織は、いかにしてつくることができるのか? 移民を文化的、社会的に受け入れるには、どうすればいいのか? これらの問いに答えることを、アイデンティティ経済学は可能にしてくれます」

経済学の主流として根強く支持され続けてきた新古典派経済学は、ヒトというものを自己の利益をただひたすら追求する合理的な存在と仮想し、「経済人」と名づけた。そうした考えを、厚生経済学の立場からアマルティア・センは「合理的な愚か者」と手厳しく批判した。経済学の父とよばれるアダム・スミスの時代から200年を経て、経済学はようやく本当の意味で「あなた」を、より実相に近いものと扱うべく、着実に進化を続けているのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る