オムロンの卓球ロボット「フォルフェウス」、新たに“トスを上げてサーブを打つ”機能を追加

cropped-logo_data1-32x32-449622ca518e516c1682d44a0dd426466825a7ae

オムロンは「人と機械の融和」をコンセプトに2013年に卓球ロボット「フォルフェウス」リリースし、それ以来「機械による人の能力の引き出し」を軸に毎年技術を進化させてきた。

そして今年、新たに①サーブ機能、②スマッシュ対応機能などを追加し、「初心者から上級者など幅広い人が卓球ラリーを楽しめる」ロボットとしてバージョンアップした。

昨年、オムロンのコア技術「センシング&コントロール+Think」にAI技術「時系列ディープラーニング」を実装したことで、学習結果を基にしてラリー相手のレベルを判断、ラリー相手のレベルを理解し、その人に合わせた返球を行うことが可能となった。

そして4代目となる今年の「フォルフェウス」は、”ラリー相手を更に拡大する”ことを新たな技術進化の軸として追加した。

機械が人の特性を理解して、相手に合わせることでより多くの人が卓球ラリーを楽しみ、さらに相手の能力が引き出されることを目標に開発。上級者がやりたいと思う「スマッシュへの対応」と、初心者には難しい「ロボットによるサーブ代替」をする機能を実装した。

新機能の詳細は以下の通りだ。

  1. サーブ機能
    初心者の約30%が失敗するサーブをロボットが行うことで、卓球ラリーの開始を補助する機能。トスを上げるために新たに追加したロボット (オムロン製 垂直多関節ロボット「Viper (ヴァイパー) 650」) と、「フォルフェウス」に使われている2台のコントローラーを1/100秒以下の精度で「同期制御」することで、2台のロボットがトスを上げてサーブを打つことができる。
  2. スマッシュ対応機能
    上級者などがやりたいと思うスマッシュに対応することで、より高度な卓球ラリーを堪能できる機能。ラリー相手の身体の動きを人体センサーで検知し、時系列ディープラーニングで解析することで、ラリー相手がスマッシュを打とうとする気配・意図を「フォルフェウス」が読み取る。

    そしてラリー相手がスマッシュを打つと「フォルフェウス」が判断した場合、スマッシュが打ち込まれそうな位置を予測して待機する。また、卓球のボールを追従するアルゴリズムを高速化したことで、時速40キロ~80キロのスマッシュへの対応が可能となった。

【関連リンク】
オムロン(OMRON)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る