エジソンvsウェスティングハウスの壮絶な「電流戦争」が映画に──主演はカンバーバッチ、予告編が公開

TombRaider2TA-520x292-9483ede0ae545a48c1ab4ca809b41a455fda0ee9

1880年代後半、エジソンとウェスティングハウスが、交流と直流の採用をめぐって激しく争った「電流戦争」が、ハリウッドで『The Current War』として映画化。その第1弾の予告編が公開された。エジソン役はベネディクト・カンバーバッチだ。

TEXT BY AMGELA WATERCUTTER
TRANSLATION BY CHIEKO NAKAMURA/GALILEO

WIRED(US)

1880年代後半以降、発明家トーマス・エジソンと、電気産業の先駆者であるジョージ・ウェスティングハウスは、終わりの見えない闘いを繰り広げていた。

モルガン財閥の創始者ジョン・P・モルガンの支援を受けていたエジソンは、直流(DC)送電方式を提案し、電力網をマンハッタンに敷設していた。一方のウェスティングハウスは交流(AC)による送電を提案し、その豊富な資金力とニコラ・テスラ[日本語版記事]の協力を得て対抗しようとしてした。

彼らは長年にわたって互いに批判・攻撃を繰り返しながら、米国に光を灯すために競い合った。ウェスティングハウスが提案したACの方が優れていたため(ご存知のとおり、現在の標準だ)、エジソンは「ACは死に至る危険な電気」だとするキャンペーンを展開した。実際に危険であることを指摘するために、交流の電気で象を殺処分したりもした。それはとても醜い応酬だった。

電流戦争」(The Current War)と呼ばれるこの歴史上の闘いは、とてもドラマティックだ。それゆえ映画化され、2017年11月に全米公開されることになった[編註:公開が2018年に延期されるとの報道も出ている。日本での公開は18年予定]。

監督はアルフォンソ・ゴメス=レホン(『ぼくとアールと彼女のさよなら』)、エジソン役を演じるのは、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』[日本語版記事]でアラン・チューリング役を演じて以来、強烈な発明家役を本当に楽しんですらいるベネディクト・カンバーバッチだ。

ウェスティングハウス役にはマイケル・シャノン、テスラ役にニコラス・ホルトが出演。長く続いたこの闘いがリアルに描かれることは確実である。

『The Current War』が11月24日に全米公開されるということは、この作品の本当の闘いはアカデミー賞を穫れるかどうかになりそうだ。本作は当初、12月22日に公開される予定だったが、公開日が前倒しされたのである。感謝祭の週末に公開することで、第90回アカデミー賞をはじめとする賞レースで有利になるとの判断に基づく変更とされている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る