音声アシスタントが普及すれば、「人間の脳の能力不足」が問題になってくる

GettyImages-692676188-1024x674-8ce5e9345d87647180659cd18ce15a5da53c3909

アップルのワイヤレスイヤホン「AirPods」でSiriを使うといった「クールな未来」は、おそらくは実現しない。何かの作業中に音声アシスタントを使って別の作業を行おうとすると、脳は複数の作業を同時にこなすことができないからだ。これは人間の体で生きている限り、解決することのできない問題なのだという。

TEXT BY ROBBIE GONZALEZ
TRANSLATION BY TOMOKO MUKAI, HIROKO GOHARA/GALILEO

WIRED(US)

HomePod

PHOTO: JUSTIN SULLIVAN/GETTY IMAGES

アップルのワイヤレスイヤホン「AirPods」を数日前に購入した。この変わったデザインのイヤホンは発売から約1年が経つが、しばらくはオンラインでの納期が6週間ほどかかっていた。だが最近になって実店舗でも見られるようになった。地元のアップルストアにもあることを知って、思い切って購入することにしたのだ。

159ドル(日本では税別16,800円)のAirPodsは高価だ。誇大に広告された、凡庸なサウンドで、はめ心地が奇妙なイヤホン以上のものでなくては困る。

なぜこれだけの金額を支払ったのか? 手短かに言えば、未来における人間とガジェットとの関わり方に興味をもっている人たちにとって、AirPodsをはるかに面白いものにする複数の製品が9月後半に発表されたからだ。

それは、新しいiPhone[日本語版記事]、新型「Apple Watch」[日本語版記事]である。しかもアップグレードされたOSは、アップルのヴァーチャルアシスタント「Siri」が強化されている。

これらの製品をAirPodsと組み合わせることにより、いつでもどこでも使えるパーソナルな対話型コンピューティングのための、最初の優れたエコシステムが生まれるはずだ。これによって、人間の生活を占領しているスクリーンから、人間の眼と指を解放してくれる可能性がある。

こうしたエコシステムは、2014年公開の映画『her/世界でひとつの彼女[日本語版記事]』で描かれたような世界に、人々をさらに近づける。この作品では、ホアキン・フェニックス演じる主人公のセオドアが、パワフルかつ生産的なヴァーチャルアシスタントと、自然な会話によって心を通い合わせるようになっていく。非常に有能でありながらも控えめなAIが、ユーザーの日常生活とシームレスに統合されながら、あらゆることを助けてくれる様子が描かれている。

興味深いことに、これはまさしくアップルが最近のSiriの広告で描写している状況だ。以下の動画では、プロレスラーで俳優のドウェイン・ジョンソンが、盆栽を剪定しながらSiriでスケジュールをチェックしたり、システィーナ礼拝堂の壁画を描きながらメールを音声で聴いたりしている。

実際には、この種のシステムにはまだ改善が必要だ。現在のSiriはユーザーを喜ばせるより、がっかりさせることのほうがはるかに多い。だが、それなりの条件においては、誰もが待ち望んでいた「会話する未来のコンピューター」が、いまや可能となったともいえる。Siriの音声がこれまで以上に人間らしくなり、まったく不気味ではなくなったのもいいニュースだ。

悪いニュースは、人間が現実の世界を生き、ヴァーチャルアシスタントがデジタルライフを管理してくれるという「夢」が、おそらくは嘘だということだ。音声アシスタントに関する現実の問題は、それらが能力不足であるとか、人間の要求に対応できるほど洗練されていないということではない。問題は、それが会話的なものやテレパシー的なものであれ、ユーザーインターフェースが必ず人々の集中力を必要とすることなのである。

そのことに気づいたのは、AirPodsを使ってSiriとやりとりしてからだ。タイマーを作成したり、アプリを起動させたり、買い物リストを追加したりするためではなく、映画に出てくるような感じでタスクをやってもらうために利用した。

朝、AirPodsを(片方だけ)耳につけて2回タップし、朝食をつくっている最中にメールを、食器を片付けている間に今日の予定を読み上げること、犬に餌をやるときにToDoリストをまとめること、荷物をまとめてバス停に向かう間にテキストメッセージをうまくさばくことを、Siriに任せた。

これらの小さな雑用をすばやく一貫してこなすうえで、いまやSiriの音声認識は十分に強力である。そしてネットワークは素速く反応し、個人情報へのアクセスも完璧なものになっている。

われわれの会話のダイナミクスも変化した。Siriは早口でメールを読み上げるとき、ずっとしゃべりっぱなしだ。ToDoリストに雑用や締め切りを追加するときは、ほとんどユーザー側が一方的にしゃべることになる。

Siriがテキストメッセージを読み上げるときは、返信するかどうか尋ねてくるので、双方向にやりとりする。iPhoneでSiriを使ってもこなせるタスクのうち、テキストメッセージをさばくことがが最も未来的な印象を受けた。アップルのCMにおけるドウェイン・ジョンソンも、Siriに矢継ぎ早には話しかけていない。

だが、わたしはドウェイン・ジョンソンではない。ましてや、映画『her/世界でひとつの彼女』のホアキン・フェニックスでもない。前者はヴァーチャルアシスタントを、確信をもって「毎日を支配」するために利用しているし(広告のキャッチフレーズは「dominate the day(1日を支配せよ)」)、後者は本能的な安心感とともに利用している。

実際、わたしはどうだろうか? 自宅のあちこちでヘマしながらSiriとともに朝を過ごし、自分の注意力をデジタルライフと現実の生活の間で区別するのに四苦八苦している。

同僚からのメールに熱心に耳を傾けながら朝食をつくっている間に、わたしはオリーヴオイルではなく誤ってバルサミコ酢を使ってしまった。仕事にもっていくバックパックを整理しているときは、テキストメッセージに応答するために手を休めたものの、自分が何を言おうとしていたのか思い出せなくなってしまったこともある。犬に餌をやりながら今日のToDoリストを聞いていたら、最後のいくつかの項目について何も情報を覚えていなかったこともあった。

脳はマルチタスクに向いていない

この体験について、カリフォルニア大学サンディエゴ校のLearning Attention and Perception(学習集中力と認知)ラボの主任を務める心理学者、ハロルド・パシュラー教授に説明したところ、彼は驚かなかった。「この種の支障は、わたしたちがラボで行う最もシンプルなタスクでも見られるものです。このような認知の限界は不可避であり、修正することはできません」

多数のタスクがあるとき、人間の脳は一度にひとつずつ処理することを好む。「認知心理学の研究では、マルチタスクにはほぼ必ずパフォーマンスの損失があることが示されています」と、フォントボン大学の心理学者であり、テクノロジーと人間の認知との関係について研究しているジェイソン・R・フィンリー助教授は説明する。たとえふたつのタスクを同時に行えるように思えても、自分の注意の対象をこれらの間ですばやく順番に移動させているだけにすぎない可能性が高く、こうしたやり方には速度と精度に関して犠牲が伴ってしまう。

もっともマルチタスクのなかには、より簡単に同時に行えるものと、そうでないものがある。フィンリー助教授はこう述べている。「モダリティ効果と呼ばれるものがあります。これは聴覚を使うふたつのタスクは、聴覚のタスクと視覚のタスクの組み合わせよりも、相互に干渉するというものです。したがって、Siriを聴きながら皿を洗うのは、Siriと同時にラジオにも耳を傾けることよりは簡単と言えるでしょう」

人間の脳は特に、「同時に反応を選ぶこと」は得意としていないようだ。「つまり、食料棚からどの調味料をもってくるのかとか、話す内容や話し方を選ぶ、といったことです。これらのタスクがシンプルで、いつも行っているものだとしても、脳はこれらをひとつずつ実行しています。同時には行いません」

人間が日常のタスクと聴覚処理を両立できないことについて最強の証拠となっているのが、不注意運転だろう。これは非常に悪いニュースだ。おそらくご存知のとおり、運転中に電話で話をすることは、事故のリスクを大幅に(4倍程度)高める。おそらく多くの人に知られていないことは、大多数の研究によると、ハンズフリーの電話で話していても衝突の危険性は高いままであり、毎日これを行って慣れたとしても、大きな違いはもたらさない、ということだ。

電話での会話は、ある状態を誘発する。「非注意性盲目」と心理学者が呼ぶ状態だ、何かひとつのタスクに非常に気をとられると、ほかの刺激に気づくことができなくなるのだ。おそらく非注意性盲目の最もよく知られた例は、「見えないゴリラ(Invisible Gorilla)の実験」だろう。

この実験で参加者は、人々がバスケットボールをパスし合う動画を観て、白いシャツを着た人たちが何回パスをしたかを数えるよう求められる。動画の背景では、ゴリラの着ぐるみを着た人がやってきて、ちょっとしたポーズを取ったあと、画面から去っていく。しかし、かなりの数の人々がゴリラに気づかないのだ。

注意力の奴隷状態

人生は、決断と、注意を逸らすものに満ちている。家の周りを歩いているとき、1日の準備をしているとき、町のなかをうろついているとき──。つまり基本的に日常を生きるとき、人の注意力には頻繁に強烈な要求が課されているとカリフォルニア大学サンディエゴ校のパシュラー教授は述べる。

そして、そうした注意力を得ようとして張り合うスマートフォンの存在に人々は慣れているが、歩きながらメールしている様子を捉えた無数の動画が示しているとおり、スマートフォンを見ることと、スマートフォンを見ないで歩くことを同時に行うことは不可能なのだ。

会話するインターフェースとのやり取りにおいては、同時にほかのことを行いたくなってしまうかもしれないが、目が自由になったからといって脳が同じであるとは限らない。「確かに、ほかのことを同時に行うことはできますが、それには損失が伴います」とパシュラー教授は言う。

会話型のインターフェースはやがて、その損失も拡大させていく。「適切なリソースがたっぷりある理想的な場合であっても、それぞれのタスクはほんの短い時間を求めて争います。しかし一方で、この種のインターフェースはほかのことにリソースが必要なときに、それを消費してしまいます。そしておそらく、ほかのことを行うための注意力を減少させてしまうでしょう」

「面白いことなのですが、わたしはマインドフルネスに関する文献には注目していません。それが何であるか、ほとんど知りませんし、実はある種の軽蔑さえ抱いています。けれども、マルチタスキングはマインドフルネスの反対だとは感じます。つまり、ふたつの活動をうまく両立できるときがしばしばあっても、それぞれの経験を犠牲にしているということです。どちらの活動も完全には行っていないようなものです。朝食をつくりながらメールを聞いている場合、何らかの損失が生じているのです」と、パシュラー教授は語った。

パシュラー教授は正しい。実際にわたしの朝は、災難と判断ミスであふれていた。おそらく自覚している以上に、だ。Siriとやり取りすることは、ポッドキャストやラジオ番組を受動的に聴いていることとは違う。そして注意してほしいのは、Siriの話をさえぎって、「ごめん、ちょっと待って。最後のメッセージをもう1回繰り返してくれる? うわの空だったので」と頼むのは、現在のところ不可能だということだ。

もうひとつある。たとえSiriの話をさえぎって、注意力散漫になった精神のほうに向けることができたとしよう。それでもデジタルの世界でミスを犯しつつ、現実世界のタスクをうまくこなせないのであれは、それは「ハンズフリーで直観的で、より意図的な未来」という夢の世界ではない。それは言ってみれば、「注意力の奴隷状態」にすぎない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る