ソフトとサーヴィスが、クルマのデザインも変え始めた──「東京モーターショー2017」レポート

TMS1025_3309-e1509776523339-fe344743ae0e595da366bd634f2a548f35f8c466

クルマの収益の源泉は、いつしかハードウェアではなくなる──。「東京モーターショー 2017」に出展されたコンセプトカーからは、そんな新しい自動車ビジネスと社会とのかかわりが見えてきた。

TEXT BY WIRED STAFF

smart

スマートのコンセプトカー「smart vision EQ fortwo」。PHOTOGRAPH BY HIROMICHI MATONO

テック業界はその短い歴史のなかで、収益の源泉を「ハードウェア」から「ソフトウェア」、そして「サーヴィス」へと変化させてきた。いま、こうした変化が自動車業界でも起きつつある。「東京モーターショー 2017」に出展されたクルマからは、新しい自動車ビジネスと社会とのかかわりが見えてきた。

まず最初に見ていただきたいのが、メルセデス・ベンツを展開するダイムラーの小型車ブランド、スマートのコンセプトカー「smart vision EQ fortwo」である。いかにも未来的な外観のクルマだが、インテリアをよく見てほしい。アクセルもブレーキも、ステアリングもないのだ。

smart2

smart2

「smart vision EQ fortwo」には、ステアリングもペダルもない。PHOTOGRAPH BY HIROMICHI MATONO

すなわち、自律走行を前提にしたコンセプトモデルである。ドライヴァーも同乗者もクルマを操作する必要はない、ということだ。注目すべきなのは、ダイムラーのカーシェアリングサーヴィス「car2go」との連携を前提に設計されている点である。

このカーシェアリングサーヴィスと自動運転を組み合わせることで、「ユーザーが希望する場所へクルマが自ら迎えに行く」ことを前提にデザインされているのだ。将来、自動車メーカーがどのように収益を上げていくかを示唆している点でも、極めて興味深い。

次に、次世代モビリティ「TOYOTA Concept-愛i」のラインナップを拡充したトヨタ自動車である。TOYOTA Concept-愛iは、「人の行動や感情を理解する技術」に「自動運転技術」と「エージェント技術」を掛けあわせて、より「安全・安心」で「楽しい走り」を提案している。クルマに埋め込まれたセンサーでドライヴァーの行動や感情を理解するだけでなく、ソーシャルメディアで発信した内容や、読んだネットニュースの履歴なども分析の対象になるという。

今回新たに追加されたのは、小型モビリティの「Concept-愛i RIDE」と、パーソナルモビリティの「Concept-愛i WALK」である。

Toyota

Toyota

トヨタ自動車の「Concept-愛i RIDE」。PHOTOGRAPH BY HIROMICHI MATONO

トヨタの言葉を借りるなら、RIDEは「人にやさしい都市モビリティ」、WALKは「歩行空間に馴染むコンパクトなサイズと自動走行機能」をもつ個人向けのモビリティである。前者は車いすユーザーや高齢者などの利用も想定しており、後者は自動車道から歩道へとクルマを拡張しようというモデルだ。

こうして並べてみると、ソフトウェアとサーヴィスの応用にあたって、スマートとトヨタのアプローチが決定的に違うことがわかるだろう。スマートは、ドライヴァーに運転を意識させない方向に変化しようとしている。他方のトヨタは、クルマがドライヴァーにより近しい存在になることによって、運転の付加価値を高めようとしている。

全体がエアバッグに包まれたコンセプトモデル

もうひとつ、興味深いクルマを紹介したい。部品メーカーの豊田合成が開発したコンセプトモデル「Flesby II」である。全身がエアバッグに包まれたFlesby IIは、豊田合成が2年前の東京モーターショーで発表した初代の後継モデルに当たる。2030年ころの小型モビリティを想定して設計していることから、自律走行することを前提に開発されたことがわかる。

衝突時にドライヴァー(という名称が30年に残っているのかどうかはさておき)を守る装備が豊富なのは当然として、ぷよぷよした外観が歩行者も保護する役目を担っている。自律走行時代のクルマのデザインだけでなく、そこに安全性の要素を含む新しい提案と言えるだろう。

最後に、「未来の配送」をコンセプトにしたワールドプレミアのモデルを取り上げたい。いすゞ自動車の自動運転技術を搭載したEV(電気自動車)「FD-SI」だ。

isuzu

isuzu

PHOTOGRAPH COURTESY OF ISUZU

蜂の巣状の外観だけが特徴ではない。カーゴ(荷を積む場所)はハニカム構造、積み荷は6角形の専用ボックスとすることで、より強度が高く、スペース効率がよくなるように設計している。さらに、昆虫の「群知能」を集配方法に応用した点も新しい。

FD-SIには運転席がしっかりと存在していることから、無人での自動配送は目指していない。いすゞのアプローチは、群知能によって個々のFD-SIが配送情報を相互に送り合いながら、最適なルートで荷物を輸送する。コントロールセンターのような場所で一括管理するのではなく、地域に散らばったFD-SI同士が連携して効率的に配送していくという仕組みだ。

クルマはハードウェアとソフトウェア、サーヴィスをより密接に統合していくだろう。移動や輸送という概念が変わり始めており、またそれがデザインにも影響を及ぼしていることが、東京モーターショーの展示からは読み取れる。そこには未来の社会を考えるヒントも数多く見つかるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る