「ふたご座流星群」12月中旬に観察キャンペーン実施 今年は比較的良い条件

600x362x20171110nhutago.jpg.pagespeed.ic.lrd69L2fO0-548e571bf8ba7378de6da0fae0e2e7e017d1d0d7
Sponsored link

20171110nhutago

 
国立天文台は、2017年12月14日16時頃に極大を迎える「ふたご座流星群」の観察キャンペーン「ふたご座流星群を眺めよう 2017」を実施します。

このキャンペーンでは12月12日の夜から15日朝までの流れ星を観察し、報告するというもの。報告は12月12日正午より受け付けます。また報告後のアンケートに答えた人の中から抽選で10名に「国立天文台オリジナルグッズ」がプレゼントされます。

ふたご座流星群は1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群とともに3大流星群の一つに数えられます。また20時頃から流星が楽しめるのも特徴で、時期は冬となりますが観察しやすい流星群といえるでしょう。
 
国立天文台によれば、2017年のふたご座流星群は月の影響がほとんどなく、比較的良い条件で観察できるそうです。極大は14日の日中ですが、見頃となるのは14日の0時過ぎを中心とした数時間となります。期待できる流星の数は、最も多いときで1時間あたり40個程度。また12日や14日の夜にも、流星が楽しめそうです。
 
Image Credit: 国立天文台
■ふたご座流星群を眺めよう 2017
https://naojcamp.nao.ac.jp/phenomena/201712-geminids/
(文/塚本直樹)

Sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る