グーグルの「Pixelbook」は、あと一歩で「新しいコンピューター」になれる:『WIRED』US版レヴュー

01-PIXELBOOK-TA-e1511358159310-fd3afc408fbc1ddd30ae8a0b795989b2e0c486a4

グーグルがChrome OSを搭載したノートPC「Google Pixelbook」を米国などで発売した。日本では未発売のこのモデルの使い勝手を『WIRED』US版が検証したところ、「コンピューターの再定義」と呼ぶに相応しい体験ができたのだという。実際のところ、どこまで実用的だったのか。

TEXT BY DAVID PIERCE
TRANSLATION BY TAKU SATO/GALILEO

WIRED(US)

pixelbook

PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

グーグルの「Chromebook」には可能性がある。WindowsやMacは30年前の古臭い考え方をいまだに引きずっており、メールより写真をやり取りすることが多い現代にはマッチしていない。若い世代は「保存」アイコンに使われている奇妙な四角形が何なのかも知らないのだ(若者のために言うと、これはフロッピーディスクだ。詳しくは調べてほしい)。

いまや多くの人にとってメインのコンピューターとは、ポケットに入っている5インチサイズの長方形のディスプレイを備えた機器のことだ。コンピューターの意味を定義しなおす必要があることは、もはや明らかだろう。

グーグルはこの数年で、さまざまなピースをついに組み合わせることができたように見える。特に画期的だったのは、ChromebookをAndroidアプリに対応させたことだ。膨大な数のAndroidアプリが使えるようになったことで、「Chrome OS」は、ブラウザーしか使えない状況からきっぱりと決別した。

コンピューターで「Instagram」を使えないのは納得できる状況ではなかったが、グーグルより前に実現した企業はなかった。いまやグーグルは、誰もが知っていてすでに使っているアプリを使えるマシンを、数十億人に提供できるようになったのだ。

グーグルはついにChromebookの可能性を理解した。そして、そのヴィジョンを見事に体現したのが「Pixelbook」だ[編註:日本では未発売]。この1,000ドルのガジェットは、筆者がこれまで使ったなかで最も多目的に使えるデヴァイスである。タブレットやノートPC並みに快適に動作し、ペンやキーボードも利用できる。スタイリッシュで軽量なのに、パワフルな性能を備えている。

「ThinkPad」に匹敵するスペックにもかかわらず、ボディは「iPad Pro」よりほんの少し大きいだけ。さらに、たくさんのアプリと、完全なブラウザーを利用できる。Pixelbookはすべてを兼ね備えたデヴァイスであり、新しいタイプのコンピューターというアイデアを見事に実現している。

試しにPixelbookを2週間にわたり、メインのコンピューターとして使ってみた。飛行機で移動しているときも、会議に出ているときも、カフェやソファにいるときにも、肌身離さず持ち運んだのだ。何日もの間、外付けモニターの電源を切り、キーボードをデスクの引き出しにしまい込んだまま、Pixelbookで作業をした。それはおおむね素晴らしい体験だった。

だが、その魅力を失わせる問題がひとつだけあった。このデヴァイスの最も優れた特徴であるべき機能を台無しにする問題である。それは肝心のAndroidアプリが、Chromebookでうまく動かないということだ。しかも、改善の兆しが見えない。

あまりに残念すぎるソフトウェア体験

どういうことか説明しよう。アプリをGoogle Playストア‎からダウンロードして初めて起動すると、たいていのアプリがスマートフォンサイズのウィンドウで表示される。この小さな長方形のウィンドウは、Pixelbookのディスプレイに対して10パーセントほどの大きさしかない。

その状態であれば、多くのアプリは問題なく動く。だが、ウィンドウのサイズを変えようとすると、大変なことになる。一部のアプリは完全にクラッシュする。それ以外のアプリも「サイズを変更するには再起動が必要」というポップアップを表示する。どうやらレイアウトの変更は、アプリをおかしくしてしまうらしい。

アプリによっては、一見スムーズにサイズを変えられるものもある。だが、ウィンドウを大きくしようとすると、アプリのボタンが押しつぶされてしまうことがあった。場合によっては、アプリ内の表示がすべて消えてしまい、空白のウィンドウのサイズを変えているだけになることもある。アプリを全画面表示から小さい画面表示に変えてもクラッシュしなかったというだけで、心の底から喜びを感じられるような状態なのだ。

pixelbook2

pixelbook2

PHOTOGRAPH COURTESY OF GOOGLE

Androidアプリに関係する問題は、バッテリー寿命にも影響を及ぼしているようだ。使っているうちに、2~3個のアプリがバックグラウンドで動いているだけで、バッテリー持続時間が変わることに気づいた。通常は1回充電すれば、だいたい7時間連続で利用できる。だが、開いているタブの数やディスプレイの明るさなど、さまざまな要素によって利用時間は大きく左右されるのだ。

オフラインで動画を見ているだけなら、バッテリーの持続時間はかなり長い。だが、オンライン状態でたくさんのAndroidアプリを動かしながら10個以上のタブを開いていると、持続時間は短くなる。とはいえ、平均すれば7時間前後はもつようだ。

この際、Androidアプリを見限って、Chrome OSはブラウザーのみで十分使えると言いたいところだ。しかし、この2つの組み合わせが素晴らしい結果をもたらす可能性を感じたことが何度かある。例えば2時間のフライトの間、Netflixの動画をダウンロードして(これはアプリを使わなければできない)、機内で楽しく過ごすことができた。以前ならスマートフォンのストレージが足りなくなって苦労したり、座席のモニターで見られる映画に大したものがなくて困ったりしていただろう。

またEvernoteは、Chromebook向けアプリの開発に取り組み、ウィンドウのサイズにかかわらず安心してペン操作やタッチ操作で利用できるノートアプリを提供している。Google Playストアには、Chrome OS向けに作られたアプリが10個以上あるはずだが、どれも素晴らしい出来栄えだ。

このように、AndroidとChrome OSを組み合わせることで、素晴らしい体験を提供できる。現時点では、ほとんどのアプリがうまく対応できていないだけだ。

公正を期すために言えば、ChromebookでAndroidアプリがベータサポートから公式サポートに変わったのは、今回が初めてだ。もしこの取り組みが順調に進めば、あなたもChromebookを手に入れて見せびらかしたくなることだろう。

ハードウェアは申し分ない

Chromebookのメーカーは長い間、微妙なバランスを維持しようとしてきた。Chromebookに機能を詰め込みすぎて、高価になったり重たくなったりしないように気をつけながら、ブラウザーを動かし続けるだけのパワーをもたせることがなかなかできなかったのだ(これは冗談。後者はすべてのメーカーが実現している)。MacやWindowsのハイエンドマシンに匹敵するようなChromebookが登場したことは、これまで一度もなかった。

今回、グーグルは何とも驚くべきコンピューターを開発した。このコンピューターに「macOS」をインストールできれば、パワーの上でもキーボードの使い勝手でも、「MacBook」の強力なライヴァルとなるコンピューターができるだろう。

Pixelbookは、インテルの第7世代プロセッサー「Kaby Lake」を搭載する。メモリーは8GBまたは16GBで、ストレージも少なくとも128GBある。重さは2.4ポンド(約1kg)、厚さは0.4インチ(約1cm)しかないため、「MacBook Pro」を何年も持ち歩いていた立場かれすれば、まるでカバンの中に何も入っていないように感じるほどだ。

デザインは「Pixel」スマートフォンの特徴であるツートーンカラーを引き継いでいる。グーグルのノートPCはこれまで、色の選択が素晴らしいとは言えなかったが、Pixelbookのシルヴァーとホワイトの組み合わせは美しいと思う。グレーの四角いキーは、十分なキーピッチがあり、キーストロークも十分に確保されているため、小気味よくタイピングできる(ただし、バックライトは動作が不安定だ)。ガラス製の大きなトラックパッドはMacBookより優れている。スピーカーは貧弱だが許容範囲だ。

そして最も重要なことは、さまざまなスタイルに変形して使えることである。例えば、ディスプレイを360度開いて本体の背面にくっつければ、タブレットとしてそこそこ利用できる。タブレットにしてはサイズが大きいので、本を読むには画面が広すぎるが、ベッドで映画を見るにはぴったりだ。ヒンジは基本的にどの位置でも固定できるうえ、ぐらつきや不安定さを感じることもない。タッチスクリーンはキーボードと同じくらい快適に動作し、ペンの動作もスムーズだ。

唯一の不満は、2,400×1,600ピクセルの12インチディスプレイの周りに、黒くて太いベゼル(枠)があることだ。ディスプレイ自体は素晴らしい品質で、グーグルがフルサイズのキーボードを搭載するためにスペースを確保したことは正しい選択といえる。それでも、1,000ドルの金額を払わせるのなら、もう少し大きなディスプレイにすべきだろう。この大きさなら、13インチのディスプレイでも簡単に搭載できるはずだ。

Googleアシスタントがパソコンにもやってきた

PixelbookのChrome OSは、ほかのマシンと同じように軽快に動作するが、特筆するほどの新しい機能はない。とはいえ、「Googleアシスタント」がついにノートPCにも搭載された。キーボードの左側にある「Ctrl」キーと「Alt」キーの間にあるキーを使って呼び出すことができる。

Googleアシスタントはスケジュールに予定を入れたり、リマインダーを追加したり、簡単な計算や調べ物をしたりするなど、ちょっとした作業には最適だ。簡単なメールなら、アプリを切り替えたり新しいタブを開いたりすることなく送信できる。

さらに「Pixelbook Pen」を使って呼び出すことも可能だ。このペンは別売だが(価格を1,000ドルに抑えるために、この素晴らしいスタイラスペンが犠牲になったようだ)、Pixelbookのディスプレイでとても快適に利用できる。「iPad Pro」や「Surface」ほどではないかもしれないが、すばやく動かすことができ、反応もいい。

しかも、クールな機能が用意されている。ペンのボタンを押したまま画面上の言葉や写真を丸で囲むと、Googleアシスタントが現れて、丸で囲んだ言葉や写真に関する情報を教えてくれるのだ。コンピューターに話しかけるのがまだ苦手なので、Googleアシスタントを使うときは文字を入力したりペンを使ったりしているが、その便利さは驚きに値する。たとえその存在を忘れているときでも、Googleアシスタントは常に働いているのだ。

まだ現段階では「ベータ版」のよう

およそ1年前の『WIRED』US版の記事で、ChromebookとAndroidアプリの組み合わせは、ノートPCのあり方に大きな変革をもたらす可能性があると述べた。あれから1年が経ったいま、その変革が現実のものになろうとしているのかもしれない。

報道によれば、すでにほかのメーカーも、Pixelbookと競合する製品の開発に取り組んでいるようだ。また、複数のデヴェロッパーは、PixelbookによってChromebookを長時間使いたくなる気持ちが強まる可能性がある点について、楽観的だった。

Pixelbookはハードウェア的には申し分ない。だが、いまでもベータ版のような印象を受ける。何度も書いてきたことだが、ソフトウェアさえもっとうまく動作すれば、Pixelbookは素晴らしいものになる可能性がある。おそらく今度こそは、Pixelbookに多くのデヴェロッパーが参入して、スマートフォン、タブレット、ノートPCが融合したような次世代のコンピューターに仕上げてくれるだろう。

いずれにしてもChromebookは幅広い人気を獲得しており、Androidアプリはその将来に欠かせないものになるだろう。その点では将来は楽観視できるもので、自信をもってそう断言もできる。

だが、うまく動作するアプリが増えるまで、この素晴らしいマシンはただのウェブブラウザーだ。そして1,000ドルという金額は、ただのウェブブラウザーに使うには高すぎる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る