クアルコムとBaidu、スマートフォンやIoTデバイスのAI音声ソリューションで協業

cropped-logo_data1-32x32-449622ca518e516c1682d44a0dd426466825a7ae

クアルコムはBaidu社と協業し、Baidu社のスマートフォンやIoTデバイス向けの対話型AIシステム「DuerOS」を、クアルコム最新のチップ「Qualcomm Snapdragon 845」を含むSnapdragon Mobile Platformへ最適化すると発表した。

この協業により、両社はDuerOSとQualcomm Aqsticのハードウェア・ソフトウェアを最適化し、スマートフォンやIoTデバイスでのAI音声スマートアシスタントソリューションをグローバルに展開していく意向だ。

Baidu社のDuerOSは、2017年始めの提供開始以来、130社以上のパートナーに提供されており、冷蔵庫やエアコン、テレビのセットトップボックス、スマートスピーカーなど中国のハードウェアメーカーの100以上のブランドの機器に搭載されている。

昨今、スマートフォンやスマートスピーカーに搭載されているAIアシスタントは、人間と機械の関わりにおいてパラダイム変化をもたらすと言われている。

今回、DuerOSをサポートするクアルコムのSnapdragonモバイルプラットフォームは、スマートフォンやIoTデバイスの自然言語処理などのさまざまなAI使用例の開発を加速できるよう設計されている。たとえば、以下の特長がある。

  • クアルコムのAqsticオーディオコーデック(WCD934x、WCD9335)は省電力でスタンバイし、DuerOSを通じて呼びかければいつでも起動する。
  • Snapdragonがもたらすエコー除去とノイズ抑制は、ユーザーとDuerOS間の対話を助ける。

同協業により、クアルコム最新の「Qualcomm Snapdragon 845」(冒頭写真)に最適化されたDuerOSアプリケーションが使用可能になり、OEMはAIボイスソリューションの開発において、ユーザー体験の向上と市場投入までの時間を短縮できると期待される。

【関連リンク】
クアルコム(Qualcomm)
バイドゥ(Baidu/百度)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る