「#MeToo」ムーヴメントは、「団結の力」を証明した──2017年の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」を考える

GettyImages-873379278-3592f1c434be85f0b1b8ef5637dde3641198f62f

『Time』誌の2017年の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に「沈黙を破った人々」が選ばれた。ネット上では「#MeToo(私も)」の旋風が巻き起こったことで、人々の声を世界に響かせるSNSの力が証明された。一連の動きを振り返る。

TEXT BY ANGELA WATERCUTTER
TRANSLATION BY KAORI YONEI/GALILEO

WIRED NEWS(US)

metoo

「#MeToo」ハッシュタグを生み出した活動家のタラナ・バークら。PHOTO: SARAH MORRIS/GETTY IMAGES

12月6日の朝に目覚めてTwitterを開くと、ハッシュタグ「#MeToo(私も)」が目に入った。#MeTooを見ると、個人的にいい気分はしない。性的暴行やセクシャルハラスメントが横行していることを思い出すたびに、吐き気を覚えるからだ。

しかし今回、「#MeToo」が付けられていたのは、逆境を乗り越えた人の物語ではなく、逆境を乗り越えたすべての人に対してだった。全員が『Time』誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたのだ。

「時の人」としてムーヴメントが選ばれたのは今回が初めてではない。2011年には、「抗議する人たち」が栄誉を手にした。声を上げた人々(エンロンの内部告発者たち)や、インターネット上の人々が選ばれたこともある。

しかし、ウェブ上のコンテンツクリエーターたちや集合体としてのインターネットの力を讃えるため、「あなた」に栄冠を与えた2006年当時、Time誌はセクハラや人種差別が横行する掲示板のスレッドなど、卑劣な行為が生まれようとしていることに気づいていなかった。

誰もが気づかなかった「集団の声」

当時生まれたばかりのTwitterが、のちに米大統領選挙でバラク・オバマ陣営の力強い援軍となり、2016年のパーソン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたドナルド・トランプの「報道官」を務めることになることにも、気づいていなかった。さらに、何千人もの男女がソーシャルネットワークの力を借りて、性的暴行やセクハラの体験談を共有し、多くの人に信じてもらう日が来るとは誰も気づいていなかった。

活動家タラナ・バークが10年近く前に使い始めた団結の言葉「#MeToo」は、文字通り形勢を一変させた。加害者たちは、自らの行動の責任を問われることになったのだ。そして、Time誌が「沈黙を破った人々」と呼ぶ人たちは、たくさんの人々が耳を貸すほど大きな声を上げることができるようになった。

もしかすると、本当にもしかするとだが、パーソン・オブ・ザ・イヤーとはこのように決定されるべきなのかもしれない。(大部分が)つながった世界では、集団の声は、1人の声よりはるかに大きな力を持つ。孤高のリーダーは以前と比べて少なくなり、リーダーは「人々のなかに」存在するようになった。2006年当時でさえ、Time誌に「あなた」の記事を寄稿したレヴ・グロスマンは、「偉人」論は「2006年に完敗した」と認めていた。

そして2017年。有名映画制作者のハーヴェイ・ワインスタインやジェームズ・トバック監督をセクハラで最初に告発したのは有名人たちだったが、数え切れないほどの女性が追い風を受け、「#MeToo」と声を上げた。悲痛な物語ばかりだったが、ハリウッドやシリコンヴァレーだけでなく、職場や家庭でも会話が続けられたのはそうした投稿のおかげだ。

Time誌の発表に最も力強く反応したのも、やはり人々の声だった。トランプは数週間前にTwitter上で、2017年のパーソン・オブ・ザ・イヤーを「辞退」すると宣言した。Time誌はこの発言について不正確だと断言し、ソーシャルメディアでブーイングの嵐が起きた。

トランプは最終的に、次点だったと釈明したが、トランプ自身が「#MeToo」で取り上げられている事実をごまかすことはできなかった。トランプが大統領選挙中と大統領就任後に女性に対して行った発言は、多くの人がセクハラについて声を上げるきっかけとなった。

対話はあらゆる場所に存在する

「#MeToo」のムーヴメントは決して完璧ではない。声を上げた人々に関するTime誌の記事も同様だ。『WIRED』US版が最近指摘したように、大量の「#MeToo」は、悪事に対応しようとするわたしたちの能力を変質させ、ニュースフィードを単なるトリガーに変えてしまう危険をはらんでいる。Time誌の記事ではバークのような活動家より、テイラー・スウィフトのような有名人のほうがはるかに大きく取り上げられているという指摘もある。

それでも、「#MeToo」のおかげで、ソーシャルメディアでは1人の声より合唱のほうが大きいことがはっきりした。コメディアンで司会者のジョン・オリヴァーが、セクハラ疑惑がもち上がった俳優ダスティン・ホフマンに公開トークショーの場で問いただすきっかけにもなった。音楽ヴァラエティ番組「サタデーナイトライヴ」に出演した女性たちも、それは新しい世界などではなく「ずっと最悪の世界だった」と発言する勇気を手に入れた。

もはや、対話を主導する人物は存在しない。対話はあらゆる場所に存在し、すべての人が参加しているからだ。もはや、もっともらしく関係を否認することは誰にもできない。もちろん、あなたも例外ではない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る