富士通、AIアシスタント搭載デスクトップパソコン「ESPRIMO FHシリーズ」を発売

fuku12-0704fe016a2306729dd7f50e49d1c46d6972f7fa

富士通グループは、個人向けパソコン「FMVシリーズ」の新製品として、デスクトップパソコン「ESPRIMO(エスプリモ) FHシリーズ」2機種を2018年1月18日より発売する。

同製品は、声やチャットによるパソコン内のコンテンツ再生や、家電製品操作など、パソコンを通じて毎日の暮らしを便利にサポートする「ふくまろ」を搭載している。

また、カスタムメイドモデル4シリーズ4機種についても、富士通ショッピングサイト「WEB MART」にて、本日販売を開始した。

「ふくまろ」は、「暮らしと笑顔をアシストする新しい家族」をコンセプトに、富士通クライアントコンピューティング株式会社が開発した音声解析技術によって、音声会話やチャットでの会話に対応するAIアシスタントだという。

主な機能は以下の通りだ。

  1. コンテンツ再生:
    パソコンの中にある写真や動画、音楽などのファイル名や、DLNA(※1)で接続したHDDレコーダー内にある録画した番組名を「ふくまろ」に話しかけると録画番組を再生する。
  2. アシスタント:
    挨拶や日常会話を楽しんだり、予め登録した地域の天気予報をWEBから収集し、音声と文字で通知する。
  3. 家なかチェック:
    「ふくまろ」の留守番モード設定中にパソコンのある室内で動きを検知すると、パソコンに搭載されているカメラで撮影した室内の写真とメッセージを、Microsoft社の「Skype」をインストールしペアリングしたスマートフォンへ通知する。
  4. 家電コントロール:
    専用のIRコマンダー(別売)を使用することで、テレビやエアコン、照明など家電製品を音声やMicrosoft社の「Skype」がインストールされたスマートフォンから操作できる。

なお、「ふくまろ」およびIRコマンダーは、2017年12月発表モデルに対応するほか、2017年10月発表モデルにも対応(※2)している。

※1 DLNA:Digital Living Network Allianceの略。パソコン、家電およびモバイルにおいて、LANを通じてメーカ間の機器を相互に接続できる仕組み。
※2 2017年10月発表モデルにプリインストールされているソフトウェア「FMV HC 紹介」をアップデートすることで利用可能。

【関連リンク】
富士通ショッピングサイト「WEB MART」
富士通(FUJITSU)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る