凶悪犯罪者の脳を解剖することで、脳科学は「事件の謎」を解明できるのか

GettyImages-857204006-1024x709-68540546b8b81ea28fe14b4bdfd21e0cd0e01e4c

ラスヴェガスで10月に起きた銃乱射事件の犯人の脳が、病理学者による剖検に回された。そこからいったい、何が見えてくるというのか。

TEXT BY ADAM ROGERS
TRANSLATION BY TOMOYUKI MATOBA/GALILEO

WIRED(US)

Las Vegas Mourns After Largest Mass Shooting In U.S. History

事件の現場となったマンダレイ・ベイ・ホテル。PHOTO:DENISE TRUSCELLO/GETTY IMAGES

スティーヴン・パドック[日本語版記事]は2017年10月1日(米国時間)、ラスヴェガスのホテルの一室から眼下の野外コンサート会場に向かって複数のライフルを乱射し、58人を殺害、546人に重軽傷を負わせた。その後、パドックは自殺した。彼がなぜそんなことをしたのかは、誰も知らない

その理由を知るためのひとつの試みとして、ネヴァダ州クラーク郡検視局がパドックの脳をスタンフォード大学の神経病理学者、ハネス・ヴォーゲル博士の研究室に送ったと、『ニューヨーク・タイムズ』などが報じている報道によると、11月最終週から始まった脳の剖検は2週間程度かかり、その結果を受けて検視局が報告を提出するという。

スタンフォード大学広報部からの要請により、ヴォーゲル博士はメディアへの沈黙を保っているが、パドックの脳を肉眼と顕微鏡によって検分し、異常や腫瘍、変性疾患などの有無を調べることになる。ヴィデオポーカー好きの地味な男が、膨大な銃のコレクションを罪なき人々に向けた理由の一端を見つけ出すためだ。

だが、それで何かがわかるとは誰も考えていない。

これは所定の手順であり、抜かりない捜査の一環だ。病理学者のヴォーゲル博士が見れば、何か疾患が見つかるかもしれない。例えば衝動抑制や意思を司る、腹内側または背外側の前頭前皮質に腫瘍があるかもしれない。また、下部後腹側皮質に損傷がある場合も、人は暴力的になることが知られている。

さまざまな染料で染色した脳を顕微鏡下で観察すると、うつや情動制御能力の低下をもたらす変性疾患が判明することもある。

立ちはだかる「心身問題」

だが、腫瘍や変性疾患は決して珍しいものではないし、発症者のほとんどは邪悪な殺人鬼にはならない。「大量殺人犯の脳を見て、犯行との関連がわかったり、意味のある発見ができたとしたら驚きです」と語るのは、アレン脳科学研究所の代表兼主幹研究員、クリストフ・コッホだ。「おそらく、パドックの脳はごく普通のものでしょう」

これは要するに「心身問題」、すなわち科学や哲学が誕生してからずっと人々を悩ませ続けてきた、あの難題だ。一方には身体的側面、すわなち電気化学的なネットワークで計算処理を行う数十億のニューロンとその他の組織がある。そして他方には精神的側面、すなわち感覚入力の知覚やその脳内での再構成、再構成された情報を理解可能にする処理、さらにはその処理の一部についての自覚、言い換えれば意識がある。

神経科学者たちは、いまやヒトの脳について、そして脳が生み出す心について、多くの知見をもっている。アレン研究所などの研究者たちは、ニューロンのつながりのマッピングに取り組んでいる。ヒトの脳内にインターフェース装置を埋め込み、車椅子の操作やピアノ演奏をさせることも可能になった[日本語版記事]。

脳活動に機械学習アルゴリズムをあてはめることで、実験参加者にfMRI装置内で画像を何時間も見せたあと、神経活動の変化をもとに、その画像をコンピューターで復元[日本語版記事]することさえできる。これは事実上、心を読めるということだ。

しかも、それは視覚入力に限った話ではない。同じアルゴリズムを使って、他者がどう「感じて」いるかもわかるのだ。あの花はきれい? あのクルマはかっこいい? どっちのドレスが似合う? 「現段階でそれができないと考える理由はありません。すでに誰かがやっているかもしれません」と、コッホは述べる。

また、新たな経験によって脳は変化する。これは骨相学のようなでたらめではなく、可塑性と呼ばれる現象だ。例えばロンドンのタクシー運転手は、市内の詳細な地図を頭に叩き込まなくてはならないため、結果として海馬が大きくなる(「スーパーマリオ64」をプレイさせた実験で、特定の脳の領域が増大する[日本語版記事]ことも明らかになっている)。心が知覚した刺激と経験が、肉体のつながりを変化させるのだ。

おそらく銃の扱いに長けていた(さらにポーカー好きで、ラスヴェガスのホテルの常連でもあった)スティーヴン・パドックの脳には、そのいずれにもあてはまらない人の脳とは異なる生理的特徴がみられる可能性がある。しかしその特徴は、彼が乱射を続けた理由の説明にはならないだろう。

再発防止に役立つ可能性

「もちろん、脳の特定部位を指して、『この部分は一般にこれこれの情報処理を担う』と言うことはできます」と、プリンストン大学の神経科学者、マイケル・グラズィアーノは言う。「脳の奥深くにある構造を指して、『この部位は情動に深くかかわっていて、ここの活性化と怒りや激情には関連がある』とも言えます。ですが、ある人がほかの人とどう違うのか、なぜ違うのかを、詳細に神経回路のレヴェルで説明するというのは、まったく未知の領域です」

捜査員だけでなく、ラスヴェガスの惨劇の答えを探す人々が求めているのは、ひとつのシナプスである瞬間、抑制されるべきときに発火が起きたことで58人が亡くなり、大勢が負傷し、会場外の多くの人々までもがトラウマを負ったのだ、といった説明だろう。それがわかれば、一応はすべてを理解できるはずだ。だが、そんな決定的瞬間は存在しないし、万一あったとしても、起きてしまったことを変えることはできない。

しかしもしかしたら、悲劇の再発防止には役立つかもしれない。もっと大規模な研究プロジェクトを想像してみよう。100人、あるいは1,000人の大量殺人犯の脳を徹底的に分析し、殺人犯でない人々の脳も同じように調べあげる。これを、どちらが殺人犯の脳かは研究者には知らせない状態で行う。もしかしたら違いが見つかるかもしれない。実際、ある研究者は暴力的サイコパスの脳スキャンを行い、その特異性を報告している。

だが、次に何をすればいいのだろう? 何も悪いことをしていない人に、あなたの脳は殺人犯のものに似ているという理由で、予防的手術や精神薬理学的介入ができるだろうか? 先述のサイコパスを調べた研究者は、自分自身の脳にもサイコパス傾向を見出した。もちろん、彼は殺人犯ではない。

解剖の次に取り組むべきこと

「犯罪者の脳に一貫した差異があるという説にわたしは懐疑的ですが、もしそうだとしたら、その脳構造の違いがなぜ犯罪行動につながるのかを解明するのが次のステップでしょう。そうすれば、いずれは人々を救うのに役立つ知見が得られるかもしれません」と、コッホは言う。

言うまでもなく、子どもたちが犯罪に走らないようにする方法なら、すでにある程度は社会に認識されている、とコッホは指摘する。質の高い教育や適切な栄養、暴力やストレスへの曝露の抑制などだ。

そう考えてくると、スティーヴン・パドックの脳の謎は、より深い問題を提起するものとなる。人々は彼の(身体であり、機械であり、物質である)脳のなかに、凶行の原因を見出そうとする。彼らが探しているのは、心の物理的実体である。なぜなら、物理的な脳のなかに原因が存在しないなら、ほかの何かのせいにするしかないからだ。例えば、なんらかの隠れた要因が、正気だった人間を狂気の犯行に駆り立てたという理由や、狂気を内に秘めた人間が大量の殺人兵器を容易に入手できるせいだという理由である。

スタンフォード大学のヴォーゲル博士がパドックの脳に腫瘍や疾患を発見できなければ、彼の問題は病理学的なものではなく、心理的、あるいは社会的問題ということになる。だとしたらわたしたちの社会は、その解決に取り組まなければならないはずだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る