「死と戦う冒険家」のためのスポーツギアをつくる英Vollebak──その想像を超えた「未来のものづくり」

36022823060_c8b8dc406b_k-1024x718-81f507ebded0f853b9f4791b546e28c02ba204bc

極寒の山や、灼熱の砂漠で生死をかける冒険家たち。彼らのために、「100年使えるパーカー」や「太陽光で光るジャケット」をつくるスタートアップが英国にある。自身も冒険家である創業者のイノヴェイティヴかつニッチな試みから見えた「ものづくりの未来」。

TEXT BY SHINYA YASHIRO

ソーラーチャージジャケット

英国のスタートアップVollebakが開発した「ソーラーチャージジャケット」。太陽光や蛍光灯など、いかなる光源からも光を蓄え、一度「充電」すると12時間光り続ける。PHOTOGRAPH COURTESY OF VOLLEBAK

昨年末発表された『WIRED』UK版の2017年のギア・オブ・ザ・イヤー。そのなかのスポーツ・レジャー部門に選ばれたソーラーチャージジャケット」を生み出したVollebakは、ロンドンに住む兄弟がゼロから立ち上げたスタートアップだ。彼らがつくりあげた太陽光で蓄電・発光するウィンドブレーカーは、同部門に選ばれたスポーツブランド大手アディダスの最先端テック・スニーカー「UltraBOOST LACELESS」に負けない「未来」を感じさせる。

Vollebakは、これまでもアラミド繊維を素材とする「100年使えるパーカー」や、「リラクゼーションのためのパーカー」[日本語版記事]、「地球で最もタフなTシャツ」といった誰も見たことがないプロダクトを生み出してきた。英国・ロンドンを拠点とする同社は、一部のガジェット好きのなかでカルトな人気を誇りつつある。驚くべきは彼らのテクノロジーが、創業者兄弟の経験から生まれている点だろう。

共同創業者、スティーヴ・ティッドボールは、日本からの注文も増えていると嬉しそうに笑いながら、自分たちのプロダクトの出発点をこう語る。

「共同創業者の弟とぼく自身、スポンサーがついていたこともある冒険のセミプロだった。アフリカの砂漠を走ったり、アマゾンのジャングルをくぐり抜けてきた。そんなことをしていると、冒険家たちのコミュニティと出会った。みんなクリエィティヴで、頭が良くて最高の人々だった。ただ彼らが冒険するときに着ているものは、大して面白くなかったんだ」

英国のスタートアップVollebakが開発した「100年使えるパーカー」。アラミド繊維でできており、300°Cから−200°Cまでの温度に耐えられる。PHOTOGRAPH COURTESY OF VOLLEBAK

スティーヴは、冒険家たちが身に付けているメーカーから支給された装備が、彼らのイノヴェイティヴさの足かせになっているように思えたのだという。もちろん多くのスポーツブランドが、温度や湿度の問題に自分たちのプロダクトで立ち向かおうとしていたが、デザインと建築を専門とする兄弟にとって、それは十分なものではなかった。

「冒険家は言うならば死に立ち向かっている。山の過酷な環境で、どうやって寝るか。深夜の森で仲間からの視認性をどう高めるか。それが生死に関わるんだよ。だからとてつもない障害に立ち向かっている冒険家のために、どこにもないスポーツギアをデザインしようと思ったんだ。そんなこと、誰もやっていなかったから。他のスポーツブランドと違って、自分たちが実際に冒険していることが強みになると思った」

ピンク色の奇妙なシェードがついた「リラクゼーションのためのパーカー」は、冒険家にとっての「命綱」に他ならないという訳だ。実際に、VollebakのInstagramには、商品を着用する冒険家たちの写真が投稿されている。例えば、ピンク色のパーカーを身に着けて山小屋で眠るアスリートの写真には、本人からの感謝の言葉が添えられている。

「リラクゼーションのためのパーカー」を冒険家のサクソン・ハラーが装着した写真。サクソン曰く、「厳しいトレーニングのなかでもVollebakの製品が、ぼくをリラックスさせてくれる」

関連記事「ピンク色のパーカー」がアスリートの心を落ち着かせる

小さなチームで未来をつくる

しかし、限られた人口しかいない冒険家をターゲットとしてプロダクトをつくることは、小さい市場で商売をするというリスクをはらんでいる。しかし、スティーヴは『WIRED』が自分にインタヴューを申し込んでくれること自体、想像もしていなかったと笑いながら話す。

「そもそも、大もうけをするつもりもなかったんだ。友人のために、少しだけプロダクトをつくればいいと思っていた。ただ、アスリートが直面している問題を解決すれば、都市部でも役に立つと気づいた。例えば山の中で走るときの視認性を高めるために開発した『ソーラーチャージジャケット』は、夜の街中で自転車に乗っている人達にピッタリだった。サンフランシスコやニューヨーク、それに東京の人達が、冒険家のためのプロダクトを欲しがり始めたんだ」

「ソーラーチャージジャケット」を森の中で24時間放置するテスト。太陽光でエネルギーを蓄えたジャケットは夜の森で高い視認性を誇る。

冒険家のための「ホンモノ」をつくることで、徐々に世界的な注目を集めつつあるVollebak。実際顧客は毎月増え続け、サイトの在庫は枯渇しつつある(2018年1月6日現在、「100年使えるパーカー」と「ソーラーチャージジャケット」の在庫はない)。しかし、スティーヴは事業を大きく拡大するつもりはないという。

「確かにわたしたちのビジネスは、驚くほど早く成長を遂げつつある。しかし、同時にわれわれは驚くほど小さなチームであり続けたい。広告の分野でディレクターをしていたから分かるけど、チームが大きいほど動きは遅くなり、クリエイティヴィティが減ってしまう。世界で最高のレストランは小さいじゃない? Vollebakは、想像もつかないようなことをするための会社で、何百万ドルを稼ぐためにつくったんじゃないんだ」

大規模な投資や研究が必要となるスポーツの領域でスタートアップが製品開発に取り組むことは、これまで難しかった。しかし、プロトタイピングのための3Dプリンターが普及するなど、テクノロジーの「民主化」が進むことは、Vollebakのような企業にとって追い風となる。冒頭に述べたように『WIRED』UK版が大手スポーツブランドであるアディダスの製品とVollebakの製品を同じ賞に選んだことは、スタートアップの「ものづくり」が大企業のそれに比べても、もはや遜色ないことを証明している。

「もちろん自分たちだけじゃできないこともある。第一線で活躍しているアスリート、人体を研究する医師や科学者、最新の素材を研究するNASAやESA(欧州宇宙機関)の研究者といった専門家の力を借りている。彼らはスポーツや人体をこれまでにない視点から分析しているから。ただ、彼らは友達なんだ。一緒にパブで酒を飲んだりして、いろんなアイデアを話し合う。そうすると、未来のプロダクトのアイデアが生まれてくるんだ」

今年もVollebakが生み出す「想像もつかない」未来から目を離せなそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る