NVIDIA、ZF、Baiduが中国市場に向けたAI自動運転車プラットフォームを発表

cropped-logo_data1-32x32-449622ca518e516c1682d44a0dd426466825a7ae

CES2018にて、NVIDIA、ZF、Baiduは、中国向けに設計された量産対応のAI自動運転車プラットフォームを開発中であることを発表した。

この3社協業から開発される技術は、NVIDIA最新のプロセッサ「NVIDIA DRIVE Xavier」、ZFの車載コンピューター「ProAI」、大量生産を目的とした自動運転製品であるBaiduの「Apollo Pilot」からなる。

「NVIDIA DRIVE Xavier」は、30ワットの消費電力で30TOPS(毎秒1兆演算)のディープラーニング演算を実行できるSoCだ。効率性に加え、Xavierによって、多くの異なるタイプのセンサーに対する多様な入出力接続が可能になる。

ドイツの自動車部品メーカーであるZF は、車載コンピューターとセンサーのシステム統合に関する専門知識を提供する。ZFの新しいXavierベースの「ProAI」は、複数のカメラ、ライダー、レーダーからの入力を処理し、自動車の周囲の360度ビューを描画。高解像度マップ上に自動車を配置して、交通状況の中で安全な経路を見つけるという。

Baiduの「Apollo」オープン自動運転プラットフォームは、自動運転車の主要な機能をサポートするセキュアなオールインワン ソリューションを提供。「Apollo Pilot」は、大量生産を目的としたタイプの自動運転用製品だ。

NVIDIA、ZF、Baiduの3社によるプラットフォームは、中国の自動車メーカーだけでなく、中国で事業の展開を計画しているあらゆる自動車メーカー向けに作成され、2020年から中国の道路を走る見込みだ。また、これはレベル2の自動運転機能からレベル5の完全な自動運転まで拡張することができるという。

【関連リンク】
エヌビディア(NVIDIA)
ゼット・エフ(ZF)
バイドゥ(Baidu/百度)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る