八方ふさがりのスティーヴ・バノン──トランプ暴露本まで出した「保守の大物」はどこへ向かうのか

GettyImages-865538742-e8a5196aadc6333ca827de86fdcfeb1271ce6e8e

トランプ政権の暴露本を出版した米大統領の元側近であるスティーヴ・バノン。その発言力と影響力の源だった保守系ニュースサイト『ブライトバート・ニュース』の会長職を追われたことで、その力は一気に衰えるかもしれない。トランプ政権との関係性を巡るバノンの闘いは、いったいどこへと向かうのか。

TEXT BY ISSIE LAPOWSKY
EDITED BY CHIHIRO OKA

WIRED(US)

Steve Bannon

PHOTO: DREW ANGERER/GETTY IMAGES

スティーヴ・バノンは昨年8月にトランプ大統領の側近の座を追われた際、『ウィークリー・スタンダード』のインタヴューに対して「自由になった気分だ」と話し、右派メディアの「ブライトバート・ニュース」への復帰については「この手に武器を取り戻したわけだ。あそこではとんでもないことをやっていたからね」と豪語した。ブライトバートのメディア編集主幹、ジョエル・ポラックはバノン更迭の直後に「#War」とツイートしている。

しかし、その武器は、隠し持った残りの兵器とともにバノンの手から滑り落ちたようだ。

ブライトバートは2018年1月9日午後、トランプ政権の暴露本『炎と怒り』の出版を受けてバノンが会長を辞任すると明らかにした。ホワイトハウスを、信じられないまでの情報不足のなかで意思決定が行われる混乱と背信が渦巻く場所として描いたこの暴露本でのバノンの発言について、トランプ大統領はバノンが「正気を失った」と非難。ブライトバートの主要な出資者であるレベッカ・マーサーは、バノンとの関係を断つ決断を下すに至った。

情報筋によると、ブライトバートでは8日に会議が開かれた。12年からこれまでの発展に大きく貢献したバノンを追放する決定がこれほど速やかに下されたという事実は、億万長者のマーサーと急拡大を続ける同メディアが、自社の今後の命運はトランプ大統領とともにあると信じていることを明白に示している。

情報筋は「彼らはずっとスティーヴの代弁者でした」と話す。「今回の動きで、ブライバートの読者は何があっても100パーセント、スティーヴ・バノンよりはトランプ大統領を選ぶという事実が証明されたわけです」

ブライトバート最高経営責任者(CEO)のラリー・ソロフは声明で、「スティーヴはわたしたちの成功の貴重な一部です。彼の貢献とこれまでの支援にいつまでも感謝し続けるでしょう」と述べた。

発言力の源を失うということ

では、バノンと彼がネットの世界で進めてきた反乱はどうなるのだろう? 選挙期間中に始まり大統領就任後もトランプ陣営に密着してきたバノンの影響力(そして危険性)は、彼が「(ブライトバートの)編集のバランス」を主張しながらも、大統領について過保護で甘い解釈を求める聴衆に彼らが求めるものを与え続けた点だ。バノンはブライトバートのブレーンかつトランプの右腕として、これまでに誰もやったことがない方法でマスコミとアメリカ大統領の間に引かれた境界を曖昧にしてみせた。

さまざまな文書や書籍、数え切れないほどの批判記事を通してヒラリー・クリントンの大統領当選を妨害してきたメディア王は、ここに来て突如、プラットフォームを失った。ここで、ひとつの疑問が生じる。頻繁に主張を切り替える自称ナショナリストが反移民的な発言をまくし立てるが、どのメディアもそれを取り上げないとき、バノンはかすかな音でも立てることが可能なのだろうか?

好都合なことに、やはりブライトバートで失脚した編集者で参考になる前例がある。オルタナ右翼の論客として知られるブライトバートの元編集者ミロ・イアノポウロスがTwitterから利用禁止を申し渡され、出版大手のサイモン・アンド・シュスターが彼の著書の出版契約を破棄した後に、Google検索で起こったことを見てみよう。

Google-trends

Google-trends

IMAGE COURTESY OF GOOGLE TRENDS

イアノポウロスの名前はそれでも時折はニュースで取り上げられている。彼は自らのウェブサイト「Dangerous.com」で自著を発表したが、影響力は間違いなく狭まった。

同じ運命がバノンを待っている可能性もあるが、それはブライトバートというプラットフォームを失ったからではない。アラバマ州の上院補欠選挙で、バノンが児童への性的虐待に関与したとの疑惑があったロイ・ムーアを支持し続けたのは、そう遠い昔の話ではないことを思い出して欲しい。共和党が過去25年で初めて同州で敗北する羽目になったこの選挙こそ、バノンとマーサーとの関係にヒビが入った始まりだった。

前述の情報筋は「アラバマ州で起こったことについて、レベッカはスティーヴにかなり腹を立てていました。人びとに彼の判断は信用できないし、その方向に進むべきでもないと思わせるようになった失敗だったわけです」と話す。

トランプを選んだ『ブライトバート』

ブライトバートに関しては、暴露本の出版そのものが大きな転換を招くとは考えにくい。トランプとバノンは政策の方向性では依然としてイデオロギー的に大半の点で一致している。唯一の違いは、バノンの信念は不動であるのに対し、トランプはより流動的というくらいだ。

それでも、バノンが率いていたころのブライトバートでは、トランプ政権と共和党を批判することはまだ可能だった。『炎と怒り』の発表後、同サイトにはホワイトハウスの内情についていくつかの記事が掲載されたが、コメント欄には読者からの辛辣な言葉が並んでいる。バノンがいなくなればこうした対立はなくなり、ブライトバートは皮肉にも、政権内部に自らの闇将軍がいたころよりさらにトランプ寄りになるかもしれない。

その最初の兆候が、9日付で掲載された大統領のダボス会議への出席をめぐる記事だ。スイスで開かれるこの会議は、リベラルなIT業界の人間と自由主義を標榜する財界人が集まることで知られ、バノンが忌み嫌うものの多くを象徴するようなイヴェントである。それなのに、問題の記事は大統領の出席についてまったく無批判だった。

ブライトバートは、ホワイトハウス報道官のサラ・サンダースの「大統領は世界のリーダーたちと“アメリカ・ファースト”の政策について話し合う機会を歓迎しています」という発言を引用している。

グローバリストになるには、いい日だったと言えるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る