宇宙船による「小惑星へのミッション」を45日かけて模擬体験──NASAのシミュレーション施設に潜入

01_hera_klos-2acb6cfc5ae4fefc7f5c6136ef5efcee0ba505db

米航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センターには、模擬宇宙船を使って小惑星までの宇宙飛行のシミュレーションをする施設がある。そこで45日間を過ごす“乗組員”たちは、いったいどんな体験をしているのか。施設の様子を画像ギャラリーで紹介する。

TEXT BY LAURA MALLONEE
TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(US)

  • 1/15テキサス州ヒューストンのジョンソン宇宙センターには、HERAと呼ばれる研究施設がある。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 02_hera_klos

    2/15HERAプロジェクトの会議室。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 03_hera_klos

    3/15HERAプロジェクトのミッション・コントロール・センターと、そのディスプレイ。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 04_hera_klos

    4/15フライトシミュレーターを操作する職員。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 05_hera_klos

    5/15HERAの上階と下階をつなぐ中央エレヴェーターと梯子。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 06_hera_klos

    6/15HERAの上階と下階をつなぐ中央エレヴェーターと梯子。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 07_hera_klos

    7/15乗員のひとり、マーク・セトルズ。45日間のプロジェクトを終えたところ。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 08_hera_klos

    8/15HERAは、金属製格納庫のなかに置かれている。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 09_hera_klos

    9/15「宇宙船模擬施設」内部にある、新しい宇宙服。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 10_hera_klos

    10/15HERAの中にあるモジュール。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 11_hera_klos

    11/1545日間の滞在が終わったあとに残されていた食品。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 12_hera_klos

    12/15乗務員が残したホワイトボード。「45日目。地球か、くたばるかだ!(がんばるぞ)」PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 13_hera_klos

    13/15「宇宙船模擬施設」内部には、国際宇宙ステーションの模擬施設もある。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 14_hera_klos

    14/15模擬の火星ローヴァー。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

  • 15_hera_klos

    15/15ヒューストン郊外のブラゾス・ベンド州立公園にあるジョージ天文台。PHOTOGRAPH BY CASSANDRA KLOS

2017年6月、テキサス州ヒューストンにあるジョンソン宇宙センターに、ティモシー・エヴァンズ、アンドリュー・マーク・セトルズ、ジェームズ・タイタス、ジョン・ケナードの4人が降り立ったとき、彼らは少し顔色が悪いように見えた。なにしろ、地球近傍小惑星から土のサンプルを収集するために、銀河を数百万kmも旅して45日間を過ごしてきたところなのだ。

とはいえ、彼らは本当に宇宙に行っていたわけではない。「HERA(Human Exploration Research Analog=人間探査模擬研究)」と呼ばれる研究施設の中で、模擬ミッションのシミュレーションに参加していたのだ。

HERAは、約60平方メートルの金属製カプセルである。宇宙船に長期間ずっと閉じ込められた人間がどのように振る舞うかを把握するために、米航空宇宙局(NASA)が利用している施設だ。

宇宙は無限かもしれないが、宇宙船はどちらかといえば小さい。約8.5立方メートルのカプセルに閉じ込められて少しイライラしたからといって、それを非難する人はいないだろう。

しかし、乗組員に故意にけんかを仕掛けたり、地上管制局との通信を停止したり、ミッションを完全に放棄したりされたら問題だ。こうしたリスクを最小限にするために、科学者たちは何年もかけて、宇宙旅行による心理的な影響の研究を続けている。

映画のワンシーンのような「仮想現実」

ただし、NASAがHERA内部でのシミュレーションを始めたのは14年になってからだ。写真家のカッサンドラ・クロスは17年6月にHERAを見学し、17年5月から開始された「キャンペーン4」の最初のミッションである「ミッションXIII」が終わる様子を撮影した。

映画のようなその写真を見ると、ミッションを追体験しているような気分になってくる。「この作品を見てくれた人が、このフィクション、このシミュレーション、この仮想現実に足を踏み入れることができる入口にしたいと思っています」とクロスは述べる。

HERAでは「宇宙飛行士にふさわしい」ヴォランティア、つまりSTEM(科学、技術、工学、数学)の基礎知識があり、健康で熱意のある中年の成人を募集し、10を超える検査を受けさせ、睡眠不足から照明の試作品に至るまであらゆるものに対する反応をテストする。身体に装着した複数の機器で生物測定データを収集し、9台のヴィデオカメラであらゆる動きを記録する(もちろんバスルーム内は除く)。

NASAの「Flight Analogs Project(模擬飛行プロジェクト)」の責任者を務めるリサ・スペンスは次のように述べる。「研究者たちが最終的に望んでいるのは、人々の行動や振る舞いの特徴をまとめるだけでなく、特定の種類のミッションに適切な乗組員の選定に利用できる限定的要素を特定できるようになることです。ある種のミッションに対して、他者よりも適した性格を示す者や、特質の組み合わせがあるはずですから」

HERAに採用された「宇宙飛行士」たちは、実験期間中に支払うべき請求書の自動支払いを設定した上で、簡素な2.5階建ての円筒形の施設に6週間閉じこもる。施設内では、シミュレーターと「Oculus Rift」ヘッドセットを使って宇宙船を操縦し、ロボットアームを制御して小惑星での船外活動を行う。

まるで本物のような宇宙体験

食事は、国際宇宙ステーションで宇宙飛行士たちが食べるものと同様にフリーズドライされていて、水を使って戻すものだ(シリアルやミートローフ、たまにニューオーリンズ名物のザリガニと野菜のシチューという感じになる)。

最もつらいのは、インターネットにアクセスできないことかもしれない。乗組員のひとり、ジョン・ケナードは「同じ現代社会に生きているのに、わたしたちは自分が知りたいすべてのことからものすごく遠いところにいます」と述べる。「わたしたちにとってのGoogleは、(作業指示を出す)ミッション・コントロール・センターでした」

NASAは最善を尽くして、あらゆるものが本物であると感じられるようにしようとしている。「打ち上げ」時には、床下にある複数のスピーカーによって、カプセル全体が振動する。コンピューター画面は窓になり、乗組員たちには発射台が遠ざかって月が姿を現す様子が見える。

その後の数日間は星しか見えないが、そのうちはるか遠くに目的の小惑星「ジオグラフォス」が現れる。ミッション・コントロール・センターとは、「10分遅れの通信」を模したやりとりが行われる。

それでも、仮想の世界を破るものはいくつかある。毎日配達される『ヒューストン・クロニクル』紙や、ハリケーン(「Mission XIV」は「ハリケーン・ハーヴェイ」が来たことで短縮された)、あるいはカプセル中央部に設置された上階に続く梯子などだ。「再現できないことのひとつが、重力をなくすことです」とスペンスは説明する。

クロスがこうした施設を撮影するのは、HERAが初めてというわけではない。自称「スタートレック・ファン」のクロスが初めてこうしたプロジェクトを知ったのは、15年に、火星生活を疑似体験[日本語版記事]するハワイの実験施設「HI-SEAS(Hawai’i Space Exploration Analog and Simulation)」で、宇宙服を着て火山の上で1年間生活したヴォランティアたちに関する記事を読んだときだった。クロスは16年に実験の写真を撮影したが、それだけでは満足できず、ユタ州の火星砂漠研究基地(MDRS)で行われた同様の実験も撮影した。

「シミュレーション自体が、実際には人類がまだ手に入れていない技術を、あたかも利用しているかのように人々が振る舞うもうひとつの世界を表現しています」とクロスは言う。「人々はそこで、人間がまだ旅をしたことのない場所にいるのはどのようなものかを想像するのです」

その次がHERAだった。17年6月、クロスは愛用の大判カメラ(および予備のデジタル一眼レフカメラ)とともにヒューストンに飛び、13回目となるミッションの最後の24時間を取材するためにジョンソン宇宙センターに到着した。

そして地球への“帰還”へ

クロスはミッション・コントロール・センターで待機した。これは、カプセルからわずか6mほどの距離に設置された小部屋で、ジョンソン宇宙センターの職員が、複数のモニター画面で乗組員を監視していた。

乗組員たちはカプセル内を掃除したり、トレーニング用自転車をこいだり、荷物をまとめたりして、普通の生活に戻りたがっていた。家族に会いたい。ネットサーフィンをしたい──といった具合だ。

「情報を奪われると、一種の虚無感が生まれます」とケナードは言う。「わたしは、慣れ親しんでいるすべての情報に戻れることにワクワクしていました」

ついにカプセルが地球への「降下」を開始した。これはおそらく、実際のものとは少し様子が異なるだろう。分刻みのカウントダウンのために家族や友人が格納庫に集まるなか、カプセルは地球の大気に突入し、壮大な水しぶきの音響効果とともに海に着水した。誰もが歓声をあげた。

エアロックから姿を現した乗組員たちは、太陽の光を心から必要としていた。無理もない。彼らは小惑星まで行って帰ってきたところなのだ。地球から一切離れることなく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る