ファナック・日立・Preferred Networks、インテリジェント・エッジ・システムの開発で新会社を設立

cropped-logo_data1-32x32-449622ca518e516c1682d44a0dd426466825a7ae

ファナック株式会社、株式会社日立製作所および株式会社Preferred Networks(以下、PFN)は、産業・社会インフラ分野のエッジデバイスにAI技術を活用したインテリジェント・エッジ・システムの開発をめざし、2018年4月2日付で合弁会社を設立することを合意した。

なお、現在日立の執行役副社長を務め、4月1日付でファナックの副社長執行役員に就任する齊藤裕氏が、新会社の社長を兼任するということだ。

  • インテリジェント・エッジ・システム:
    クラウドと工作機械、産業機械、ロボットなどのエッジデバイスとの中間層においてAIを活用し、定時性をもったリアルタイム制御を実現するシステム

近年、さまざまな分野においてAI技術を活用したイノベーションが急速に進展している。特に、産業・社会インフラ分野では、車やロボットなどのエッジデバイスに近い領域でのAI技術の活用が期待されている。

こうした中、ファナックと日立、PFNの3社は、産業・社会インフラ分野におけるインテリジェント・エッジ・システムの共同開発とそれに向けた合弁会社の設立に合意した。

新会社は、ファナックの工作機械・ロボットに関する技術・ノウハウ、日立の製造現場における制御技術をはじめとしたOTおよびITの知見、そしてPFNのディープラーニング技術や分散コンピューティング技術を融合させ、インテリジェント・エッジ・システムの開発をめざす。

合弁会社設立後、事業性検証および事業計画の策定を行い、その後、実際のシステム開発や適用分野の拡大を図る計画だという。

合弁会社の概要は以下の通りだ(予定)。

・商号:    Intelligent Edge System合同会社
・資本金:   3,000万円
・出資額:   ファナック 1,000万円 日立 1,000万円 PFN 1,000万円
・社長:    齊藤 裕
・所在地:   山梨県南都留郡忍野村忍草字古馬場3580番地
・設立年月日: 2018年4月2日
・事業概要:  インテリジェント・エッジ・システムの概念実証および開発

【関連リンク】
ファナック(FANUC)
日立(HITACHI)
プリファード・ネットワークス(PFN)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る