縦書きリーダービューやMarkdownでのメモ機能を備えたクロスプラットフォーム対応のWebブラウザ「Vivaldi v1.14」がリリース。

New-Vivaldi-logo-icon-d5048e40752b327aba1bcf1b6c9343fcb00e03c0

 CJK言語での縦書きリーダービューやMarkdownでのメモ機能を備えたクロスプラットフォーム対応のWebブラウザ「Vivaldi v1.14」がリリースされています。詳細は以下から。

 ルウェーVivaldi Technologies ASは現地時間2018年01月31日、縦書きのリーダービューやMarkdown記法でのメモ機能、再配置可能なWebパネルなどの新機能を搭載したクロスプラットフォーム対応のWebブラウザVivaldi v1.14」を新たにリリースしたと発表しています。

The new additions in version 1.14 respond directly to the needs of Vivaldi users: vertical reader mode, Markdown support to Notes, rearrangeable Web Panels and reordering of search engines.

Vivaldi 1.14 launches vertical reader mode – Vivaldi Browser

スポンサーリンク

縦書きリーダービュー

 リーダービュー(Reader View)は各WebサイトでCSSを統一し記事に集中することが出来る機能で、Vivaldi以外にもSafariやFirefoxなどがサポートしていますが、Vivaldiが新たにサポートした縦書きリーダーモードは、中国語、日本語および韓国語のCJK言語のWebサイトで利用可能で、

Vivaldiブラウザの縦リーダーモード

リーダービューで表示が可能なCJK言語のWebサイトでアドレスバー横のリーダービュー切り替えボタンをクリックすることで、リーダービュー表示にした後、以下の様に縦書きの表示に切り替えることが出来ます。

Vivaldi v1.14の縦書きリーダービュー

Vivaldiの設定パネルに[ウェブページ] → [リーダービュー] → [文字表示の方向]の設定が追加されています。

Markdown記法をサポートしたメモ帳

 VivaldiにはサイドバーにWebページの説明やメモを付けておけるメモ(Note)機能が搭載されていますが、Vivaldi v1.14ではこのメモ欄がMarkdown記法をサポートしており、メモを素早く作成しHTMLプレビューすることが可能になっています。

Markdownをサポートしたメモ帳

Webパネルの配置

 VivaldiのサイドパネルにはWebサイトを登録し、メインで表示したいWebサイトの横に別のWebサイトを表示できる機能で、SNSやニュースサイトなどの表示に利用できますが、Vivaldi v1.14ではこのWebパネルの順序をドラッグ&ドロップで変更できるようになりました。

Webパネルの再配置

検索エンジンの配置

 また、Vivaldi v1.14では[検索の設定]パネルの検索エンジンの順序もドラッグ&ドロップで移動できるようになっており、Mac版はRedoショートカットキーが動かない不具合や、起動時のウィンドウが最大サイズになってしまう不具合などが修正されてるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る