Google、2018年7月にリリースする「Chrome 68」から全てのHTTPサイトに「Not Secure」警告を表示。

Google-Chrome-logo-icon-19d95c2411f4ed97039f723ffc88f5feb88ef893

 Googleが2018年7月にリリースする「Chrome 68」から全てのHTTPサイトに「Not Secure」警告を表示すると発表しています。詳細は以下から。

 Google ChromeのプロダクトマネージャーEmily Schechterさんらが公開したGoogle Security Blogのエントリーによると、Googleは2018年07月にリリースを予定しているWebブラウザ「Google Chrome v68」からHTTPS化されていないHTTPサイトの警告を強化すると発表しています。

For the past several years, we’ve moved toward a more secure web by strongly advocating that sites adopt HTTPS encryption. […] Beginning in July 2018 with the release of Chrome 68, Chrome will mark all HTTP sites as “not secure”.

A secure web is here to stay – Google Online Security Blog

 Googleは2016年07月にリリースしたChrome v58でHTTPサイトに接続したさい、アドレスバーに警告マーク(❗️)を表示し、Chrome v62ではHTTPサイトでテキストボックスなどに情報を入力するとアドレスバーに[Not Secure]という警告を表示していましたが、

Google Chrome v58~62のHTTP警告

Chrome v68ではこの警告表示の範囲が拡大され、全てのHTTPサイトでアドレスバーに[(❗️) Not Secure]警告を出すようになるとコメントされています。

Google Chrome v68のHTTP警告

 Googleの調べでは既にWeb上のTop 100サイト中81はHTTPSがデフォルトとなっており、Chrome for Android/Windowsのトラフィックの68%以上が暗号化され、Chrome for Chrome OS/macOSでは78%以上が暗号化されているとして、GoogleはWeb開発者らにWebサイトの常時HTTPS化を勧めています。

警告ラベルのタイムライン

  • 2016年01月のChrome v56以降
    ▶ パスワードなどの重要性が高い入力フォームがあるHTTPページで警告。
  • 2016年07月のChrome v58以降
    ▶ HTTPページに接続するとアドレスバーに警告マーク(❗️)を表示。
  • 2017年10月のChrome v62以降
    ▶ テキストやメールなど入力フォームがあるHTTPページで警告。
  • 2018年07月のChrome v68以降
    全てのHTTPページで警告。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る