工作キット「Nintendo Labo」には無限の「遊び方」が詰まっていた:『WIRED』US版レヴュー

NintendoLabo-f1f3694d8111461020c7bf4088f6ce9d2503eb03

任天堂が「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」向けの新しい周辺機器として4月20日に発売する工作キット「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」。組み立てたボール紙をスイッチと組み合わせることで、ピアノや釣りざお、バイクなどへと“変身”させるツールだ。この話題の製品を『WIRED』US版がいち早くすべて試した。

TEXT BY ANGELA WATERCUTTER
EDITED BY CHIHIRO OKA

WIRED(US)

PHOTOGRAPH COURTESY OF NINTENDO

テレビゲームが誕生する前の時代、「遊ぶ」とは物理的なおもちゃで時間を潰すことを意味した。アクションフィギュア、人形、虫など何でもありで、わたしの家ではそれは包装紙の筒を剣に見立てて父を叩くことだった(パパ、ごめんよ)。

しかし家庭用ゲーム機が現れてからは、わたし自身を含めた多くの子どもにとって、遊ぶとは座り込むことを意味するようになった。任天堂は家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の周辺機器「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」で、こうした状況を打開しようと試みている。包装材をおもちゃに変身させてしまう、子どものエンジニアリングのセンスを利用しようというのだ。

ラボを支えるアイデアは、直感的とは言えないまでもシンプルだ。工作キットは「Toy-Con(トイコン)」と呼ばれるコントローラーを中心としている。さまざまな物体に変化するボール紙を組み立ててスイッチをはめ込むと、インタラクティヴなゲームが完成する。

第1弾は「バラエティキット」で、中には釣りざお、家、バイク、ピアノ、ラジコンカー2台が入っている。第2弾の「ロボットキット」は複数の滑車が組み込まれたランドセルのようなデイパックだ。この滑車が回ると、スクリーン上でロボットが動き出す。

懐かしいバンダイのファミリートレーナーか、Wiiの「マリオカート」で使えるレーシングハンドル、もしくはファミコンの光線銃型コントローラーのようなものだと思えばいい。これに自分で組み立てるというプロセスが加わるわけだ。

まるで「IKEAと折り紙の融合」

ラボのおもちゃは、どれもちょっと間が抜けた感じでとても面白い。世界有数のテレビゲームメーカーがこういった商品を発売するとは思ってもみなかったが、直感的に理解できる。わたしはWii以降、定期的にはゲームをやっていなかったが(正直な話、Wiiも以前にNintendo 64でやっていたマリオカートが懐かしくなったから買っただけだ)、それでも今回はすべてを試してみた。

そうさせた理由のひとつに、ラボの楽しさの半分はボール紙を使って何かをつくり上げるという行為そのものでできているという事実がある。発売前のラボを一緒に試した友人は、この創造的な活動を「IKEAと折り紙の融合」と表現した(ただ字面から想像するよりもっと楽しく、ストレスも少ない)。

魅力の残りの半分は、ゲームはどれもある程度は何かのアクティヴィティーから成り立っている点にある。バイクに乗ったり、ピアノで遊んだり、魚釣りをするなどだ。わたしはマリオカートをやるのでラボのバイクレースをより楽しめたのかもしれないが、スロットルなど触ったことがない人にとっても十分に面白いだろう。

ラボで「遊ぶ」というのはこんな体験だ。キットにはランチョンマットくらいの大きさのボール紙が入っており、トイコンの部品はここにまとめられている(余談だが、トイコンの類似品のブラックマーケットや転売市場が広まるかもしれない)。組み立て方はスイッチの本体に表示される。ラジコンカーのような単純なアイテムなら10分もあればつくれるだろうが、釣りざおなどは人によっては1時間以上かかるかもしれない。

ほとんどの部分はただのボール紙なので、いたずら書きや装飾などのカスタマイズが可能だ(わたしはミニバイクに、パイプを洗うねじりブラシでつくったウサギの耳を付け、ふわふわシールを貼ってみた。残念ながら、あまり芸術的には見えなかった)。組み立て終わったら、いよいよゲームができる。

装着すれば、ロボットに変身

バラエティキットの「つり」では、スイッチの本体を釣り糸の端がつながったドックにセットする。本体のスクリーンには釣り糸と魚が現れ、魚が餌に食いついたら手に持ったボール紙のリールを巻く。簡単だ。そして奇妙なことに、やみつきになる。

「リモコンカー」ではクルマの操縦で遊べるし、コントローラーが4個あればぶつかりっこもできる(非暴力的なタイプの人は普通のレースをすればいい)。「ピアノ」は主に演奏するだけだが、音を普通のピアノの音から猫の鳴き声に変えられる。嘘ではない。本当に猫の鳴き声を使ったコーラスを奏でることができるのだ。いつかこういう商品が発売されると、前から言っていた通りになった。

「バイク」ではボール紙のスロットルを操作して、スイッチのスクリーンに表示されるコースを乗り回す。マウンテンバイクのハンドルでハーレーダビッドソンに乗る真似をしたことのある人には、おなじみの遊び方だ。

ロボットキットの中身はもう少し複雑だ。パーツを組み立てると、デイパックのほかに両手に握るスティックと両足に巻き付けるストラップができあがる(すべて糸でデイパックにつながっている)。これに加えて、ヘッドセットもある。

全部を装着すると、スクリーンの上の自分はロボットになっている。足踏みすれば歩くことができ、ハンドルを前に繰り出せばパンチが炸裂する。ロボットの向きは頭を傾けて操作する。戦車や飛行機に変身することもでき、とても楽しい。何より、素晴らしいストレス解消になる。

すべての鍵は赤外線センサー

ボール紙だということは別にして、すべてを可能にしている仕掛けは何だろう。それはスイッチのコントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」の赤外線(IR)センサーだ。これまでのスイッチのゲームソフトでは使われることはほとんどなかった機能だが、ラボではこれが生かされている。

例えば、ピアノなら鍵盤の内側に再帰性反射材が付けられており、ジョイコンから発せられた赤外線を発信元に返す仕組みになっている。ジョイコンは赤外線信号の反射で鍵盤の動きを検知し、ピアノが弾かれたときに音を鳴らしているのだ。

ロボットのデイパックにも同じ再帰性反射材シートが使われており、スティックや脚のストラップの動きでひもが引っ張られ、動きがIRセンサーに伝わる。リモコンカーではIRセンサーは赤外線暗視カメラとして本体にフィードバックを送っている。

ここまで読めばもうわかったかもしれないが、ラボはシールを貼ったり色を塗ったりするだけではなく、信じられないほどのカスタマイズが可能だ。「Toy-Con Garage(トイコンガレージ)」という応用機能では、ユーザーがプログラミングにより独自のゲームをつくれる。

ハッカーたちの新しいおもちゃ

例えば、バイクのコントローラーを運転やラジコンカーの操縦に使える。ジョイコンを自分の発明した奇妙な装置に付け、もう片方のジョイコンを使って振動させたりもできる。スイッチ本体を自作のギターを演奏するためのサウンドホールにしてもいい(ただし猫の鳴き声が鳴るようにプログラムできるかはわからないが)。

これらは任天堂がガレージのデモでやってみせた一例にすぎない。ハッカーたちは新しい遊び方を生み出すのを大いに楽しむことだろう。

ラボは間違いなく非常に面白い。スマートでクリエイティヴ、そして楽しみ方も自由自在だ。しかし特筆すべきは、普通のゲーム機では味わえない、何か不思議な感覚を与えてくれるということだ。斬新な感覚と言ってもいい。

その目新しさは長続きするだろうか? もちろん色褪せてしまう部分もあるだろう。デジタルの魚を捕まえるよりは、本物の魚釣りのほうが楽しそうに思える。それでも、物づくりの好きな人、そして紙の筒を剣にして遊んだことのある人にとっては、その可能性は計り知れない。

ラボは旅のようなものだ。わたしはラボで遊んでから、そろそろ新しいことを始めるときかもしれないと思うようになった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る