フィギュアスケートの「5回転ジャンプ」は本当に可能なのか──その難易度を、専門家が力学的に考察

jump-51fc3686978c97d0e9b2abb875503f6fdce8728f

平昌冬季オリンピックのフィギュアスケート競技が注目されるなか、今後期待されているのが「5回転ジャンプ」の実現だ。かつては不可能と思われた4回転が現実のものになったいま、それは果たして可能なのか。専門家たちが力学的な視点から考察した(記事の最後に動画あり)。

TEXT BY ROBBIE GONZALEZ
EDITED BY CHIHIRO OKA

WIRED(US)

jump

IMAGE COURTESY OF WIRED US

アメリカのフィギュアスケート選手、ネイサン・チェンが冬季オリンピックで歴史をつくろうとしている。世界で初めて5種類の4回転ジャンプ(サルコウ、ループ、トウループ、フリップ、ルッツ)を成功させたチェンは、平昌では1つのプログラム内で5種類をすべて飛ぶという力技に挑むのだ。2017年には弱冠17歳にして1回の演技で4回転ジャンプを5回飛んでおり、今回の挑戦が成功すれば、また世界初の偉業を成し遂げることになる。

2002年に行われたソルトレークシティ大会のフィギュアスケート銅メダリストであるティモシー・ゲーブルは、「現段階での極限に達しています」と語る。ゲーブルは1998年、国際スケート連盟(ISU)公式戦で世界初の4回転ジャンプを成功させた。かつての「クアッドキング(4回転の王)」は、4回転ジャンプがほぼ不可能な技から、世界最高峰で戦う男性スケーターにとっては当たり前のものへと変わっていく過程を目にしてきた。そしてこの動きは、チェンの出現によりクライマックスに達したのだ。ゲーブルは「これからしばらくは彼が基準になるでしょう」と言う。

「これからしばらく」というのは、いつかこれよりすごい空中技が出てくるということだ。ゲーブルは数年前までは、5回転ジャンプなど想像もできなかったと話す。しかしいまでは、5回転の実現は単に時間の問題なのではないかと思えるという。

鍵を握るのは「回転速度」

それでもいつ成功するかを具体的に予想するのは難しいし、その方法を示すのはさらに困難だ。デラウェア大学でキネシオロジーを研究するジェームス・リチャーズは、「5回転ジャンプが可能だとは思えません」と話す。リチャーズはフィギュアスケートジャンプの力学の専門家でもあり、ハイスピードカメラとモーションキャプチャ装置を使って世界最高のフィギュアスケーターたちのジャンプを解剖学的に分析し、滞空時間や回転速度といった生理学上の限界を探ってきた。

フィギュアのジャンプはそれほど高くはなく、4回転を飛ぶ男性スケーターでも18インチ(45.72cm)を超えることはほとんどない(これに比べて、NBA選手の多くは直立姿勢で30インチを超えるジャンプができる)。理由はスケート靴が重いということもあるが、フィギュアスケーターは回転に使うエネルギーとジャンプのエネルギーのバランスを取っているからだ。フィギュアのジャンプでは、わずか3分の2秒という滞空時間内に回転を終えなければならない。

4回転ジャンプの成功には平均して約340rpm(回転/分)の速度が必要とされるが、ピーク時の回転速度はこれより80〜100rpm程度高い。ジャンプして空中に浮いた瞬間から、腕を体に巻き付け脚を閉じることで体重を回転軸に近づけ、慣性モーメント(「回転しにくさ」のことだ)をできるだけ減らす。スケーターの角運動量は同じなので、速度は400rpmを超えるところまで上昇する(ちなみに一般的な調理用ミキサーの回転速度は、一番速い設定で255rpmだ)。

しかし、空中で5回転するには回転速度をさらに上げる必要があり、リチャーズはこれは不可能だと考えている。「4回転ジャンプでは腕は体のほぼ正面に来ていますが、これは選手が回転速度を最大に引き出せる姿勢です。つまり、回転速度を上げるためにこれ以上できることはありません」

リチャーズは4回転ジャンプの平均回転速度は約400rpmで、ピーク時では500rpmに近い速度が必要だと指摘する。「わたしたちの実験では430~440rpmが最高です。したがって、少なくとも何らかの補助がなければ、近い将来に5回転ジャンプが実現するとは思えません」。なお『ニューヨーク・タイムズ』によると、チェンの回転速度は440rpmにわずかに及ばない程度だという。

「補助」なしでも5回転は可能か?

ここでいう「補助」とは何が考えられるのだろう。例えば、スラップスケートのようにブレードが靴本体に完全に固定されていないスケート靴を使えば、より自由な動きができ、力強い踏み切りが可能になる。

おもりの入った手袋で回転速度を上げることも考えられる。踏み切りで腕を広げて回転軸から離れた位置に重さを加え、飛んだ瞬間に腕を体の正面で折り曲げれば、通常より速い回転速度が得られる。

ブリガムヤング大学のバイオメカニクスの研究者サラ・リッジは、「おもりを利用したうえで、ジャンプしたあとで腕をおもりがないときと同じ状態まで回転軸に近づけることができれば、回転速度は上がるはずです」と話す。あくまで理論上の話だが、リッジがウェイト入りの手袋が回転速度に及ぼす影響を調べたところ、わずか6オンス(170グラム)の手袋をしただけで、被験者は最初の数回のジャンプでは過回転する傾向があったという。

つまり、重さを加えることで回転速度を上げる効果があったのだ。しかしアスリートたちはすぐに重さに順応し、何回か試したあとでは通常の回転速度に戻った。

ゲーブルはリチャーズの意見には反対で、5回転ジャンプは補助なしでも可能だと考えている。それどころか、難易度が高くチェンですら飛んだことのない4回転アクセルより、先に実現する可能性もあると話す。

アクセルジャンプは前向きに飛ぶため、回転するうえで非常に重要となる安定性を与えてくれるトウピック(ブレードの先のギザギザ)ではなくエッジからジャンプすることになる。ゲーブルは「トウピックが氷にきちんと入り込むと安定して飛べます。しかしアクセルでは、早く踏み切り過ぎたり、姿勢が前や横に崩れたりすると、ブレードの正しい場所を使ってジャンプできません。こうなると垂直ではなく水平に回転し、悲惨な結果に終わってしまいます」と説明する。

ゲーブル自身もトリプルアクセルより前に4回転ジャンプに成功した。だから、誰かが4回転アクセルの前に5回転を飛ぶだろうと考えている。現役のフィギュアスケーターでは難しいし、次の世代でも無理かもしれない。しかし、次の次の大会ならどうだろう?

ゲーブルは言う。「6〜7年後の公式戦で、世界最高峰の選手が5回転に挑むのを見ても驚きはしないでしょうね」

VIDEO COURTESY OF WIRED US(PCでは右下の「CC」ボタンで字幕の切り替えが可能)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る