ボストン・ダイナミクスの“ロボット犬”、その動画の続編から見えてきた「新たな事実」

evildog-f5007b5b3da8efc06278e73c56cbb02eafcc784c

ボストン・ダイナミクスの四足歩行するロボット「SpotMini」が、5本目の“腕”でドアを開ける動画の続編が公開された。人間による妨害を振り払ってドアを開けようとするロボットの動きからは、実はSpotMiniの能力や同社のロボット戦略の一端が見えてくる。判明した新たな事実とは。

TEXT BY MATT SIMON
EDITED BY CHIHIRO OKA

WIRED(US)

evildog

PHOTOGRAPH COURTESY OF BOSTON DYNAMICS

ボストン・ダイナミクスの四足歩行するロボット「SpotMini」の動画[日本語版記事]を覚えているだろうか? 犬のようなロボットが仲間のためにドアを開けるという、2月12日に公開されたあの動画だ。

このほど公開された“続編”(下記に動画を紹介)では、ホッケーのスティックを持った人間がありとあらゆる手段を使ってロボット犬の邪魔をする。人間はドアを押さえたり、SpotMiniを後ろから引っ張ったりと、やりたい放題だ。それでも最終的には、ロボットが“勝利”を収めている。

細かなことだが印象的なのは、すべてが自動で行われているという点である。少なくとも動画のコメントを読む限りでは、そうらしい。秘密主義で知られるボストン・ダイナミクスが、ほんの数行とはいえ解説を載せているだけで大したことだろう。

「自らの判断」で抵抗していたロボット犬

そのコメントによると、ロボットは人間の操縦でドアの前までやって来る。そこで「ドアを開けろ」というコマンドを与えられ、それ以降は完全に自律して動いているのだ。

あとはご覧の通りで、人間がドアを押さえて開かないようにすると、SpotMiniは身構える。人間がMiniのお尻についた紐を強く引っ張って引き戻そうとすると、もがいて自由になろうとしていた。こうした動きはすべて、アルゴリズムに基づいたロボット自らの判断である。

このロボットは極端な負荷が加わっても、それに対処しながら与えられた任務を比較的正確にこなすことができる。「ロバスト性をテスト」という動画のタイトルが示すように、環境の変化といった外部からの影響に対する強さをボストン・ダイナミクスは調べている。

これはすなわち、ロボットが人間のひどい仕打ちに耐える力のことだ。ロボットがぶざまな失敗をしでかさないようにするだけでも大変なのだから、邪魔者を撃退し、何ごともなかったかのように仕事に戻るのは至難の業だろう。

この動画でSpotMiniは、本当に自分だけで動いているのだろうか。誰かが離れたところからコントローラーで操作している可能性だって皆無ではない。ロボットは人間の手を借りずに勝手にこれだけ動けるものなのだろうか?

建設機械の自動運転技術を手掛けるビルト・ロボティクスの創業者でCEOのノア・レディ=キャンベルは、「おそらくそうだと思います。遠隔操作でロボットをあんなふうに動かすのは容易ではないからです」と話す。「間違いなく、非常に素晴らしい技術です」

「計画を立てる」能力は限定的

それでもまだ信じられないという人には、SpotMiniの自律機能はおそらくかなり限られていると指摘しておこう。機械の反復作業(ドアを開けるといったこと)を行う能力がますます改良されていく一方で、計画を立てる(ロボットをドアまで連れて行く)といった“人間らしい”ことは、まだ人間のほうが上手だ。

人間と協力するロボットは、すでに多く実用化されている。例えば、警備ロボットは人間の警備員の目や耳となって働いているし、ホテルや病院で食事を配る給仕ロボットもいる。

ただどちらの場合も、人間がいなければシステムは機能しない。ロボットはまだ、自分だけで動けるようにはなっていないのだ。ロボットに問題が生じた場合に人間のオペレーターが対応してくれるコールセンターが増えているのも、こうした理由による。

ではSpotMiniは、ドアを開けたり引っ張られても倒れないようにしたりする以外には、どんな能力をもっているのだろう。例えば、自分がいる建物から出て、別のビルにある特定の部屋を見つけたりできるだろうか?

「それは無理だと思います」とレディ=キャンベルは言う。「階段を上ったり、いろいろな形のドアを開けたりといった、あらゆる種類のハードルがあります。おそらくは故障してしまうのではないでしょうか」

市場投入の準備が進行中?

ただ、ホッケーのスティックを使ったいじめには対処できているようだ。ボストン・ダイナミクスは2016年、ヒト型ロボット(ヒューマノイド)の「Atlas(アトラス)」を人間がホッケーのスティックで突きまわす動画[日本語版記事]を公開したが、これを不快に感じた人もいた。

人間は「ひどい奴だ」と言われる一方で、かわいそうなロボットは勤勉だと賞賛された。同社は今回、動画のコメントの最後に以下のような注意書きを付けている。「注:この試験でロボットを刺激したり傷つけたりすることは行なっていません」

SpotMiniが今後、どのような目的で使われるのかは不明である。だが、ボストン・ダイナミクスが過去に、戦場での荷運び目的で4本脚ロボット「BigDog」を開発[日本語版記事]したことは覚えておくべきだろう(ただし、海兵隊は動作音がうるさ過ぎるとして採用を見送った)。

同社がこういった動画を短期間に続けて公開することは稀だし、コメントに書かれているような大量の情報を提供するというのはさらに珍しい。すでに市場投入の準備ができているということなのだろうか?

いずれにしろ、そのうち明らかになるだろう。だがロボットが自宅に侵入してくる事態を想像して震え上がる前に、機械は人類を助けるために存在することを忘れないでほしい。たとえ人間からホッケーのスティックで突かれても、である。それでも念のために、ドアは開けておいてあげたらどうだろう。

関連記事:ボストン・ダイナミクスとソフトバンクが目指す「未来」

これまでにボストン・ダイナミクスは、実用性を意識した軍用ロボットから実験的で奇妙なロボットまで、数々のロボットを生み出してきた。ソフトバンクが買収することで合意している同社は、今後どのような発展を目指すのか。これまでのロボットの動画とともに考察した。>>記事全文を読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る