平昌五輪の新種目「ビッグエア」を支える美しき巨大建造物──迫力のジャンプの舞台ができるまで

aflo_71771363-c2c919ac985ca0e972e6704d2114259a69fe305d

平昌冬季オリンピックで初めて、スノーボードの新種目として採用されたビッグエア。ダイナミックな技の共演に目を奪われるが、全長150m近くに及ぶコースがどのようにつくられるかは謎に包まれている。華やかな舞台を支える巨大建造物が完成するまでのプロセスを振り返った。

TEXT BY ROBBIE GONZALEZ
EDITED BY CHIHIRO OKA

WIRED(US)

jumping ramp

韓国・平昌のアルペンシア・スキージャンプセンターに設置されたビッグエアのスロープ。PHOTO: AFLO

スノーボードのビッグエアが、平昌冬季オリンピックから正式種目として採用された。公式ルールで定められた傾斜角のキッカー(ジャンプ台)は自然界には存在しない。つまり、人の手でつくり上げなければならないのだ。

世界各地では年間10回前後、国際大会が開催される。そのたびに、完璧に組織された設営チームがスポーツスタジアムから駐車場まで、さまざまな会場で作業を行う。

その顔ぶれはエンジニアや氷の供給業者、人工雪をつくる人たち、クレーンのオペレーター、設備作業員、構造デザイナーなど、実に多彩だ。選手たちは平昌につくられた過去最大級のキッカーから、力強いジャンプを決めてくれることだろう。

マサチューセッツ州オーバーンに拠点を置く大型装置の設営会社ConsultantZeeの代表者マイケル・ゾレナは、「クレイジーなプロジェクトです。本当に、この仕事が大好きなんです」と話す。

ゾレナはこれまで、世界中で数々の巨大建造物の設営に携わってきた。ニューヨークで開かれたアイ・ウェイウェイ(艾未未)の展覧会では、巨大なパブリックアート作品(金属ワイヤーが使われており、総重量は9tだ)を、ドバイでは球体プロジェクションシアターを手がけた。

コースは会場ごとにオーダーメイド

今回の平昌五輪プロジェクトは特に楽しかったという。ビッグエアのキッカーは初めてではない。2016年にはメジャーリーグのボストン・レッドソックスの本拠地であるフェンウェイパークで行われた大会で、17年にはロサンゼルスで行われたプロボーダーのショーン・ホワイト主催のフェスティヴァルで、それぞれジャンプ台を設営した。

ビッグエアのコースはたいてい仮設で、大会ごとに会場に合わせてオーダーメイドで用意する。このため細部は少しずつ異なるが、基本構造は同じだ。

構造上、最も高い位置にあるのは150フィート(約45.72m)前後のところにあるスタート地点で、選手が順番を待つデッキが設けられている。ここからジャンプの踏み切り台に当たるキックまで「アプローチバーン」と呼ばれる助走部分が続く。傾斜角は38〜39度ほどで、滑走スピードは時速35〜40マイル(約56〜72km)まで加速する。選手たちはその速度でキックを飛び出し、空中に放り出されるわけだ。

その先には着地のための「ランディングバーン」があり、アプローチと同じくらいの傾斜のスロープになっている。ここは非常に重要な部分だ。ジャンプした選手の推力を下向きから前向きのものに変え、ビルの上から飛び降りるのに等しい衝撃から守る。

ランディングの中央はキックの先から70フィート(約21m)ほど離れたところにある。選手が飛びすぎたり、逆に飛距離が出なかった場合でも、急斜面に着地してしまう危険を最小限に抑える設計になっている。

最後は「フラット」と呼ばれるエリアだ。着地ラインから85フィート(約26m)にわたって緩やかな傾斜が続く。スタートデッキからフラットの終わりまで、コースの全長は400〜500フィート(約122〜152m)にも及ぶ。

その場限りだから美しい、巨大な「組み立て式おもちゃ」

安全面にも留意しながら設営を行うのは非常に難しい。キッカーは雪と金属、木材で構成され、自然の地形がうまく適合するようであれば、それも利用する。平昌の場合、ランディングバーンはスタジアムの席の一部に雪を重ねてつくられた。

ビッグエアの舞台装置は、1回しか使われないという性質ゆえに、工業的な美しさを生み出している。急傾斜のアプローチは好例だ。空に向かってそびえ立つスチールの骨格に支えられている。骨組みとつなぎ目は、数万本の金属の竿と留め具、クランプでできている。

ステージセットや競技場といった巨大建造物の設計士であるジェレミー・トムは、「本質的には巨大な組み立て式のおもちゃです」と話す。フェンウェイパークとロサンゼルスのキッカーも、トムがデザインした。

使われた部材の数はそれぞれ25,823個と22,693個に上る。CADファイルには一つひとつの部材の情報がすべて書き込まれていた。トムは「部材は1つずつ組み立てていきます。つまり手づくりです。英ロンドンのサヴィル・ロウに立ち並ぶ高級紳士服店のスーツのように、完全なオーダーメードなのです」と言う。

建設現場ではたいてい作業員がラインをつくり、資材を手渡しながら足場を組み立ててゆく。だが、高さ150フィートもの巨大な足場がある現場は存在しない。下で構成要素となるユニットをひとつずつ組み立て、できたものからクレーンで釣り上げて、上でつなぎ合わせる。フォーバイフォー(4×4、単位はインチ、89mm角)の木材で補強してから、最後に全体を合板で覆えば完成だ。

big air ramp

big air ramp

平昌の競技場に建設された、雪で覆われる前のビッグエアのアプローチ。手前のスタジアムの客席にも雪を降らせ、ランディングバーンをつくる。PHOTO: CAMERON SPENCER/GETTY IMAGES

こうして、表面が平らとは言い難いが、急勾配のスロープが出現する。ゾレナが「面取りした斜面」と呼ぶものだ。ここから滑らかな斜面をつくり上げるには、大量の雪が必要になる。水分の含有量が少ないパウダースノーの重さは、1平方フィート(約9.29平方センチメートル)当たりわずか3ポンド(約1.36kg)だが、湿った重たい雪だと20ポンド(約9.07kg)以上になる。

人工雪の原料となる氷の量は、設営地の天候によって大きく異なる。17年のロサンゼルスのフェスティヴァルは3月だったため、ニューイングランド特有の寒さのなかで行われた16年冬のフェンウェイパークの大会よりは、かなり多くの氷を必要とした。

ちなみに、フェンウェイでは季節外れに暖かい場合に備え、800tの氷を用意するつもりだった。だが、気温が氷点下まで下がるという天気予報が出て、注文する氷の量は当初の予定の半分になった。

骨組みを覆う雪の深さは通常、18インチ(約46㎝)を超えることはない。それ以上になると、雪の重みで基礎構造が壊れる恐れがある。さらに、「雪が多すぎると解体するとき、悪夢のように大変になります」とゾレナは説明する。

降雪作業の前に、まずは砕いた氷を敷き詰める。そのあと、上にパウダースノーを吹きかける。降雪機はスタート地点に1台、フラットの最後に1台を設置し、両方から雪を噴射してゆく。

最後の仕上げとして、雪の表面をならす。一部を専用車で行う以外は、ほとんどが手作業だ。米スキー・スノーボード協会のシニア・ディレクターであるエリック・ウェブスターは、いくつものビッグエアのキッカー設営に関わってきた。「かなりの人手が必要で、しかもあまり魅力的ではない仕事です。基本的にはシャベルとスノーシェーパーで行います」と話す。

平昌でビッグエアの予選が始まる1週間前、コース上ではドイツのSchneestern製スノーシェーパーを手にした人々が黙々と作業をしていた。それでも専門家たちは取材に対し、一様に「苦労の価値はある」と断言する。

平昌のスタートデッキは地上160フィート(約49m)の高さにある。これはフェンウェイパークのキッカーより10フィート(約3m)高いし、アプローチの傾斜も1~2度ほど勾配がきつい。このキッカーからこれまで見たこともないようなジャンプが生まれていることだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る