「鑑賞する時間」がデザインされた、時の彫刻とクルマのコラボレーション:「時をデザインする」MATトークレポート

180215_mat_0440-1024x683-4d3e37057db4e5c9d90fe723049e76d10be22f51

2月9日から25日まで開催されたテクノロジーアートの祭典「Media Ambition Tokyo」。六本木ヒルズ森タワー52階東京シティビュー内の真っ暗な部屋の中に鎮座していたのは、『ENERGY #02 [with LEXUS LC]』。アーティスト・後藤映則とレクサスのコラボレーションによる作品は、暗闇に目が慣れるにつれて全貌が明らかになり、さらにしばらく見ているとその仕組みに気づく。目に見えるものだけでなく「時」も味わうことが鍵となったトークイヴェントをレポートする。

TEXT BY AYUMI YAGI

空間クリエイティブカンパニーJTQ代表でMedia Ambition Tokyo実行委員会の谷川じゅんじがトークイヴェントの進行を務めた。PHOTOGRAPH BY YAMAGUCHI KENICHI JAMANDFIX

谷川じゅんじ(以下、谷川):「Media Ambition Tokyo」は美しいテクノロジーを都市実装するショーケースということで、いまから6年前にスタートしました。レクサスさんとは2014年からご一緒しており、今年は後藤さんとコラボレーションしました。

後藤映則(以下、後藤):ぼくの『toki-』という代表作品ですが、人間の歩行データや動物の動きのデータを二次元から三次元に展開し、ドーナツ状につなぐと、時間の彫刻ができるのです。時はその瞬間や刹那、または永遠であり、それをいろんな形で切り取るということをやっています。

最初につくった作品が歩く動きを表現したものなんですけれども、プロセス的には二次元の運動を三次元に立ち上げ、時間を一周させます。ゾートロープという形式を参考にしていて、これをCGで取り込んでモーフィングでつなぎます。それをメッシュ状にしているのですが、ここに「時間」が入っています。

なぜこれをつくったかというと、ぼくは「動くもの」が気になっていたんです。動くものに引かれるのはなぜかとよく考えてみると、時間が鍵でした。映像編集の際、タイムラインというものがある。このタイムラインを動かすと映像ができる。ということは、時間を実体化できないかと考えました。

これはマイブリッジの連続写真なんですが、1と2があって、この間に見えない時間がある。これをつないであげれば時間が見えるという仮説を立て、モーフィングでつないだのが『toki-』です。いろいろなパターンをつくっていますが、今回レクサスさんとコラボレーションさせていただいた『ENERGY #02』は、これまでくるくる回していた三次元をもっと自由に表現したくて、空中に配置しそれに光を当てると人が出てくる見せ方をしています。

クルマに直接ライトを当てるよりも、暗闇のなかに光の線が入ったときに輪郭が浮かびあがるほうが綺麗なボディラインを見せられると思い、部屋は極力暗くしました。最初は真っ暗なんですが、空間を歩いていくと目が慣れてきて全体が見える。あと今回の「時に関するデザイン」を共鳴させ、新しい創造性を探ろうということを心がけていました。

後藤映則|AKINORI GOTO|1984年岐阜県生まれ。アーティスト、デザイナー。武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。先端のテクノロジーと古くから存在する手法やメディアを組み合わせて、目に見えない繋がりや関係性をとらえた作品を展開中。国内外で展示多数。PHOTOGRAPH BY YAMAGUCHI KENICHI JAMANDFIX

谷川:ありがとうございます。次は澤さん、2014年からずっとご一緒していただいています。

澤良宏(以下、澤):レクサスは1989年に米国で誕生したラグジュアリーライフスタイルブランドです。わたしは実はデザイナーとして会社に入りまして、その後チーフエンジニアとして開発に携わってきたため、デザイン面でもいろいろとかかわりをもっています。いま、お客様の価値が体験型重視に変わってきています。以前はモノを消費する、モノを所有することに喜びを感じていたんですけれど、衣食住のあとに来たのが体験=時間です。時間が大変重要だということを、わたしたちも思っています。

レクサスはラグジュアリーライフスタイルブランドということで、ただクルマを提供するだけではなく、さまざまなライフスタイルイヴェントをやっております。ラグジュアリーな時間とは、豊かな時間を過ごすことだと思うんですね。

谷川:今回の展示ですが、 普通はクルマを飾るときってきっちりライティングしてクルマをしっかり見せるように整えることが多いなかで、『ENERGY #02』はクルマに光を直接的に当てずに反射で見せるやり方を選択しました。澤さんはどんな感想をもたれましたか。

:入ったときには真っ暗で上にある作品がまず目に入る。じいっとゆっくり見ていると、目が慣れて下にクルマがあることがわかって、さらに目が慣れてくるとクルマの輪郭が見え、空間が明るくなったり暗くなったりする。それも時間だと思うんです。ゆっくり歩かれた方は作者の意図、時間がわれわれに与える影響を感じられて、大変面白かったと思います。

後藤:昼間だと目が明るい空間に慣れているので、いきなりあのなかに入るとほとんど何も見えません。真っ暗でまだ目が慣れていない状況で入り、なんだろうと思ってだんだん進んでいくと光の人がいることに気づき、横に回り込んだときに光の人の正体はただの線という構造を理解する。そうすると、下にあるクルマの輪郭がはっきり見えてきて、ちょうどその反射が一番いいところで全体の作品構成が見られる。ある意味ストーリーを立てて今回の空間を構成しています。

:日本は儚さなどの言葉がいっぱいありますけれども、儚さを表現するというのはどういうことなのか。クルマで表現するのは難しいんですが、それでも移ろいを表現するにはどうしたらいいのか、人の所作はどうだといった観点に、わたしたちもピュアに向き合っています。今回展示に使用したLCは面の曲線にこだわっており、そのあたりを表現してくれていたのは嬉しかったです。

澤良宏|YOSHIHIRO SAWA|LEXUS INTERNATIONAL President。京都工芸繊維大学意匠工芸学科卒業。1980年入社。米国駐在、内外装デザインを経て、異色のデザイナー出身チーフエンジニアとして、プジョー・シトロエンと共同生産を行う欧州戦略車アイゴの開発を担当し、2013年には常務理事に就任。2017年4月より現職。PHOTOGRAPH BY YAMAGUCHI KENICHI JAMANDFIX

偶然が生んだ無彩色の空間

谷川:後藤さんはこの作品をどこからひも解きましたか?

後藤:もともと「動くって何だ」から始まり、ちょっと視点を代えて「動きを生み出しているものって何だ」と考えて思い至ったのが「時間」でした。じゃあ時間というものをもっと見えるようにしてあげれば、動きの本質が見えてくるんじゃないかと。いまは生命に興味があって、時間=生命と考えることもあります。

谷川:初めて観たときに、ある種の刹那を感じたんです。輪廻転生とか、いつかは死を迎えるという儚い感じなんだけど、ある瞬間は確実にそこに存在しているような。1本の光が当たるときに儚さを感じますよね。特に今度の作品はバレエダンサーの動きが入っていて、そこが消えるところは人が踊っている動きが最後に消える。ところが光がでてくると逆にエネルギッシュになり、光の対比が面白い。

あとは、無彩色の実空間ってものすごく新鮮だったんです。本来は実空間って、色があるじゃないですか。空間に最初はいると、本当に色がなくなるんですよ、全部が無彩色になる。それが、目が慣れていくと色が見えてくるんですよね。その中に入っているお客さんの洋服の色とかも見えるようになってきて、全部の情報が自分のなかで収縮していく瞬間と同時に、光の筋とかリングとか形状が変わってきて。これは演出なのか、それとも意図せずにこうなったのでしょうか?

後藤:それは両方ですね。意図する部分もあるんですけど、ぼくはデザイナーでもあるので、その目線だと結構限定されてしまって、想像の範囲内を超えられずに面白くないなと思ってしまうので。ある程度はやるんだけど、あとは現場での偶然性を重要視しています。

谷川:では最後に、今後の活動や抱負について教えてください。

後藤:作品を巨大化したいと思っています。作品のなかにスポーツの世界新記録などを入れられるため、オリンピックと相性がいいなとも思っています。あとは太陽光を利用した作品もやってみたいですね。

:できるだけ早いタイミングで、日本にもいいラグジュアリーブランドがあるじゃないかと世界中の方に言ってもらえるように頑張りたいと思います。そのためにも時間はかかるんですけども、若いクリエイターとともに新しい価値をブランドに呼び込んでいきたいですし、豊かな体験、時間というものを、クルマを軸に提供できるブランドになっていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る