ファッションにとって、テクノロジーは「救世主」だ(あなたが適応するならば):「超ファッションテック進化論」MATトークレポート

180220_mat_1142-1024x683-3a5a09b2b89938c72505ef08386c453ccb3f7504

2月9日〜25日に開催されたテクノロジーアートの祭典「Media Ambition Tokyo」では、今年も展示のみならず数多くのトークセッションが開催された。2月20日に行われたセッションは、題して「超ファッションテック進化論」。果たしてテックはファッションに革新をもたらす「救世主」なのか? それとも産業を破壊する「テロ」なのか?

TEXT BY SHUNTA ISHIGAMI

トークに参加した4人。左から、オルガ、天津憂、泉栄一、平松有吾。PHOTOGRAPH BY YAMAGUCHI KENICHI JAMANDFIX

3Dプリントによるアクセサリーや、スマホを操作できるウェアラブルジャケット、はたまた人工知能(AI)によるコーディネート提案など、近年ファッション産業に次々と新たなテクノロジーがもちこまれている。こうしたテクノロジーがファッションに新たな可能性をもたらしたのは確かだが、一方では従来の服づくりや洋服販売のあり方も変化を余儀なくされている。

2月20日に行われたMATトーク「超ファッションテック進化論」では、天津憂(HANAE MORI)と泉栄一(MINOTAUR)という気鋭のデザイナーに、平松有吾(渋谷パルコプロジェクト)と商業施設サイドのキーマンを加えたトークセッションが行われた。モデレーターを務めたのは、自身も3Dモデリングを駆使してデザインを行うオルガ。ファッション産業に携わる「当事者」たちは、テックをどうとらえているのだろうか?

オルガ 今日はファッションデザイナーがテクノロジーをどう扱うのかお聞きしつつ、それぞれの取り組みについて話していきたいと思います。まず、天津さんは3Dプリンティングの取り組みで内閣総理大臣賞を受賞されていましたよね。

天津憂(以下、天津) MAF展というコンペティションに出したものですね。このときはハナエモリのウェディングコレクションの発表だったのですが、そのときにAIを使った取り組みでは経済産業大臣賞をいただきました。ウェディングって一番のハレの日だと思うんです。そうすると最初からもっている憧れのイメージありきで試着される方が多いんですけど、そうではなくて、どういうものが似合うかをAIによって絞り出していきました。そうすると実際に日本人だとあまり着ないマーメイドラインだったりパンツスタイルを勧めたりすることもあって。

オルガ なるほど。急速に変わっていくテクノロジーをコレクションに取り入れようとしても、デザイナーが深くテクノロジーを理解するのって難しいじゃないですか。テクノロジーからインスパイアされたイメージを技術者に伝えるのって共通言語がないと思うんですが、クリエイションしていくうえで気をつけていることはありますか?

天津 ぼくは邪魔にならないというのがひとつかなと。テーマをデザインしていくことは変わらないので、そのテーマにテクノロジーを通すと助けになるときに使いたいなと。ファッションは半年に1回どんどん発表していくので、そのタイミングに合わせるのが一番難しいなとは思います。

オルガ そうですよね。つくり始めたころと発表するころが全然違ったり、テクノロジーが半年で急速に変わっちゃったりして。先見性をもつことも結構重要ですよね。

天津 ただ、あまり先見性を考えすぎても凝り固まっちゃいますからね。やれるかやれないかでまず進めていくことが多いです。

オルガ 天津さんはVR(仮想現実)にも取り組んでいらっしゃるので、みなさんぜひ調べてみてくださいね。じゃあ、次に泉さん。泉さんにはずっと「ヒーター」のことを聞きたかったんですよ。あれは最初からあったかくなる服をつくろうと思ってたくさんリサーチをされたんですか?

MAT-talk

MAT-talk

トークイヴェントはGINZA SIX内の蔦屋書店で行われた。PHOTOGRAPH BY YAMAGUCHI KENICHI JAMANDFIX

泉栄一(以下、泉) そうですね。知人にはアウトドアの方も多いですし、スポーツ界の方もいるので。すごいダウンでもずっと動かないでいると寒くなるなと思って、止まった状態に加えられる機能がヒーターだったんです。

オルガ ヒーターを操作するアプリもつくられてますよね。

 アプリは自社開発しようと努力したんですが難しくて。どうしてもファッションの人間からするとアプリのデザインや見え方にこだわりたくなってしまうんですが、そこで職人さんや技術者と折り合いがつかないこともありました。今後の自分の課題でもあるのかなと思いましたね。

オルガ なるほど。じゃあこういうふうにつくりたいってイメージを伝える感じなんですね。開発にはすごい時間とお金がかかったんじゃないですか?

 ぼくだけでは絶対できないですからね。専門の方たちや技術者とどう折り合いをつけないといけない。自分の気持ちを伝えて、お金や時間を考えたうえで「つくりたい」って情熱をもった人同士でしかできません。みんなすぐに結果を求めているというより、利益度外視でやって繫がりが生まれていく段階なのかなと思っています。

オルガ 泉さんはJAXA(宇宙航空研究開発機構)とのコラボレーションもたくさん行われてますよね。いろいろ詳しく聞きたい話はあるんですが、ちょっと時間の都合があるので……。次はパルコの平松さんです。ZOZOTOWNがWEARというアプリを出したときに、色々なメーカーが少し引いて見ているなかで、渋谷パルコさんが大々的に協力していてかっこいいと思ったんですよね。

ORGA

ORGA

モデレーターのオルガ。国内外アーティストのPVやライヴ衣装を制作するなどデザイナーとして活動するだけでなく、デジタルハリウッド大学やプリンストン大学など国内外で教鞭もとっている。PHOTOGRAPH BY YAMAGUCHI KENICHI JAMANDFIX

平松有吾(以下、平松) ECサーヴィスを取り上げるのは社内でも賛否両論あったのですが、やはりお客さんが洋服を知ってから買って使うまでの流れを考えると、そのなかで起きるコミュニケーションに加わっていかないとぼくらも広がっていかないなと思っていました。だから最近だと、より直接お客さんと繋がっていくために、売り場をオンラインのなかにつくっていくことなんかも考えています。ウェブ上にブランドの世界を表現するような空間をつくっていくことには力を入れていて、まずはアンリアレイジさんとの取り組みを展開しています。海外対応なども行いながらコミュニケーションの場を広げていくようなことを行っていますね。

オルガ パルコさんはVRにも取り組んでますし、本当にいろいろなことをやられてますよね。商業施設がVRを積極的に取り入れますよって声を上げて、実際にやられていることがすごい。売り上げへの貢献のようにすぐ結果を求めるのではなく、実験的な取り組みではあるけど、まずは先に進もうという意気込みを感じます。

平松 空間自体の制約はあるなかで、それをどれだけ広げていけるのか。リアルな売り場より、そこに込められている情報がお客さんの楽しみに繋がっているので、VRは逆に可能性があると思うんです。いまの段階から色々なことをするのは先行投資になる部分もあって、ここで起きていくことを次につなげていけたらと。

オルガ 歴史のある商業施設だと、過去の成功の方程式から抜け出せないこともあると思うんですけど、パルコさんはそういうのを取り払ってる感じがしますよね。だからパルコさんのことは応援してるんです(笑)。

天津憂

天津憂

ハナエモリのクリエイティヴディレクター、天津憂。MAF展では、3Dプリンティングを活用したヘッドドレスを制作したことも大きな話題を呼んだ。PHOTOGRAPH BY YAMAGUCHI KENICHI JAMANDFIX

「テロ」か「救世主」か

オルガ 今回「ファッションテックはテロか救世主」というタイトルをつけたんですが、わたしはZOZOSUITが発表されたときに、それがメーカーから出なければならないイノヴェイションだったんじゃないかと思ったんですね。ECサイトがファッションに対して及ぼしている影響の大きさを見て、メーカーはなにができるのかすごく考えました。そういう立場から、テックは「テロ」なのか「救世主」なのか考えなければならないと思ってるんです。ZOZOTOWNが大きなイノヴェイションを起こしていることを俯瞰で見たときに、自分はどう動くべきだと思いますか?

天津 立場によるとは思うんですが、デザイナーという立場から答えは出ないですよね。今回のタイトルを投げられたときにすごく考えたんですけど、救世主ではありつつも難しいジャンルだなと思って、答えを出しそこねています。

オルガ でも天津さんは色々なテクノロジーに挑戦する姿勢があって、人を巻き込むのもうまいですよね。だから、自らスキルを習得してそのスキルからアイデアを出すのではなく、こういうスタイルを提案したいんだという強い思いを放つタイプなのかなと思っていました。

天津 そうですね。ぼく自身が一からスキルを学ぶことはほぼゼロに等しいですし、人に頼ったり人を使ったりするかたちでしか表現できないですから、そういう意味では救世主なのかなと思います。

オルガ 天津さんが救世主としてテクノロジーと付き合う姿勢をもつってことでもあるのかもしれないですね。泉さんはいかがですか?

泉は自身のブランド「MINOTAUR」を通じて「未来のライフスタイルを牽引する」アイテムを提案するだけでなく、近年では企業のユニフォームデザインなども手がけている。PHOTOGRAPH BY YAMAGUCHI KENICHI JAMANDFIX

 ぼくは何でも受け入れるタイプで、自然の流れかなと思っているので、どちらでも大丈夫です(笑)。昔からあるものも、その昔はテロか救世主かみたいに受け取られたかもしれないですし。ぼくは常に楽しみたいと思ってます。どちらかといえば救世主かなと思うんですけど。

オルガ 泉さんは自分がテクノロジーのスキルを習得すべきだと思うときはありますか?

 いえ、よくある話ですが、いまから英語を覚えるよりも翻訳機を使うようなタイプなので。それだったら日本語の意味をちゃんと理解したほうがいいという考え方ですね。自分が技術を受け入れる気持ちはどんどん進化していくと思うんですけど、ぼくがスキルを身につけるというより、技術を自分なりに使わせていただく、技術がある人とシェアしていく感覚ですね。

オルガ 翻訳機を手に入れるっていうのはすごくいい表現ですね。わたし、その考えはありませんでした。恐らくデザイナーの立場からすると、新しい「絵の具」が増えたような感覚だと思うんです。表現の幅が広がるので、救世主という見方が強い。でも、商業施設とかは違う気がする。ZOZOTOWNさんとかの勢いが増しているなかで、平松さんはどういうふうにテクノロジーをとらえてますか?

パルコに勤める平松は、自主編集ショップ「ミツカルストア」の立上げ~ディレクション~商品開発、ブランド×パルコ越境ECプロジェクトなどを経て、2017年より渋谷パルコ建て替えプロジェクトに携わっている。PHOTOGRAPH BY YAMAGUCHI KENICHI JAMANDFIX

平松 お客さまやブランドさんの気持ちに制限はかけられないなと思いつつも、リアルとECの越えられない壁もあると感じています。ZOZOSUITもすごく怖いと思った反面、個人的にインフラはあくまでもインフラでしかないのかなとも思うんです。インフラが広がって新しいデザインがつくれるようになることはあっても、それによって普通の服がつくりにくくなることはないんじゃないのかなと。やっぱり洋服っていうのはソフトの価値がないと買っていかないんじゃないかと思っています。

天津 この話の流れでいうと、もともと洋服ってオーダーメイドから始まったと思うんです。ひとりの人のためにつくって、それを着るのが当たり前だった。いまは既成品が当たり前でオーダーメイドが減っていますが、テクノロジーが発達することでオーダーメイドへ戻ってきているんじゃないかと。

オルガ 天津さんが急にそっとマイクを手にとったので、言いたいことがあるんだなと思いました(笑)。わたし自身は、ある人にとってテクノロジーは「テロ」だと思ってます。それは成長を拒んだ人。成功の方程式を曲げないと、この流れのなかでテクノロジーには勝てないんです。逆に、成長の過程で適応を拒まなかったものにとっては救世主となる。そういう意味で、今日登壇してくださっている方々は、本当にいろいろ柔軟に考えて、デザインとテクノロジーを融合させて前に進もうとしてる人たちなんだなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る