ついに植物由来のプラスチックを使った「持続可能な」レゴが誕生──素材の完全代替に向けた挑戦の始まり

SustainableLegos-web-2-1-6862100819ae81128fb3b875a8075fd3b2999258

ついに植物由来のプラスチックを使ったレゴが誕生した。2015年に約165億円を投資し、石油に代わる「持続可能な新素材」を使ったブロックの研究開発を始めて以来、初めての成果だ。しかし、まだ全商品の2パーセントにすぎない。サステナブルな製品づくりへの道のりはかなり長いものになるが、その最初の一歩を踏み出したレゴの挑戦を追う。

TEXT BY BRIAN BARRETT
TRANSLATION BY ASUKA KAWANABE

WIRED (US)

レゴが発表した新しいパーツ。「葉」「茂み」「木」など25種類あり、すべてサトウキビ由来のポリエチレンでできている。PHOTOGRAPH COURTESY OF LEGO

レゴは2015年、「Sustainable Materials Center(持続可能な素材センター)」を設立し、同施設に1億5,500万ドル(約165億円)の投資を行った。ここでは100人以上の従業員が、30年までに完全にサステナブルな素材を使った製品を開発すべく働いている。

そして18年3月、レゴはその最初の成果を発表した。約25種類の新しいパーツは多くが植物の形をしており、サトウキビ由来のポリエチレンでできている。従来のような石油由来のプラスチックではない。

これは重要ではあるが、小さな一歩にすぎない。それは、ほかでもないレゴ自身がよくわかっている。

新素材でまかなえるのは2パーセント

レゴは18年末までに、ブロックの2パーセント弱を新しいポリエチレンでつくる予定だ。「茂み」や「木」といった植物のパーツだけでなく、「レゴシティ」シリーズに登場する「洗車ブラシ」や「街路清掃車のブラシ」、そして「ドラゴンの翼」を少なくとも1ペア、この素材でつくるという。

2パーセントとは少ないと感じるだろう。しかし、レゴが毎年750億個のブロックやパーツを販売していることを忘れてはならない。塵も積もれば山となる。

さて、ここで別の数字を紹介しよう。レゴが長期的なサステナビリティを維持するために、どのような取り組みをしているか、よりはっきりとわかる。

レゴは現在、20種類の素材を使い、3,700種類以上のブロックやパーツを製造している。その80パーセントに石油由来のABS樹脂が使われている。ポリエチレンがこのABS樹脂を代替できる望みはない。そもそもABS樹脂の代わりとなる素材があるのかも怪しいくらいなのだ

しかし、たくさんの異質なパーツを順番に積み上げて、解決策を生み出すのが得意な人たちがいる。もう誰のことかおわかりだろう。

耐久性がなく、飾りパーツにしか使えない

よいニュースからはじめよう。今回発表された「茂み」や「木」といった新しいブロックは、実は大きな成果だ。

レゴがサステナブルなポリエチレン、つまり石油ではなくサトウキビ由来のエタノールを原料とした素材を使うと決めるまでには2年かかった。素材の調達やテスト、そしておそらく何よりも大切な、大量生産の方法を探すのに時間を費やしたからだ。

こうした努力は、いまある石油由来のパーツを「改良」するためではなく、正確に「複製」するために行われている。レゴの環境責任部門でヴァイスプレジデントを務めるティム・ブルックスは、次のように話す。

「従来のパーツと新しいパーツの違いが決してわからないようにしなければなりません。これが年齢に関係なく、すべてのレゴファンが気にしていることだと思います。今回、われわれが新たに開発したレゴの耐久性や品質、安全性は、従来のレゴとまったく同じです」

これは比較的、達成しやすいゴールだった。レゴも認める。

植物由来のポリエチレンは、耐久性を求めるパーツに使われることはない。木やドラゴンの翼は、積み上げられたりしない。見た目よく立っているだけでいいのだ。「柔らかく、マットで、柔軟なパーツです。積み上げに必要な耐久性は必要としません」とブルックスは言う。

植物由来プラのもつ「知られざるメリット」

植物由来のポリエチレンを使うにあたり、もうひとつ別の「知られざるメリット」がある。それは、この素材の原料が「すでに存在している」ということだ。調査とコンサルティングを手がけるLux Researchでバイオ由来の素材や化学薬品を研究するギーハン・ヒューウェッジはこう言う。

「短期的に見れば、いま手に入る原料を使うというのはよい判断です。しかし、彼らが掲げる大々的な計画からはだいぶ離れたステップです」

製造工程の変更さえ簡単だったはずだという。素材のコストこそ高くなるが、ポリエチレンという素材は変更するのにほとんど手間がかからないのだ。

こうして素材20種類のうち1つは代替が完了した。残るは19種類だ。しかし、お察しの通り、ここから先はそう簡単には進まない。

全部品の代替と量産化への長い道のり

まず覚えておくべきは、レゴの部品の大半を代替できるバイオプラスチックはないということだ。少なくとも、現時点ではまだ存在しない。そして当然ながらこうした素材は、カチッとはまるブロックを年間何百億個というスケールで生産できるような状況にもない。

ABS樹脂は、レゴという企業の評価を支える重要な素材だ。植物由来のプラスチックは多く存在するが、ブロックの耐久性や耐変色性、強度、ブロック同士のはまり具合といった要素すべてにおいて、同じくらい高い評価を得られるであろう素材は存在しない。ブルックスは言う。

「ABS樹脂をあれこれいじり、完璧に仕上げるまでには50年かかりました。しかし、植物由来の素材やリサイクル可能な素材はまだその段階にありません。鋳造型のなかでの収縮具合をどうコントロールするのか、素材をどう加工するか、発色をどうするかといった課題をクリアしていないのです」

努力が足りないわけではない。ブルックスは、あるサステナブルなプラスチック(具体的な素材名は明かさなかった)でできた試作ブロックの写真を見せてくれた。写真では申し分ないように見えるが、実際は色ムラやほかのブロックとの結合力といった点で問題があるのだという。

企業秘密は製造工程に隠されている

一方、イタリアのBio-Onという企業は、ポリヒドロキシアルカン酸(PHA)というバイオプラスチックを使い、レゴの模倣品を製造している。Lux Researchのヒューウェッジは言う。

「見た目はレゴ、くっつきかたもレゴですが、長い目で見るとレゴのようには機能しません。そこが問題なのです。レゴと似た製品を少量つくることはできます。しかし、どんな製造方法をもってしても、レゴが素材に課している品質基準を達成することはできないのです」

より大きな可能性を秘めた代替素材は、ABLだろう。テネシー州のオークリッジ国立研究所が最近、開発した新素材だ。ABS樹脂と同じくアクリロニトリルとブタジエンを成分とし、石油由来のスチレンの代わりに植物由来のリグニンを使っている。

「改良したABLが解決策になるかもしれません」と、ABLの共同開発者であるアミット・ナスカーは話す。しかし、現時点ではABSの代替としては不完全なのだという。ABSほど硬くなく、伸縮性があるからだ。「あるいは、別の再生可能素材の使用も視野に入れるべきかもしれません。再生可能素材を研究している科学者は世界中にいます」

彼らが研究している素材のひとつが、レゴのニーズに合うかもしれない。そうなるためには、科学者たちはもっと研究に励み、レゴの現在の製造工程に合うポリエチレンを開発しなくてはならない。ブルックスは言う。

「ブロックをどうつくるか、あるいは機械をどう最適化するかといった製造工程は企業秘密です。素材が違えば性能も変わります。吸湿性のもの、疎水性のもの、粉末状のもの、粉末ではないもの、静電気を起こしやすいもの、起こしにくいもの、いろいろあります。それぞれ考慮すべき点がたくさんあるのです」

12年で19種類の素材の代替品を探すには

石油由来の素材でできている98パーセントのパーツを、サステナブルな素材へと置き換えるまでの期限を、レゴが自ら2030年と決めた。残された時間は12年しかない。

これは手強い挑戦だ。しかし、不可能ではない。レゴはどうすべきか、考えてみたい。

まず、あの植物由来のポリエチレンでできたパーツについて、おさらいをしよう。レゴにとってはコストが高く、ほかの製品ラインに応用できるものではない。とはいえ、何かを使って着手しなければならない(ちなみに、バイオポリエチレンは生産に多くのエネルギーを必要とする。これがどのくらいサステナブルなのかという別の問題は、とりあえず脇に置いておく)。

次に、残っている19種類のプラスチック素材の代替について検討しよう。ここで大事なのは、必ずしも1つの素材に対して1つの代替素材を探す必要はないということだ。ブルックスはこう予測する。

「最終的に19より多くなることもあり得ますし、少なくなることもあるでしょう。新しく見つけた素材がいま使っている複数の素材と同じ機能をもっている可能性もあります。その逆もしかりです。用途や形によって、複数の素材が必要になることもあるでしょう」

繰り返しになるが、こんな曖昧な話になるのは、レゴの求める条件に合う素材がまだ見つかっていないからだ。あったとしても、十分な量を生産できる状態にない。この状態から新しい素材を探し出し、大量生産にこぎつけるには、12年という期間では短すぎるかもしれない。

「いまから12年だと、研究所で少量なら、全種類のブロックを植物からつくることはできるでしょう。それをお店で売れるようにするとなると、かなり難しい話になります」と、ヒューウェッジは言う。

しかし、レゴはこんな難題をこなす必要はないかもしれない。リサイクルされたプラスチックもサステナブルな素材としてカウントしているからだ(「再生ABS樹脂」のことで、親から子へと受け継がれるレゴブロックのことではない)。

再生素材の利用には、また別の課題がある。特に、品質管理と色の復元が大きな問題となる。しかし、植物由来のポリマーを開発し、質の高い再生ABS樹脂を手に入れれば、それだけでもレゴは目標を達成できる可能性がある。

「再生素材を使ったブロックもあれば、植物由来の原料を使ったブロックもある──。こうした選択肢の広さを許容することが解決策になるのだと思います」とブルックスは言う。

ABLの共同開発者であるナスカーは、もっと楽観的だ。「目標が2030年なのであれば、必ず達成できるはずです。むしろ、研究しすぎていると思えるくらいです」と彼は言う。何もひらめくなというほうが無理な話なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る