国内のコグニティブ/AIシステム、2022年までの年間平均成長率は60.7%:IDCが予測

cropped-logo_data1-32x32-449622ca518e516c1682d44a0dd426466825a7ae

【概要】
■2017年 国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、274億7,600万円(ユーザー支出額ベース)。ソフトウェア/サービスの成長が著しい
■2018年以降はリスク検出/分析や自動顧客サービスなどの成長により、2017年~2022年の年間平均成長率は60.7%、2022年の市場規模は2,947億5,400万円と予測
■ベンダー/システムインテグレーターは、アプリケーションソフトウェアへのAIの組み込み、AIシステムの運用支援サービスの強化などが必要

IDC Japan株式会社は、国内コグニティブ/AI(人工知能)システム市場を調査し、2017年の同市場の分析と2018年~2022年の市場予測を発表した。

IDCでは、コグニティブ/AIシステム市場を、自然言語処理と言語解析を使用して質問に応答し、機械学習をベースとしたリコメンデーションとディレクションを提供することで、人間の意思決定を補助/拡張する技術として定義している。

同市場は、ハードウェア/ソフトウェア/サービスのITテクノロジーによる分類と、ビジネスでの利用方法(ユースケース)に即した分類方法で分析。この分類方法は、IDCの「Worldwide Semiannual Cognitive/Artificial Intelligence(AI) Systems Spending Guide」で主要なユースケースを抽出し、適用モデルを作成している。

IDCは上記のような市場分類にて、2017年の国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、ユーザー支出額ベースで274億7,600万円になったと推定。2017年は、企業による実証実験から実システムへの適用、およびソフトウェアへのAI機能の組み込みが進み、市場規模は2016年と比較してほぼ倍増したという。

IDCでは、2018年以降の同市場は、AIシステムの「パーベイシブ化(普及)」が進み、同市場は急速に拡大すると予測している。

また2018年以降の同市場は、金融などでのリスク検出/分析、サービス業などでの自動顧客サービスへのAI適用が進み、2017年~2022年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は60.7%で成長し、2022年には2,947億5,400万円の規模になると予測している。

「ITサプライヤーは、ユーザー企業におけるAIシステムの実ビジネス適用を進めるためのアプリケーションソフトウェアへのAI機能組み込み、適切な教師データ選択/作成支援などのサポート体制整備、およびユーザー企業がAIシステムを利用する際の運用支援の強化を行うべきである」とIDC Japan グループディレクターである眞鍋敬氏は分析している。

【関連リンク】
IDC Japan

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る