ABEJA、シリーズCラウンド総額約42億5,000万円の資金調達を完了

cropped-logo_data1-32x32-449622ca518e516c1682d44a0dd426466825a7ae

ディープラーニングを活用した AI の社会実装事業を展開する株式会社 ABEJA は、第三者割当増資を実施し、2018 年 6 月 29 日にシリーズ C ラウンド総額約 42 億 5,000 万円の資金調達を完了したと発表した。

今回の資金調達では、合計 9 社の既存株主および新規引受先より資金調達を実施。引受先の詳細は以下のとおりだ。

シリーズCラウンドの引受先

※引受先は会社名五十音順に記載

既存株主

• PNB-INSPiRE Ethical Fund 1 投資事業有限責任組合(株式会社インスパイア PNB パートナーズ運営)
• エヌビディア コーポレーション
• 株式会社産業革新機構

新規引受先

• SBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合(SBI インベストメント株式会社運営)
• ダイキン工業株式会社
• TBS イノベーション・パートナーズ 2 号投資事業組合(TBS グループ運営)
• 株式会社トプコン
• 日本郵政キャピタル株式会社
• 武蔵精密工業株式会社

ABEJAは、今回調達した資金の使途は主に次の3点だとしている。

1点目は、ASEAN および米国等の海外における各進出エリアにおいて「ABEJA Platform」上で世界レベルの分散環境を構築すべく、AI 運用システムの拠点を整備する資金として充当し、海外展開を加速させる。

また、同 AI 運用システムは、2018 年 5 月より適用開始となった「一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)」の対応も視野に入れ設計する予定だ。

2点目は、現在、小売・流通業界、製造業界、インフラストラクチャー業界に提供している業界特化型パッケージサービス「ABEJA Insight」の対象業界を拡充すべく開発費用に充当し、「ABEJA Platform」の顧客およびパートナーとともに「ABEJA Insight」の協創に取り組む。

3 点目は、さらなる成長に向け、組織体制の強化に資金を充当。具体的には、研究開発および研究開発に紐づく知的財産活動の強化、AI 特にディープラーニングの領域において専門知識を有する人材のさらなる獲得に取り組む。

【関連リンク】
アベジャ(ABEJA)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る