IoT近未来市場の華々しい予測~貴方はこれをどうビジネスにできる?

ed687d35797a0d8ed14a67862b0527df-623b9853a43660aa59c37e488c960cb292798a0c

IoT、モノのインターネットという概念は、ここ数年急激にクローズアップされるようになっている。最近ますます、IoTによって展開される世界の具体的な姿が徐々にわかりはじめてきており、多くの人がなんとなく想像していた以上に大きなビジネスになろうとしていることが明らかになってきている。主要な予測を5つほど見てもその規模感を理解することができる。

IoTの経済価値は総額で1兆9000億ドル規模に

IT調査会社のガートナーが数年前に試算した、2020年のIoT経済価値はおよそ1兆9000億ドルに上る。最近円高になっているドル円のレートで計算してみても、210兆円程度となるわけで、かなり大きな市場が10年たらずで一気に形成されることがわかる。
ちなみに日本のIT市場規模は2015年でほぼ14兆3000億円程度、国内通信サービス市場を加えたICT市場が25兆円程度であるから、IoT市場規模の5%が国内に顕在化したとしても非常に大きな市場が出現することになる。直近でこうした市場規模について発表しているデータがないのは残念なところだが、その経済規模はさらに大きくなっていることは間違いない。

インターネット接続機器数は500億台

シスコシステムズの試算によれば、2020年までには全世界でインターネットに接続できるデバイス数は500億台にのぼる。新興国でも一気にこうした利用が加速することになれば、そのデバイス数はこの試算数値よりもさらに短期間に増加することが予測されている。2020年、あと4年後の話だ。

世界のGDPは10~15兆ドル拡大

GEがの試算よると、IoTを軸にした産業インターネットビジネスの進展により、今後10兆ドルから15兆ドル規模で世界のGDPが拡大する可能性がある。これは米国におけるGDPのざっと2倍の規模であり、高齢化と人口減少でGDPの拡大が期待できない日本にも大きなチャンスをもたらすことになるといえるのだ。

自動運転車の年間販売台数は1200万台へ

ボストンコンサルティンググループがまとめた自動運転車市場は、2035年には全新車販売台数の約25%へと拡大し、部分自動運転車が15%、完全自動運転車10%の世界が出来上がることになる。自動運転機能だけの市場規模をとっても2035年には770億ドルが既存の自動車市場に上乗せされることとなり、世界的なインフラ整備が進むことになることから、IoTをいち早く牽引する市場になることが期待される。

またマッキンゼー・アンド・カンパニーの試算では、クルマにIoTのテクノロジーが展開されることにより交通事故の減少が顕著になり年間1千億ドル以上の損害が節約されると見込まれている。これは自動運転のIoT機器市場を上回る規模である点が注目される。

41兆ドルが各国主要都市でIoTに投資される

インテルが分析した数値によると今後20年間で主要国の各都市がIoTインフラ向けに投じる資金総額は、実に41兆ドルに達する見込みで、IoT投資の中ではこうしたインフラ整備がもっとも巨大な資金になるものであることが理解できる。これは民間企業ベースでの進展のみならず、国や地方公共団体が戦略的に取り組むべきインフラ投資であることがわかる。

このように5つのざっくりとしたIoT予測を並べてみただけでも、IoTマーケットの奥行きの深さが実に広いことが容易に理解できる。エコノミスト誌によれば世界のビジネスリーダーのうちなんと75%が、IoTが生み出す経済的な機会に大きな興味をもっており、ビジネスへの参入を模索しているという。
さて、このコラムを読まれている貴方は果たしてどうだろうか?誰のどのような視点でIoTを考えるかによってビジネスのレベルや規模、価値は大きく異なるものとなる。ポイントはいかにユーザー視点でビジネスモデルを考えるかに関わっている。コアテクノロジーを生み出す企業はもちろん先行者として注目されるが、これだけのインフラが社会に導入されたとき、最後に大きな利益を享受できるのはなんといってもサービスビジネスだ。クラウドコンピューティングがこうしたサービスビジネスを支えるコアエンジンになることも忘れてはならない。発想次第ではIoTの世界に今からでも参入できる莫大な利益機会に遭遇することができるかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る