野生動物保護の新たな技術、人工知能で密猟者を追い詰めろ!

3fc0979c90f139d95a55ccff32975f8f-f28e7e8aabc7fa19d4706f989043e29c3b7ed162

photo by weatherknow.com

  米・サウスカリフォルニア大学(USC)の科学者らが、密猟の世界的な増加に歯止めをかけるべく立ち上がった。人工知能)を活用した、これまでにない野生動物保護技術の開発を進めている。

 USC研究チームは人工知能を導入した野生動物保護および密猟者摘発のためのゲーム「グリーンセキュリティーゲームス(Green Security Games)」のプロトタイプを開発した。25日、米メディア「クリスチャン・サイエンス・モニター(christian science monitor)」などがその詳細を伝えている

 グリーンセキュリティーゲームスはアルゴリズムを活用して、密猟者の動きを予想・分析するソフトウェアだ。パトロール隊員側はその結果に基づき、密猟を防ぐための事前計画を立てることができる。

 このプロジェクトを支援している米国立科学財団(National Science Foundation=NSF)関係者は「国立公園をパトロールしている警備員がこれまで以上に確実な方法で密猟者の行動半径を予測することができ、野生動物をより安全に保護することができだろう」としている。

 USCに所属するコンピュータ科学者フェイ・ファン(Fei Fang)博士は、現在ほとんどの自然公園で、野生動物の保護システムが非常に脆弱な状況にあると指摘している。またその理由のひとつとして、密猟者たちがパトロール経路を把握しているという点を挙げる。

 ファン博士は、密猟を防止するためのより効果的なパトロールを行うために、USCコンピュータサイエンスシステムエンジニアリング学部のミリンド・タムベ(Milind Tambe)教授とともに人工知能を導入し、密猟者たちの出現を予測するソフトウェアを開発した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る