これからは記念撮影ではなく記念フィギュアの時代!?doobとは

2a49c75b00a6bf69403c6eaae54766e7-346f865a6574665035c6dfe48af839b0f498a44e

家族写真を年に1回撮ると決めていらっしゃる方、七五三や入学式・卒業式のタイミングで記念撮影をする方。様々な機会に、家族の成長の歴史を写真として保存する方は少なくありません。

1枚の写真に家族や親密な人たちとの思いを収めることもできますが、同じように気軽に、立体のフィギュアとして記録を残すことが可能な時代がやってきました。デュッセルドルフ生まれの3Dプリントサービス『doob』 をご紹介いたします。

360°に配置された54台の一眼カメラ

doobの撮影所に行くと、縦に6台、横に9台の一眼レフカメラが取り囲むように配置された部屋に案内されます。この部屋の中央部に立ち(あるいは寝転び)、ポーズを決めると、写真撮影が始まります。

360°にカメラが配置されているというと、歯科医院などでのレントゲン撮影のように被写体の周りをカメラが時間をかけて一周回る様子を想像するかもしれません。しかしdoobは54台のカメラが一斉にシャッターを切るという手法ですので、撮影は瞬時、わずか0.01秒で終了します。

被写体を様々なアングルから写真を撮り、コンピュータで処理を行ってデータを3D化し、3Dプリンターでフィギュア(もちろんカラー!)を作成するのが、doobの大まかな流れです。撮影は瞬時に終わりますが、データの3D化やフィギュア作成に少々時間がかかるため、フィギュア実物を受け取るのは2週間ほど後になります。

DOOB 3D Technology(リンク先 英文記事)

0.01秒だから赤ちゃんやペットの撮影にも最適

撮影時間が0.01秒と非常に短いので、じっとしていることが難しい赤ちゃんやペットも簡単に撮影・フィギュア化が可能です。最高にかわいい一瞬を残すことができますので、家族の記録としては最適ということができるのではないでしょうか。

また、立体にすることで、よりその人らしさが表現できることもdoobの魅力です。人の特徴は顔だけに現れるのではありません。写真では写りにくい姿勢や足・腰のカーブなども、立体フィギュアならしっかりと捉えることができますよね。

気になるお値段は・・・

精度の違いはあるものの、3Dプリンターにも数万円の家庭用の商品が登場してきていますので、お値段はそこまで高いものではありません。サンフランシスコ店では4インチ(10cmほど)の最小サイズが95ドル(2016年4月時点で約10400円)、人気の8インチサイズ(約20cm)が295ドル(約33300円)、14インチ(約35cm)の最大サイズは695ドル(約75800円)と設定されています。日本の一流写真館で撮影してもらうなら1枚のポートレートに2~5万円ほどしますので、比較的良心的と言えるのではないでしょうか。

日本でも渋谷に支店があります。4インチのものは税別9800円、8インチは29800円、最大サイズの14インチは66100円となっていますので、円安の分、本国より若干お値打ちな印象です。また、赤ちゃんやペット、リボンや眼鏡・カチューシャなどの小物、つばのある帽子やサーフボードを持っての撮影などにはそれぞれの料金プラン、オプション価格設定があります。

さらに広がるdoobの店舗

ドイツ・デュッセルドルフの本社を皮切りに、2014年には東京に『ドゥーブスリーディー株式会社』を設立したdoob。2016年4月時点では、ベルリン、ニューヨーク、ロサンゼルス、デトロイト、サンフランシスコ、シドニー、バルセロナにも支店を設立しています。

また、世界各国に支店を置くだけでなく、企業とのコラボレート活動も行っています。例えばユニクロとのコラボレーションでは、ニューヨークとパリ、ベルリン、サンフランシスコ、ロンドンのユニクロ顧客のセルフィーからフィギュアを作成するサービスを展開しています。2Dから3Dを生み出すdoob。記念撮影をするような感覚でフィギュアを作る時代の到来です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
ページ上部へ戻る