Apple、時計の次は指輪?リング型スマートデバイスの特許取得

092814113f94f26a13e2e165dbdf611a-1a8c30269b26656511aac17d0a6f9e5275472421

引用:http://techneedle.com/archives/22748

Apple is developing an electronic ring full of biosensors(FierceMedicalDevices)

アップルが米国特許庁へ「スマートリング関連の特許」を申請している。この特許は「Devices and Methods for a Ring Computing Device」という名称であり、スマートウォッチと似たウェアラブルデバイスであることが想像できる。特許内容を見てみると、脈拍や体温、汗の成分といった生体指標をリアルタイムで測定するセンサーが実装されるようだ。また、このスマートリングには小さなタッチスクリーンが存在するようだ。

このスクリーンから操作を行ったり、情報を表示したりする。スマートフォンのような外部デバイスと連動させ、データの送受信も行える。現時点では特許出願段階であり、実際の製品開発状況は未知数だが、アップルがウェアラブルデバイスを使ったヘルスケアサービスへ関心を持っていることは明らかだろう。

 

執筆者コメント
アップルのスマートリングは、本当に製品として開発されるのだろうか?リリース済みのアップルウォッチと比較してみると、機能性としては特に違いが無いばかりか、サイズや携帯性も似たようなもので製品化の望みは薄いようにも見える。アップルウォッチだけであっても生体指標の測定は技術的に十分可能なのだ。

しかし、医療機器に関する規制や製造過程での問題点のため、現状のアップルウォッチへは活動量計のような基本機能だけ搭載されているのみだ。アップルが次回のアップデートでスマートウォッチへ追加する機能を見てみれば、彼らがウェアラブルデバイスを使って何をやろうとしているのか、スマートリングが製品として開発されるのか、特許のみに留まるのか、分かることだろう。

 

【原文を読む】 techNeedle

一緒に読みたい記事

北米でエルメス版アップルウォッチが販売開始!オンライン販売は行わない?
Apple Watchで快適な旅行を実現!旅行に役立つトラベル系アプリ4選
2015年秋、Apple新製品発表会まとめ
「AppleWatch OS2」は配信延期・・・バグ修正対応のため

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る