三菱東京UFJ銀行が独自の仮想通貨を発行する狙いとは?

d998fba5e5bde764a944ae9992c4429d-18984b30064b3475e597d9a0572cad2c0e25dcf7

三菱東京UFJ銀行といえば、国内FinTechの中ではかなりエッジの利いた施策を行っている印象があります。
・Watson日本語版APIを最初に採用(FinTechに勝機を見出す銀行&金融業界!
・ハッカソン「Fintech Challenge」(MUFG × IBM Watson まずはLINE、次は何だ?|kabu.com Fintech-Lab カンファレンス レポート
・Fintechアクセラレータ・プログラム「MUFG Fintech アクセラレータ」
・三菱UFJキャピタルを通した大型投資 etc・・・
そして、来秋に独自の仮想通貨「MUFGコイン」の発行することを発表。前進あるのみ!といった感じで勇ましいです。といっても、「MUFGコイン」のどの当たりがFinTechとして革新的なのか、なかなかピンと来ないと思います。「SuicaやWAONといった電子マネーと同じ」、そんな印象を持っている人も多いでしょう。同社はどんな未来に向けて走っているのでしょうか。

スマホでも使えるMUFGコイン

三菱東京UFJ銀行が来秋に予定している独自の仮想通貨「MUFGコイン」。大手銀行が仮想通貨を一般向けに発行するのは、これが世界初の試みとなります。MUFGコインは、三菱東京UFJ銀行の口座にある預金を「1円=1コイン」として交換可能。SuicaやWAONといった電子マネーはユーザー間で交換することはできませんが、MUFGコインは送金・交換できるだけでなく、海外で外貨として引き出すこともでき、海外送金の手間とコストを大幅に削減できるのがメリットです。

また、MUFGコインはスマートフォンの専用アプリに取り込むことができ、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくてもコインを利用できます。スマホをかざして現金を引き出せる新型ATMの導入も予定しており、利用者の拡大を狙っています。

銀行側の狙いはブロックチェーンによるコストカット

MUFGコインはブロックチェーン技術によって開発されています。「FinTechで注目されるビットコイン(2)」で詳しく述べていますが、ブロックチェーンは情報の改ざんが不可能な仕組みになっています。それでいて、中央コンピューターや、それを守るための堅牢なセキュリティが不要。これが銀行にとってどれほど革命的なことか計り知れません。

これまで大手銀行の悩みの種が多額のシステム投資でした。大型のコンピューターを設置し、行内すべてのデータを集中管理。コンピューターを設置・管理するためのビルも必要ですし、自然災害の影響を考えたらバックアップのための大容量サーバも必要です。そして、何よりそれらに携わるスタッフたちの人件費は膨大なものに膨れ上がります。

また、経営統合をした際にはシステムを統一するため、さらなる投資が必要です。例えば、2012年、みずほフィナンシャルグループ(FG)はシステム開発のために2500億円もの資金を投入したといわれています。こんな状況だからこそ、ATM手数料はどうしても値上がりし、金利は雀の涙という状況になってしまうのです。三菱東京UFJ銀行では、ブロックチェーンを用いた仮想通貨によって、IT管理にかかるコストを大幅に削減しようと考えています。もし、この計画が成功したら、当然、他行もそれに倣うでしょう。そうなったとき、金融業界に「革命」が起きるかもしれません。これこそFinTechが期待されている理由のひとつなのです。

ユーザーのメリットは銀行が持つ“信用力”

では、ユーザーにとってMUFGコインのメリットは安さだけでしょうか。もうひとつ考えられるのは、大手銀行の“信用力”といえます。実はMUFGコインでできることは、すでにビットコインでできてしまいます。実際、海外ではビットコインを使って海外送金を行っているケースが増えています。

とはいえ、現状において日本人が抵抗なくビットコインを使えるとは思えません。いくら注目を集めているといっても、過去に大きな事件があったのは事実。「なんだか怪しい」というイメージは今なお強いでしょう。そこへ行くとMUFGコインには、銀行の信用が反映されています。銀行が十分な自己資本や業務遂行の体制を備えていると理解しているからこそ、「お金を預けても大丈夫」という安心感=信用があります。今のところ、日本人にはこちらの方がしっくりきます。

また、三菱東京UFJ銀行は「1円=1MUFGコイン」と交換レートを設定し、コインの価値を安定させます。これも変動することで投機性を持つビットコインと異なる点。これも日本人にとっては安心感を与えるでしょう。

以上、MUFGコインについて見てきましたが、これ以外にも三菱東京UFJ銀行はブロックチェーン関連の施策を打ち出しています。国内FinTechにおいて、その存在感はかなり大きいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る