94光年先の「シグナル」は本当に宇宙人からなのか? 現在SETIが調査中

20160831nseti-e2f8e2cb3d8eaaf37852003c805a7f693a65d814

Sponsored link

20160831nseti

 
つい先日、地球から94光年とそれほど遠くない恒星「HD 164595」から「強いシグナル」が観測されたとして、「すわ宇宙人からのメッセージでは?」と世間を騒がせました。そして現在、このシグナルが何だったのかを確認する動きが始まっています。
 
Centauri Dreamsによれば、2015年5月にロシアの電波望遠鏡によってSETI(地球外知的生命体探査)の候補になりうる信号がキャッチされました。ただしSETIはこの信号について公式見解を出しておらず、今後その正体をメキシコのグアダラハラで開催される第67回国際宇宙会議で話し合うとしています。
 
HD 164595には海王星と同等の質量をもつ惑星があります。ただしこの惑星は恒星のかなり近くを周回しているため、生命の存在の可能性は低そうです。しかし、この惑星以外にも他の惑星が存在している可能性はあります。
 
SETIの天文学者のSeth Shostak氏は今回の観測について、このように語っています。「観測されたシグナルが宇宙人からのものだとは、まだ誰も確認できていません。ただし観測を行ったのは信頼のおける研究者で、信号もただのノイズとは思えない強さなのです。もしこのシグナルが地球外文明からのものだとすれば、それは地球よりもずっと進んだ文明を持っていることになります
 
SETIは8月28日と29日に北カリフォルニアのアレン・テレスコープ・アレイを利用して、HD 164595の観測を行いました。Shostak氏は地球外文明からのシグナルであることを期待しながらも、実際には衛星や地上からの電波の混信だった可能性が大きいのではないか…と予測しています。
 
このような地球外文明を思わせるシグナルとしては、1977年に観測された「Wow!シグナル」が有名です。しかし結局、このWow!シグナルでは地球外文明の存在を突き止めることはできませんでした。はたして今回の「シグナル」は本当に宇宙人からのものなのか…。より一層の観測が必要になりそうです。
 
Image Credit: SETI
■SETI Team Investigating Mysterious Signal from Star 94 Light-Years Away
http://www.space.com/33893-seti-investigates-strong-candidate-signal.html

Sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る