世界で名を轟かす日系クラフトビールの成功要因 – クラフトビールは生き残れるか

img_7af454624f86b139b21eab2e3a99a9f684914-051c68e7223820642df36478dccf5d6475fdc0c6

今、日本のクラフトビールが海外で親しまれている。海外の先駆者として知られる「常陸野ネストビール」の木内酒造や「COEDOビール」のコエドブルワリーはいかにして海外展開を果たしたのか。成功の要因をレポートする。(「週刊ダイヤモンド」編集部 泉 秀一)

 韓国はソウルの繁華街、弘大(ホンデ)。7月下旬、ナイトクラブやバーなどが立ち並び、ソウル一若者が集うこの地で、筆者は異様な光景を目にした。

木内酒造(茨城県)の「常陸野ネストビール」

 日本食料理屋が多い弘大で、居酒屋「だんだん」に入り、メニューを見て目を疑った。ドリンクの欄に茨城県の木内酒造が製造する「常陸野ネストビール」や埼玉県、コエドブルワリーの「COEDOビール」など、日本のクラフトビールの名が並んでいたからだ。

 店内を見渡すと、カップルや女性客のグラスには琥珀色のクラフトビールが注がれている。日本のクラフトビールが、海を渡った韓国の地で、若者に親しまれているのだ。

 実はこうした光景は韓国に限った話ではない。香港や台湾、シンガポールなどの都心部でも同様の光景が見られるという。

 今やクラフトビールの人気は米国や日本だけでなく、先進国の都市部を中心に世界的に広がりつつある。こうした潮流は、クラフトビールメーカーの目にはチャンスに映り、日本の有力なメーカーらの海外展開に対する鼻息は荒い。

 そんな中、日本勢の中でも、早くから海外展開を始めた“2大先駆者”が、木内酒造とコエドブルワリーだ。だが、アサヒビールやキリンビールなどの大手でさえも一筋縄ではいかないのが海外展開。彼らはいかにして海外に商品を広めたのか。それぞれの経緯を見ていこう。

1

nextpage
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る