羽田で不正工事の東亜建設に大手ゼネコンによる救済論も – inside Enterprise

img_d160a7d5f4093983d95915875446543c22876-6fc54f4f8964f5fcb4ebb10a23f603637d17fbf4

 「2017年3月期の業績予想は、当社が施工不良、データ改ざんおよび虚偽報告を行った一連の問題により、現時点では算出が困難」──。

 海洋土木大手の東亜建設工業は、今年6月に発表した16年3月期決算に続き、17年3月期第1四半期決算でも通期の見通しを立てられず、視界不良の経営が続いている。

海洋土木大手の東亜建設工業は施工不良とデータ改ざんが響き、受注見通しが立たず業績予想が出せない(右上写真は2017年3月期第1四半期決算短信)

 今年5月、東亜は東京国際空港(羽田空港)C滑走路の地盤改良工事での施工不良をデータの改ざんにより隠蔽し、発注者の国土交通省へ虚偽報告したと公表、世間は騒然となった。その後、羽田空港で1件、愛媛県の松山空港で1件、福岡県の福岡空港で2件、同様の事例が見つかった。

 いずれも共通するのは、同社が独自開発した「バルーングラウト工法」という新技術が用いられたこと。地震の際に地盤の液状化を防ぐため、地中に薬液を注入し、地盤を固めるのが特徴だ。

 だが、今回の工事では薬液が計画通りに注入できず、地盤が隆起するなどの問題が発生し、不適切な工法だったと東亜は認めた。

 東亜は末冨龍副社長を委員長とした調査委員会を設置し、国交省も有識者委員会を立ち上げて原因究明を行った。7月に提出された調査報告書によれば、工法の未熟さに加え、「今後の受注に影響するから絶対失敗できない」というプレッシャーから、隠蔽に走ったことが原因とされている。

1

nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年9月10日号 定価710円(税込)

特集 孫子 現代に通じる「不敗」の戦略

孫子の兵法はなぜ最強なのか?

【特集2】
カープ25年ぶりの歓喜に沸く
広島今昔物語

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事

スペシャル・インフォメーションPR

テーマ・コンテンツ

Related post

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
Return Top