アップルはなぜ自動車事業を縮小したのか?

27164407_m-1-655f7253063ab8a96a3f5fc2ca9effaed82da8e9

アップルが自動車プロジェクトを大幅に縮小したと伝えられている。テック企業が自動車業界に参入しても利益は見込めないからだ。一方で、自動車メーカーがIT技術を取り入れれば大きな利益が見込めることも期待されている。

TEXT BY JONATHAN M. GITLIN
TRANSLATION BY MISAKO ASANO/GALILEO

ARS TECHNICA (US)

27164407_m (1)

PHOTO: worldofvector / 123RF

テック業界と自動車業界の間で現在起きている対立を表す興味深い2つの記事が、10月17日に掲載された。『Bloomberg』と『Fast Company』だ。

アップルの誤算

『Bloomberg』の記事を書いたマーク・ガーマンとアレックス・ウェッブは、アップルで進行中の自動車開発プロジェクト「タイタン」について、これまでに書かれたどの記事よりも詳細に調べ上げている。それによると、箝口令が敷かれてきたこの重要プロジェクトの研究開発は、どうやら大幅に縮小されたようだ。同時にアップルの自動車に対する野心も萎んだ模様である。

開発部門はかつては1,000人を抱えていたが、数百人が去った。シャーシやサスペンションの設計に加え、車載OSにかかわっていた社員もいなくなってしまったという。

「アップルの役員たちが考えていたのは、指紋認証でドライヴァーを識別し、ボタンひとつで自律走行する電気自動車だった」と、同記事には書かれている。しかし、自動車の生産や販売による利益が当初考えていたものより少ないことがわかったために、同社はプロジェクト・タイタンの方向転換を行ったようだ(今後は自動運転システムの開発に絞り、2017年後半までに実用化を目指すかどうかを判断するとみられている)。

GMの加速

一方、『Fast Company』の記事を書いたリック・テッツェリは、メアリー・バーラCEO率いるゼネラル・モーターズ(GM)の動きについて解説している。ほかの自動車メーカー同様、GMも、これからは製造と同じくらいIT技術が重要になると考えている。そこで、シリコンヴァレーに集まる若くて優秀な人材に狙いを定め、GMで働けば輝かしい未来が待っていると思ってもらえるよう働きかけているという。

オープンソースのデザイン・コンペティションやハッカソンに始まり、ヴァーチャル組立ラインやセーフティーシステムのデモに至るまで、IT技術の影響は自動車業界全体に浸透してきている。

だが、自動車業界が本当に欲しいのは、IT技術がもたらす実際の利益だ。

前述したように、アップルがプロジェクト・タイタンの方向転換をした理由のひとつは、自動車を実際に生産したり販売したりする事業には利益が少ないことだとされている。しかし一方で、各自動車メーカーは現在「4G LTE」に対応したモデルを出しており、こうしたコネクテッドカーにより、2020年までには大きな利益が見込めるようになるだろうと語る人たちもいる。

そのための戦略のひとつは、予測メンテナンスなどのサーヴィスを通して、顧客と密な関係を築くことだ。もうひとつは、グーグルやアップルがやっているような方法で、顧客データを利用することである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
ページ上部へ戻る