大リーガーを怪我で「降板」させたドローンが公開 再登板でも出血止まらず

20161021ndrone-53cb29ec3ace6c3900ef16cb3908c07b343cbd7e

Sponsored link

20161021ndrone

 
思わぬ事故でしょうか…しかし、ドローンの安全性の向上にもっと真剣に取り組む必要があります。米大リーグのクリーブランド・インディアンスに所属するトレバー・アンドルー・バウアー投手ドローンによる怪我のため、予定されていたアメリカンリーグ・チャンピオンシップへの登板を見送りました。そして17日の再登板ではイニング中に血が止まらなくなり、1回のマウンド途中で「降板」するというアクシデントが発生してしまったのです。
 
バウアー投手はカレッジで機械工学を学んでいたこともあり、ドローン飛行にハマっていました。そして13日にドローンにバッテリーを挿入した際、なぜかドローンのプロペラが全開で回りだしたのです。運悪くプロペラのそばにあった彼の小指は10針も縫う怪我を負うことになりました。
 
登板前に会見を開いたバウワー投手は終始明るい様子で状況を説明したものの、事故当時の様子については「こんなことが起きたのは初めてだよ。どうしてこんな事故が起きたのかわからない」と、若干困惑している様子でした。また17日のイニング途中に血が止まらなくなったことからも、その怪我は彼が思っていたよりも深刻なようです。
 
ドローン製品は中国で生産されている製品も非常に多く、その品質もピンからキリまであります。もちろん中国製品が悪いというわけではなく、民生用ドローン最大手のDJIも中国深センに本社を構えており、その品質は素晴らしいものです。ただしドローンはスマートフォンや車のおもちゃとは違い「回転するブレード」という凶器になりうるパーツがあるので、より高度な安全基準が求められることでしょう。
 
Image Credit: The Columbus Dispatch
■Baseball | Indians notebook: Bauer hopes drone can answer hovering questions
http://www.dispatch.com/content/stories/sports/2016/10/17/indians-notes.html

Sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る