中東のファッションと女性の未来を担って──『VOGUE』アラビア版がローンチ

vogue_arabia-2a04c42169132d6fea629c2e7365f80cf76161d1

世界を代表するファッション誌『VOGUE』のアラビア版『VOGUE Arabia』のウェブサイトがローンチした。編集長を務めるサウジアラビアの王女による、中東のファッション業界と女性をエンパワーするための挑戦が始まる。

TEXT BY WIRED.jp_U

vogue_arabia

IMAGE COURTESY OF VOGUE ARABIA

ファッション誌『VOGUE』のアラビア版、『VOGUE Arabia』のウェブサイトが10月25日にローンチした(アラビア語と英語の2カ国語で展開)。プリント版は2017年春に刊行される。

編集長を務めるのは、サウジアラビアの王女であるディーナ・アルハニ・アブドゥルアズィーズ。ファッション界のオピニオンリーダーとして世界的に評価されており、米国やヨーロッパで過ごした経験をもつことから「西洋と中東をつなぐ架け橋」としての役割を果たせる人物だ。

「アラブの世界は常に、魅力、夢、神秘、そして美の源泉であり続けてきました」とアブドゥルアズィーズはローンチに寄せてコメントしている。「テクノロジーを中心に据えたクリエイティヴのルネッサンス時代を生きている者として、わたしたちは高い目標を掲げ、この地域に、厳選された本物のコンテンツを提供していきます」

Delfina Delettrez collection launch, Almine Rech Gallery, Paris, France - 03 Oct 2016

Delfina Delettrez collection launch, Almine Rech Gallery, Paris, France - 03 Oct 2016

『VOGUE Arabia』の創刊編集長を務めるディーナ・アルハニ・アブドゥルアズィーズ。サウジアラビアの王女であり、2006年にオープンした自身のブティック「D’NA」のオーナーでもある(リヤドとドーハに店舗をもつ)。バイヤーとしても活躍し、プラバル・グルンやジェイソン・ウーといったファッションデザイナーの才能をいち早く見出してきた。2016年には、『Business of Fashion』が選ぶ世界のファッション界のリーダー500人「BoF 500」に選出されている。ちなみに子どものころには米カリフォルニア州サンタバーバラに住んでいたこともあり、『VOGUE』US版を読んで育ったという。PHOTO: REX FEATURES / AFLO

『VOGUE』のほかに『WIRED』や『GQ』『Vanity Fair』といったメディアをグローバルに展開するコンデナスト・インターナショナルは、これまでドバイを拠点とするメディア企業・Nervoraと提携して『Style.com/Arabia』という中東をターゲットとしたファッションメディアを手がけていたが、それをヴァージョンアップするかたちで『VOGUE Arabia』を生み出すこととなった。

NervoraのCEOであり『VOGUE Arabia』の発行人を務めるシャシ・メノンは、今回の発表を「中東におけるファッションとメディアの発展を示す歴史的な一歩」だと語っている。「『VOGUE』が中東に進出したことにわくわくしています。これからこの地域のファッションエコシステムをつくっていくのが楽しみです」

最もダイナミックな地域

とはいえ、『VOGUE』ブランドの中東地域への進出は、競合となるグローバルハイファッション誌のなかでは、むしろ後発だ。すでに10年以上も前から、この地では、欧米オリジンのグローバルタイトルが進出し、しのぎを削っており、西洋との文化の違いや一部の地域に存在する出版規制といったハードルがあるにもかかわらず、『Harper’s Bazaar Arabia』『Elle Oriental』『Marie Claire Arabia』といったタイトルが展開されてきた。

中東(Middle East)と北アフリカ(North Africa)の頭文字をとった「MENA」と呼ばれる地域はいま、世界で最も成長している地域のひとつだ。ファッションビジネスのインサイダーメディア『Business of Fashion』によれば、石油価格の下落や蔓延する紛争にもかかわらず、MENAの経済成長率は2015年(2.2パーセント)から17年(3.8パーセント)にかけて増加すると世界銀行は予測し、市場調査会社Euromonitor Internationalは、この地域のアパレル及びフットウェアの売り上げは2015年には約930億ドルだったが、今後4年のうちに1,390億ドルにまで上ると分析している。同社のアパレル部門を担当するジョージ・マーティンの言葉を借りれば、MENAとは「いま、ファッション界において最もダイナミックで有望」な地域なのだ。

雑誌の総発行部数を見てもすでに3,000万部以上が流通しており、5億人を超える世界のアラビア語スピーカーのほとんどが暮らすMENAの先行きはまだ明るいとする展望が、コンデンストをして、その看板タイトルである『VOGUE』の本格投入へとつながったのだろう。「後発」というよりも、むしろようやく真打ちの登場というのがむしろ正解なのかもしれない。

いずれにせよ、『VOGUE』のこうした展開は、地域のファッション・エコシステムを一気にドライヴさせるものとなることは間違いない。MENAのファッション産業がグローバルに飛躍するためには、現状まだまだ、欧米の「先進国」からのエンドースは不可欠であり、これまでに『VOGUE』イタリア版編集長のフランカ・ソッツアーニが主導してきた「Vogue Fashion Dubai Experience」は、ローカルなデザイナーの育成という面でも、欧米のスタープレイヤーたちを呼び込むという意味においても重要な役割を果たしてきたが、『VOGUE Arabia』のローンチは、こうした動きをさらに加速させることになる。

中東女性をエンパワーすること

こうしたなか、編集長に泣く子も黙る王族出身者を迎えたことは、おそらく経済的にも社会的にも大きな意味をもつはずだ。とりわけ欧米のファッションカルチャーの全面的な浸透は、とかく保守的と見られがちなイスラム文化圏における女性の存在を、大きく変えていくことになるのかもしれない。

編集長のアブドゥルアズィーズは『Business of Fashion』のインタヴューにおいて、中東女性につきまとう固定観念を、新しいメディアによって壊したい、と語ってる。

「もしかしたら、中東以外の世界には『アラブの女性がエンパワーされていない』という考えが根付いているかもしれませんが、実のところ中東女性が(規制や偏見と闘いながら)長い歴史をかけて多くのことを達成してきたことは、あまり知られていません。『VOGUE Arabia』の明確な目的のひとつは、ファッションとカルチャーを伝えるメディアのレンズを通して、そうしたストーリーを世界に示していくことなのです」

『VOGUE Arabia』は中東のファッションシーンを世界に伝え、女性をエンパワーするだけにとどまらず、地域のクリエイターの支援も行っていく。『Style.com/Arabia』が2015年にDubai Design & Fashion Council(DDFC)及びeコマースプラットフォームの「Farfetch」と共同で始めた、中東において最も前途有望なファッション界の才能を選ぶ年に1度のアワード「Fashion Prize」は、「DDFC/Vogue Fashion Prize」という名に変わり、引き続き開催される。

『VOGUE Arabia』の登場は、中東の女性と、クリエイティヴを、いかに変えていくのか。期待が集まる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る