英国初の「プロ・ドローンレース」2017年開催決定!

drone-race-260x146-c44d1f647a3e01e1e86f866af1a47133ca27f04a

障害物を避けながら最速のドローンを競う「Drone Racing League」が、2017年6月、イギリスで初開催される。会場は「市民のための宮殿」としてさまざまなイヴェントに使われるアレクサンドラ・パレスだ。

TEXT BY MATT BURGESS

WIRED (UK)

イギリスでも放映中のDrone Racing League 2016シーズン。

来年、イギリスで「Drone Racing League」(DRL)が開幕する。その最初となるレースが、北ロンドンのアレクサンドラ・パレスで行われることがわかった。このロンドンの象徴的な会場である「市民のための宮殿」は、2017年6月13日、国際チャンピオンシップレースをホストすることになった。

「アレクサンドラ・パレスに一目惚れしてしまったんです」とDRLのCEOであるニコラス・ホウバチェスキは『WIRED』UK版に語る。「華々しい歴史となることでしょう。アレクサンドラ・パレスでは数々のイヴェントが開かれてきましたが、ドローンレースのようなものは初めてです」

「会場には驚くほど多様なスペースがあって、ドローンはその間をレースで抜けていくんです」と彼は続ける。参加者が操作するドローンは、コンサートが行われたり、アイスリンクなどもある建物の中のさまざまな部屋を通っていく。

DRLのレースでは、パイロットがデザインした機体が最速時速約190kmでLEDの輪や予め用意された障害物をすり抜けて飛んでいく。ドローンのパイロットは「1人称ゴーグル」を装着し、ドローンと視界を共有する。

DRLは現在、会場に何人入れるかを精査中だという。またイギリスでのレースは、2017年のロンドン・テック・ウィークと同時開催されることになる。

DRLの一部のレースはスポーツ専門チャンネル「Sky Sports」によってイギリスで放送されている。全10回の番組シリーズは10月から始まり、2016年DRLシーズンの全5レースが放映される。

「できるだけ早く、プロのドローンレースをイギリスで開催したかったんです。ここには、わたしたちのスポーツの観戦者が多くいるのですから」とホウバチェスキは言う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る