約70年ぶりの巨大「スーパームーン」が11月14日に出現 次回は約20年後だから見逃すな!

20161107nmoon-c60a050a593dc506a15594bd6652784f0e0eba86

Sponsored link

20161107nmoon

 
ほぼ毎月現れる満月ですが、その中でも月と地球との距離が近づくことによって月が大きく見える現象を「スーパームーン」と呼びます。そしてきたる11月14日、なんと1948年以来の約70年ぶりとなる巨大なスーパームーンが夜空にのぼるんです!
 
地球を周回している月は楕円軌道を描いており、その距離は約35万7000kmから約40万6000kmまで常に変化しています。そして地球と月の距離が近づき、それが満月のタイミングと重なるとスーパームーンとなるんですね。なお、2011年に観測されたスーパームーンでは月が14%大きく、30%明るく観察されました。ですので今回はもうすこし大きく、また明るい月が見られそうです。
 
そして次回に今回ほど月が地球に近づき、しかも満月となるタイミングは約20年後の2034年の11月25日を待たなければなりません。ですので今回のチャンスはぜひとも逃せませんね! また、海外では11月のスーパームーンを「ビーバー・ムーン」と呼び、9月の「ハーベスト(収穫)ムーン」、10月の「ハンタームーン」と並び、満月を生活スタイルの節目として利用してきた歴史があります。
 
今回のスーパームーンのピークは、11月14日の22時52分。観測には絶好の時間帯でしょう。また11月14日〜15日の天気をみると、地域によって晴れだったり雨だったり……とばらつきがあるようです。ただそれほど遅い時間ではないので、11月14日はちょっと夜空を見上げてみてくださいね!
 
Image Credit: Tim McCord
■http://www.space.com/34515-supermoon-guide.html
http://www.space.com/15562-supermoon-photos-2012-full-moon.html

Sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る