「ボーイング737」が9日でつくられるまで

space-suit11thumb-260x146-d76ab0ccf4e62fd89a1fb14a7f76f3027d0fe22c

世界で最も普及する航空機のひとつ「ボーイング737」。米ワシントン州にあるその生産工場では、この機体がわずか9日間でつくられるという。ますます需要の高まるボーイング737の製造過程を、動画で紹介しよう。

TEXT BY JACK STEWART
TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED (US)

飛行機で旅をする人なら、大抵は「ボーイング737」に乗ったことがあるはずだ。耐久性が非常に高いこの航空機は、商用飛行の3回に1回は利用され、世界で常時およそ2,000機が飛行中だという。

これらの飛行機はいずれも、シアトルに近いワシントン州キング郡にあるボーイングのレントン生産施設で生み出される。この施設では、1機のボーイング737がわずか9日間でつくられるのだ。

約10万2,000平方メートルの面積をもつこの施設は、一月に42機のペースで機体を製造しており、世界で最も効率のよい飛行機工場だとボーイングは主張している。

ボーイングは、最大の競合相手であるエアバスとの激しい競争に直面している。737はこれまでに最もよく売れているジェット機であり、1967年の導入から9,000機以上が納入されているが、「エアバスA320」も負けていない。1984年に製造が開始されて以来、エアバスA320は約6,700機が納入されている。

格安航空会社や中国の航空会社から根強いシングルアイル機(通路が1本の航空機)の需要があり、両社とも生産数を増やしている。エアバスは、2019年までに一月60機を製造する計画だという。

ボーイングでは、2017年には月あたり47機を製造し、2019年にはその数を57機まで増やす計画だ。その方法を突き止めるべく、『WIRED』US版は、改装・拡張されたレントンの工場を訪問し、737が製造される様子を見せてもらった。

Related post

話題をチェック

  1. Quanta_TA-1-e1481166732906-ab2ca6b5ab1b5127ce66e83bab019d6dca7bbe3e

    2017-1-14

    生物の進化をその目で見届けた伝説の生物学者、グラント夫妻、40年の成果を語る

    STORY 2017.01.14 SAT 21:00ピュー…
  2. nuTonomy-Boston-8a112aeba185b1a6d7e9c16989b5f4f34fa88db9

    2017-1-12

    自律走行車の試験走行にはボストンが最適、といういくつかの理由

    INSIGHT 2017.01.13 FRI 08:00MITから…
  3. 20170112drone-bff49a50aabfc1d6bbcc015fa9e4a2fde42ee715

    2017-1-12

    グーグル親会社、ドローンインターネット計画「Titan」断念か 従業員は気球インターネット「Loon」へ

    Sponsored link  フェイ&…
Return Top