世界のCO2排出量は、2014年から「増えてない」

carbon_budget_2016_fig5a-640x469-fbec2c824ef0181a8b2f95a182fb7207588ad780

世界の二酸化炭素排出量は2014年から16年にかけて、「横ばい」を続けているという調査結果を英国の大学が発表した。問題がなくなったわけではないが、世界が経済成長と温暖化対策の両立を実現しつつあることを示す結果といえるだろう。

TEXT BY SCOTT K. JOHNSON
TRANSLATION BY YASUKO ENDO, HIROKO GOHARA/GALILEO

ARS TECHNICA (US)

グラフ右上の3つの点は、左から2014、15、16年の数値。IMAGE COUTESY OF LE QUERE ET AL./EARTH SYSTEMS SCIENCE DATA

グラフ右上の3つの点は、左から2014、15、16年の世界の二酸化炭素排出量。IMAGE COUTESY OF LE QUERE ET AL./EARTH SYSTEMS SCIENCE DATA

毎年増え続ける二酸化炭素排出量をこれまで抑えることができたのは経済的不況だけだったが、2014年から15年にかけての排出量は、GDPの値が世界的に上昇しているにもかかわらず、基本的に横ばいだった。そして、16年の二酸化炭素排出量の早期予測も明るい見通しのようだ。

英国イースト・アングリア大学のコリーヌ・ルケレ率いる研究者チームは、『Nature Climate Change』に発表した新たな論文で、地球における炭素収支の最新状況を明らかにした。

研究チームは、2015年における世界の二酸化炭素排出量に関して、最初の予測である前年(14年)比「0.06パーセントのマイナス」から「0.6パーセントのプラス」へ、わずかながら上方修正した。だが2000年代前半から二酸化炭素の年間排出量が急上昇を続けていたことを考えると、「横ばい」という結果は大きな意味をもつ。

2016年における排出量については、中国の排出量を前年比で約0.5パーセント低く(主な理由は石炭の使用量が2パーセント近く減ったこと)、アメリカの排出量を約1.5パーセント低く推定した。そのほかの地域からの排出量をおよそ1パーセント増として、全体的な増加率は約0.2パーセントにとどまると研究チームは推測している。つまり、排出量は2年にわたって横ばいを続けることになる。

だからといって、問題がなくなったわけではない。二酸化炭素が大気中に蓄積されるのを止めたければ、世界的な排出量をほぼゼロに抑えなくてはならないが、地球はいまでも年間約99億トンの二酸化炭素を排出し続けている。

1870年からの累積排出量は現在、推定でおよそ5,650億トン。国連気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の2013年の報告書では、今後地球の気温上昇を2度未満に抑えるには、累積排出量が8,000億トンを超えないようにしなければならないとしている。

加えて、炭素収支に影響を及ぼすエルニーニョ現象などが発生することで、排出量は年ごとに変動する。2016年は、エルニーニョが発生したほかの年と同様、CO2濃度が約3ppm(パーツ・パー・ミリオン)とわずかながら上昇し、400ppmあまりとなった。これは陸上生態系が吸収する炭素量が、通常よりも少なかったためだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題をチェック

  1. 600x601x20170822nana.jpg.pagespeed.ic.u5ed1iTQeL-e5b3de5c391c8e3805df72a8cdb3da051ece71fa

    ANA、機内食総選挙2017の結果発表 和食は牛すきやき丼、洋食はビーフシチューとオムライス

    Sponsored link  機上ӗ…
  2. MIT-Instant-Retouch-TA-12db540ca97a6020f2db78ca5b27647ac89d2f28

    機械学習を用いれば、写真が「撮影する前」からプロ仕様の美しさに──グーグルとMITがアルゴリズムを開発

    NEWS 2017.08.22 TUE 08:00マサチ&…
  3. GettyImages-496380034-e1503241697905-b18cea347ee2933a806af5a4adfa2f3d9569add1

    「世界共通のインターネット」を巡る、グーグルとカナダ最高裁との闘い

    NEWS 2017.08.21 MON 07:00カナダ&…
ページ上部へ戻る